COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

NMN点滴とは?期待できる効果や効果の仕組み・クリニックの選び方を解説!

エイジングケアに興味があるという方は少なくないのではないでしょうか。医療分野では、常に新しい治療についての研究が進められています。「NMN点滴」も、最先端のエイジングケア治療として医療分野や美容分野で注目される治療です。

この記事では、NMN点滴に期待できる効果やその仕組み、治療を受けられるクリニックの選び方について詳しく解説します。NMN点滴の治療を考えている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

NMN点滴とは?

NMNは、正式名称をニコチンアミドモノヌクレオチドといい、ハーバード大学医学部の研究によりエイジングケア効果が発見された成分です。

このNMNには、サーチュイン遺伝子を活性化する作用があります。サーチュイン遺伝子は長寿や老化に関わりの深い遺伝子なので、NMNを主な成分とする点滴を打つことによりさまざまなエイジングケア効果が現れると考えられています。

サーチュイン遺伝子とは?

サーチュイン遺伝子とは、人体でさまざまな働きをする遺伝子の中でも、老化や寿命に深く関わりがある遺伝子のことです。

サーチュイン遺伝子は、当初酵母などの老化に対して抑制効果があることが発見され、同じ作用を持つ遺伝子が人体にも存在すると判明し研究が進みました。

NMN点滴が広がった背景

NMNは、ブロッコリーや枝豆、アボカドやトマトといった食品や母乳に含まれる成分です。ビタミンB3を材料に体内でも生成されます。

厚生労働省によってNMNが食品扱いされると、それまで欧米で若返りのビタミンとして注目されていたNMNが日本国内でも注目されることとなりました。

そして、成分を直接体内に取り込めるNMN点滴が、サプリよりも効率よく成分が摂取できると人気が出たのです。

NMN点滴で期待できる効果

最先端のエイジングケアといわれるNMN点滴に期待できる効果とはどのようなものなのでしょうか。ここからは、具体的な効果について解説します。

老化予防

NMN点滴には、老化を予防する効果があるとされています。

具体的には、認知症の改善や集中力の向上などが挙げられます。その理由は「呼吸がしやすくなり良質な睡眠が取れるようになるため体力が回復するから」と考えられています。

しわやたるみなどの肌トラブル改善

NMN点滴は、肌のトラブルに対しても改善効果が期待できます。

NMNが体内に投与されると新陳代謝が活発になり、乱れていたターンオーバーが正常化されます。これによって、肌の悩みとして多く聞かれるしわやたるみ、毛穴の詰まりやニキビ跡などが改善に向かうのです。

疾患や身体機能の改善

NMN点滴によって改善が期待できる疾患や身体機能は以下のとおりです。

疾患

効果

老化

老化遺伝子が増加するのを改善

糖尿病

減少したNAD+を回復させ、血糖値の異常を改善

眼機能

眼の老化に対して有効性がある

神経疾患

神経疾患の特徴である機能障害を回復

アルツハイマー病

β-アミロイド産生・アミロイド斑負荷・シナプス喪失等を効果的に減少

脳内出血

老化による血管不全解消や酸化の防止

虚血再灌流障害

サーチュイン1を活性化することで、虚血再灌流時の障害から心臓を保護

肥満・肥満による合併症

ミトコンドリアが活性され、筋肉や肝臓の機能が改善

以上のように、NMN点滴による効果は多岐にわたります。

NMN点滴で老化予防できる仕組み

NMN点滴を投与することによってサーチュイン遺伝子の働きが活発になり、老化に伴うさまざまな症状を改善すると考えられています。

睡眠の質の向上や呼吸の安定などによって体力の回復が容易になることで、身体の老化を予防できるのです。

NMN点滴がおすすめな人

NMN点滴は以下のような方におすすめです。

  • いつまでも若々しくいたいと考える方
  • 体力の衰えを感じている方
  • 肌のキメやつやが無くなったと感じる方
  • 頭がすっきりしないと感じる方
  • 代謝が悪くなったと感じる方
  • なかなか熟睡できない方
  • 思考や集中力を高めたい方

NMN点滴の効果はいつから出る?持続期間は?

NMN点滴の効果をなかなか実感できず、不安に思う方もいるかもしれません。しかし、NMN点滴は投与してすぐには効果が実感できないケースが多いです。

老化予防や肌トラブルの改善を実感するためには、NMN点滴を継続して投与する必要があります。実際に効果を実感するまでの期間には個人差がありますが、目安としては1〜2週間に1度の点滴投与を3〜6ヶ月継続すると良いでしょう。

NMN点滴による効果を実感するには、長期的な施術が必要になると考えておきましょう。

NMN点滴の施術の頻度

先述したように、NMN点滴の効果を実感するためには継続的な施術が必要です。1〜2週間に1度、100〜200mgの投与を行い、それを3〜6ヶ月続けるのが目安です。

1回の施術に15〜30分ほどかかることや、継続して施術を受けることを考慮したスケジュールを立てる必要があります。

NMN点滴のリスク・副作用

点滴や注射など、薬剤を体内に投与する際には少なからず副作用やリスクがあります。NMNの点滴投与には、どのようなリスクや副作用があるのでしょうか。ここからは、副作用やリスクについて解説していきます。

