COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

NMNは効果がない?NMNの効果や効果のあるNMNの摂取方法を解説

NMNの効果は本当にあるのか、効果的に摂取する方法はあるのか、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。この記事では、NMNの効果について掘り下げて解説します。

また、効果的な摂取方法も詳しく紹介します。具体的なアドバイスもお伝えするので、ぜひご一読ください。

NMNは効果がない?

NMNは効果がないという口コミもありますが、実際のところどうなのでしょうか。

NMNとは、「ニコチンアミドモノヌクレオチド」という成分で、摂取すると体内でNAD+という物質に変換されます。NAD+は加齢に伴い減少するため、NAD+の補充によって老化を抑制することは、体に良い影響を与えると考えられています。

生殖能力の低下したマウスにNMNを投与すると、マウスの体内のNAD+が増加することが明らかになりました。

そのため、体内のNAD+を増やすことで老化を遅らせ、若返り効果が期待できるのです。

NMNの効果

ここからは、NMNの効果について見ていきましょう。

  • アンチエイジング
  • 体力向上
  • 自律神経の向上

それぞれ詳しく解説していきます。

アンチエイジング

NMNはサーチュイン遺伝子の活性化を促すことが知られています。サーチュイン遺伝子は細胞の代謝やストレス応答に関与し、細胞の若返りや寿命延長に関連しています。

また、NMNは細胞の抗酸化能力を高め、過剰な酸化ストレスから細胞を保護することが報告されています。これにより、老化や病気のリスクを減らす効果が期待できます。

体力向上

ミトコンドリアは全身の細胞内に存在し、栄養素をエネルギーに変換する役割を果たしています。

ミトコンドリアはNAD(ミトコンドリアでエネルギーを作るために必須の補酵素)を介して栄養素をエネルギーに変換する役割を担っていますが、加齢とともに数が減少してしまうのです。

ミトコンドリアの数や機能が低下すると、細胞が最大限の働きを発揮できなくなります。たとえば、神経細胞では思考や感覚機能の低下が起こります。免疫細胞では免疫力が低下するなどの弊害が起こります。

NMNは細胞内のミトコンドリア機能を向上させ、エネルギー代謝を活性化することが示されています。これにより、体力や持久力の向上が期待できるでしょう。

自律神経の向上

NMNは脳幹に働きかけ、老化によって低下した自律神経の調整機能を改善することが期待されています。

自律神経が整うことで、神経性胃炎やめまい、不安感、頭痛などの症状が緩和されます。さらに、睡眠の質の向上や集中力の向上、頭のクリアさの向上なども期待されています。

「効果がない」とならないNMNサプリメントの摂取方法

NMNはサプリメントや食品として摂取することで効果が期待できます。

ただし、NMNの効果を得るためには吸収スピードも重要です。サプリメントの経口摂取では、成分が腸で吸収されるため吸収に時間がかかることがあります。

一方、点滴では成分を血管に直接注入するため、吸収スピードが速く、体内への吸収も効率的です。

サプリメントで効果を感じられない方は、点滴を検討してみましょう。

NMNの摂取方法

ここからは、具体的にNMNの摂取方法について紹介します。

  • サプリメント
  • 点滴
  • 美容液やマスク
  • 食べ物

それぞれ詳しく見ていきましょう。

サプリメント

NMNサプリメントは、老化予防や若返りに効果があるとされるニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)を含んだサプリメントです。

一般的に、NMNは点滴を通じて摂取されますが、サプリメントは点滴よりも手軽に摂取できる利点や、継続的な使用が容易であるという特徴があります。

また、NMNサプリメントは「点滴療法に比べて費用が割安」というメリットもあります。NMN点滴療法の料金相場は、一回あたり50,000円から80,000円ほどかかる場合があります。

対照的に、医療機関専用のNMNサプリ「メトセラN.M.N.」は、60カプセルで64,800円(税込)となり、1カプセルあたり1,080円と割安です。

点滴

NMN点滴は、NMNを血液中に直接注入する方法です。点滴は医療現場で行われることが一般的であり、自己管理ではなく医師の指示のもとに行われます。

NMN点滴は、吸収スピードが速く効果が早く現れるとされています。血液中にNMNを直接注入することで、腸での消化や代謝を経ずに全身に効果を与えることができます。

美容液やマスク

NMN成分を含んだシートマスクや美容液などの商品が販売されています。これらを使うことで、肌から直接NMN成分を補給できます。

ただ、一般的に皮膚からの成分吸収率は低いので、単体で使用してもあまり効果は感じられないかもしれません。NMNサプリメントや点滴と組み合わせて使用することで、より良い結果が期待できます。

食べ物

 