NMNの副作用

NMN点滴で考えられる副作用は以下のとおりです。

  • 血管痛
  • 頭痛や吐き気
  • アナフィラキシー様症状(顔面蒼白・血圧低下・脈拍異常)

血管痛は、他の点滴を受けたときと同じように投与部分や脇の下に見られるものです。また、頭痛や吐き気、血圧低下などの他の症状についても重大なものではないことが多いです。

NMNのリスク

NMN点滴で考えられるリスクは以下のとおりです。

  • 医薬品医療機器等法上の承認を得ていない
  • 同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はない
  • 主要な欧米各国で承認されている国はない

NMNは、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものの、院内調剤によって適法に調剤が行われ、医師の責任の下で使用できます。また、主要国での承認はされていませんが、国内外でリン種試験がすすめられており、現時点までに重大な副作用の報告はありません。

NMN点滴の費用相場

NMN点滴にかかる費用相場は、投与する量などによって異なりますが50,000円程度だといわれています。ただし、NMN点滴は自由診療のため、保険が適用されません。継続的に施術を受けるとなると、その費用は決して安くはないでしょう。

NMN点滴を取り扱うクリニックの中には、継続的に施術を受けた方が費用が安く済む価格設定をしているクリニックもあります。

NMN点滴の施術の流れ

NMN点滴を受ける際にはどのように行われるのか、一般的な施術の流れをまとめました。

  1. クリニックへの問い合わせ・予約
  2. 来院・問診表記入
  3. カウンセリング
  4. 施術
  5. 会計

電話やWebにて問い合わせたのち予約を入れ、はじめての際には問診表を記入してからカウンセリングを受けることが多いです。

施術自体は大体20分ほどで終了します。

NMN点滴のクリニック選びの方法

NMN点滴を受けたいと考えた際に、クリニックの選び方についても知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、どのような点に注意してNMN点滴を受けるクリニックを選んだら良いのか解説します。

アクセスが良いか

先述したように、NMN点滴は1回限りではなく継続的に受けた方がより高い効果が期待できる施術です。そのため、アクセスが良いかどうかはクリニック選びの重要なポイントの1つです。

自宅から近いクリニックや、駅やバス停が近いクリニックであれば、継続して通う場合に負担が少ないでしょう。また、土日や祝日にも施術が受けられるクリニックであれば、仕事の休みの日などにもスケジュールが立てられて便利です。

品質が良いか

NMN点滴は、エイジングケアに高い期待を寄せる治療法です。体内に直接投与する施術でもあるため、その品質が保証されているかどうかは大変重要です。

製造箇所や品質レベル、注意事項に至るまできちんと説明してくれるクリニックが安心です。

カウンセリングが丁寧か

NMN点滴は、他の点滴と同じく医療行為にあたります。血管を通して直接体内に成分を投与する施術であるため、問診やカウンセリングの段階で丁寧に施術内容や注意事項などについて説明してくれるクリニックを選びましょう。

事前に電話などで気軽に質問できるかどうかもポイントの1つです。

料金が明確か

NMN点滴は、自由診療で保険が適用されないため費用は決して安くありません。継続して通院するとなれば、その費用は高額になります。

そのため、施術費用が明確に提示されているかどうかも気をつけましょう。継続して施術を受けるためのセット価格などがあるクリニックもあるので確認してみると良いでしょう。

施術を受ける環境が快適か

施術を受ける環境についてもチェックしておきましょう。

NMN点滴は、投与する量によって前後しますが20〜60分程時間がかかります。クリニックによって個室であったり数人の相部屋であったりとさまざまですが、施術時間が快適に過ごせる環境であるかどうか事前に確認しておくと継続しやすいです。

NMN点滴に関するよくある質問

NMN点滴は最先端の治療であるため、施術を受けたいと考える方にとって気になる点も多いのではないでしょうか。そこで、ここではNMN点滴に関するよくある質問をいくつか紹介します。

NMN点滴とサプリの違いはなんですか?

NMN点滴は、血管を通して成分を直接体内に取り込むことができるため、サプリと比較して多くのNMNを効率よく摂取できると考えられます。

NMN点滴は効果がないの?

NMN点滴には効果がない、という話を聞くことがあります。これは、高額な費用がかかるNMN点滴に対して、安価なサプリを選ぶ方が多いことが原因の1つであると考えられます。

安価なサプリには、純度の低いものや添加物が含まれる低品質なものも少なくないため、思うような効果が得られないケースが多いです。これによって、NMNには効果がないといった誤解につながっていると考えられます。

NMN点滴は危険?

NMN点滴には、先述したような副作用やリスクも多少はあります。しかし、血管痛はほかの点滴投与の際にも表れやすい症状であり、投与時間の調整などで緩和可能です。

そのほかのリスクや副作用についても現時点までの研究において重大なものは報告されていません。

まとめ

この記事では、最先端のエイジングケアとして注目されているNMN点滴について解説しました。

これまで、老化によるさまざまな不調は仕方のない現象だと考えられていましたが、NMN点滴のような治療の研究が進むことで改善できるものになっていくでしょう。

新しい治療方法には、わからない点も多いので不安に思う方もいますが、効果や仕組みなどを知ることで安心して取り入れることができるでしょう。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!