ブロッコリー、アボカド、枝豆、マッシュルーム、キャベツなどの食材からもNMNを摂取することができますが、その含有量は非常に少ないです。

NMN250mgを摂取するためには、ブロッコリーを4000房食べる必要があり、現実的な量とはいえません。

食材からの摂取は微量ですが、サプリメントや点滴でのNMN補給と一緒に摂ることで、日々の食事で体に良い栄養素も取り入れられるでしょう。

日常の習慣ででNMNに近い効果を得る方法

ここからは、日常の習慣でNMNに近い効果を得る方法を紹介します。

  • 適度に運動する
  • 朝食をきちんと食べる
  • 規則正しい生活を送る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

適度に運動する

NMNやNADを生成するには、必ずNAMPTという酵素が必要です。

さらに、体内でNMNが吸収されると、アンチエイジング効果が期待できるNADに変換されます。したがって、まずNAMPTを増やすことが重要です。

NAMPTとは、脂肪細胞内に存在する酵素で、血液中に放出されると、NMNの合成を促進するものです。

有酸素運動や筋トレによってNAMPTの量が増加することが明らかになっています。週に3〜4回、1回あたり60分程度の有酸素運動を継続するのがおすすめです。

朝食をきちんと食べる

人間の体内では、昼と夜の生体リズムに応じてNADの量が変動します。

一般的に、昼間に活動的な人の生体リズムでは、NADは昼に増加し、夜に減少するといわれています。

先述のとおり、NMNをNADに転換するために重要な酵素であるNAMPTは運動によって増加します。そのため、活動的な昼に向けて、朝食をしっかり摂ることが重要です。

特に、NMNに関する研究者の今井教授は、「通常人々が夕食に摂るような豪華な食事を朝食で摂る」ことを推奨しています。特にタンパク質やポリフェノールが含まれる食材を積極的に摂ることが良いとされています。

参考:「老化・寿命研究の最前線」 part3/NMN研究の第一人者 今井眞一郎教授講演会

規則正しい生活を送る

NADの量は生体リズムに応じて変動します。

睡眠や活動時間が不規則な場合、生体リズムが乱れるため、規則正しい生活が重要です。

不規則な生活を続けると、NMNの生成が減少するため、規則正しい生活を心掛けて体内時計を整えることが、NMNを効果的に作り出すための良好な環境の維持につながるでしょう。

NMNに関するよくある質問

最後に、NMNに関するよくある質問について回答していきます。

  • NMNの安全性は大丈夫ですか?
  • NMNの摂取量の目安はどのくらいですか?
  • NMNを摂取して効果が出るのはいつですか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

NMNの安全性は大丈夫ですか?

現時点では、NMNサプリによる健康被害や重大な副作用は報告されておらず、安全であると考えられます。ある研究では、最長で12週間(約3ヶ月間)服用が継続されましたが、重大な副作用は報告されていませんでした。そのため、長期間の服用も安全といえます。

ただし、他の医薬品と併用した場合や妊娠中の女性が服用した場合の安全性については、まだ十分な研究が進んでいません。

既往症や妊娠中、現在治療中で他の薬との併用に不安がある場合は、医師に相談することをお勧めします。

NMNの摂取量の目安はどのくらいですか?

過剰摂取は良い結果をもたらすわけではないため、適切な摂取量や上限を守ることが重要です。一般的には、1日あたり150mgから始めることが推奨されています。

したがって、医療機関専用のサプリメント「メトセラN.M.N.」では、1日に1〜2カプセル(300mg)を摂取することが推奨されています。

摂取量を増やしたい場合は、医師の適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

NMNを摂取して効果が出るのはいつですか

NMNの効果が現れるまでの期間は、個人によって異なることがあります。一般的には、数週間から数ヶ月程度の継続的な摂取が必要とされています。

ただし、効果の現れ方や感じ方は個人差がありますので、即効性を期待するのではなく、持続的な摂取が大切です。

また、効果を実感するまでの期間には、摂取する量や体質、生活習慣などの要素も関与しています。数週間から数ヶ月を目安に、定期的な摂取を続けることで効果を実感できる場合が多いとされています。

まとめ

NMNの効果や摂取方法について解説しました。

NMNは正しく使用すれば有効な成分として知られています。実際に、多くの人々がNMNの効果を実感しており、口コミでもその効果が紹介されています。

ただし、NMNの効果を最大限に引き出すためには、適切な摂取量や摂取タイミング、健康状態などを考慮することが重要です。

また、個人差や効果の出方には個人差があることも留意する必要があります。

興味のある方は、まずは医師や専門家に相談し、自分の健康状態や目標に合わせた適切な摂取方法を見つけてみてください。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!