COLUMN

コラム

アンチエイジング効果をもたらすNMNとは?若返りの仕組みや摂取方法について解説

近年、アンチエイジングという言葉を聞くようになった方も多いのではないでしょうか。

美容を意識している方であれば、誰しもができるだけ長く若々しくいたい、実際の年齢よりも若く見られたいと考えるものです。また、できるだけ長生きしたいという方も多いでしょう。

この記事では、そのような願いをかなえるアンチエイジング効果があるNMNについて解説します。若返りの仕組みや摂取方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

アンチエイジング効果をもたらすNMNとは?

NMNとはビタミンB3の1つで、アンチエイジング効果をもたらすと、近年注目を集めている成分です。

NMNは体内に吸収されたのち、NADという補酵素に変換されます。NADは生物の生命を維持するために必須の成分ですが、歳を取るごとにその数は減少してしまいます。NADはエネルギーを産出する重要な役割を担っており、NADの減少は老化してしまう原因の1つです。

そこで、NADを増やすためには、その前駆体となるNMNを摂取するのが効率的です。NMNは細胞内に存在する成分ですが、人や動物だけでなく、野菜や果物にも含有されています。

しかし、野菜や果物のNMNの含有量はとても少ないです。そのため、点滴やサプリによって摂取する方法などがありますが、詳しくは後ほど解説します。

NMNによるアンチエイジングの仕組み

先述したように、NMNを摂取することで、NADを増やすことができます。このNADには、サーチュイン遺伝子を活発にさせる働きがあります。サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれており、長寿・延命を制御する遺伝子です。

NADがサーチュイン遺伝子を活性化させることで、肌細胞・疲労・体力などの身体機能を改善し、アンチエイジング効果がもたらされます。NMNはNADを作り出し、サーチュイン遺伝子を活性化させるための成分です。

NMNのアンチエイジング効果による副作用・危険性は?

アンチエイジング効果をもたらすNMNですが、副作用や危険性はないのでしょうか。ここでは、NMNの安全性、過剰摂取による副作用、発がん性に関する研究について解説していきます。

NMNによる副作用は少ない

NMNの効果や安全性について世界中でさまざまな研究が進んでいますが、NMNによる副作用は少ないとの研究結果が多く報告されています。現状の研究結果から、NMNの安全性は高いといえるでしょう。

慶応義塾大学とワシントン大学が共同で実施したヒト臨床実験においても、NMNは人間の身体へ安全に吸収されることがわかりました。また、長期間の服用(約3ヶ月間)を続けた研究もありますが、重大な副作用は報告されませんでした。

ただし、妊娠中の女性の服用や他の医薬品との併用における安全性については、研究が追い付いていないのが現状です。

NMNの過剰摂取による危険性

先述のとおり安全性の高いNMNですが、全く副作用がないわけではありません。NMNを過剰摂取すると、以下のような副作用を伴う危険性があります。

  • 胃の不快感
  • 吐き気
  • めまい
  • 頭痛

NMNの発がん性に関する研究

NMNに関する研究の初期段階では、NMNと投与によって発がん率が上昇するのではないかとの指摘がありました。しかし、マウスへNMNを投与した最新の研究から、NMNに発がん性は認められないことがわかっています。

人体においてNMNが発がん率を高めるかどうかについては現状研究が進んでいないものの、マウスにおける研究から、人間における発がん性も同様に認められないと考えられています。

NMNのアンチエイジング以外の効果

NMNには、アンチエイジング効果以外にも以下のような効果が期待されています。

  • 自律神経の改善
  • 肌トラブルの解消
  • 脂肪燃焼
  • 体力の向上
  • 糖尿病の予防

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自律神経の改善

自律神経の役割は心臓や内臓、血管などの働きを調整することですが、加齢とともに衰えてしまいます。

NMNは自律神経の中枢となる脳幹に作用するため、自律神経を改善する効果が期待されています。具体的な効果は、以下のとおりです。

  • 睡眠の質向上
  • ホルモンバランスの改善
  • 免疫力アップ

肌トラブルの解消

NMNを摂取することで、新陳代謝の向上が見込めます。これによって、たるみやしわだけでなく、肌のツヤを改善する効果も期待できるでしょう。

また、NMNにはコラーゲンの生成を促進する効果もあるといわれています。コラーゲンは肌のハリや弾力を保つのに必要なたんぱく質で、コラーゲンの減少は老化する原因につながります。

さらに、肌のターンオーバーを正常にしたり、紫外線によるダメージを防ぐのも、NMNに期待される効果の1つです。これらの効果により、肌トラブルが減少し、きめ細かでハリのある肌に生まれ変わるでしょう。

脂肪燃焼

NMNの摂取によりサーチュイン遺伝子が活性化されることで、エネルギー代謝が活発になり、脂肪を燃焼する効果が期待できます。

NMNは、脂質代謝の改善や脂肪の効率的な燃焼に期待が寄せられている成分です。そのため、ダイエットや肥満解消に効果的であるとの示唆が出ています。

体力の向上

NMNには筋肉の働きを強化したり、新陳代謝を向上させたりする効果があるといわれており、体力を向上させる効果が期待できます。

また、頭をすっきりさせる効果もあり、体力だけでなく思考力や集中力の向上も見込めます。具体的には、以下のような健康状態や身体の状態を改善する効果が得られるでしょう。

  • 筋力の回復
  • 握力アップ
  • 歩行速度の上昇
  • 視力・聴力の改善
  • 運動中の息切れのしやすさ改善

糖尿病の予防

NMNには、糖尿病を予防する効果も期待されています。糖尿病を発症するメカニズムには、長期間の高カロリー・高脂質の食事摂取によるリスクが関与していることが判明しています。

その点、NMNには血糖の抑制効果が見込めるため、糖尿病を予防する効果が期待できるでしょう。

NMNのアンチエイジング効果はいつから出る?

NMNのアンチエイジング効果が出るまでの期間には、個人差があります。NMNは体内に吸収された後NADに変換されますが、NADの量は年齢や生活習慣、体質などによって異なるためです。

また、NMNの効果が出るタイミングは、摂取期間や頻度によっても変わります。一般的なタイミングとしては、1~4週間に1回の摂取を約3~6ヶ月ほど継続すれば効果を感じられるでしょう。

ただし、これは目安である点には注意が必要です。また、NMNは細胞レベルで作用するため、体感や外見では効果が実感しにくいこともあります。

NMNを摂取する方法4選

NMNには、アンチエイジング効果などのさまざまな効果があります。ここでは、NMNの摂取方法を4つ紹介します。

  • NMN点滴療法
  • NMNサプリ
  • NMNが含まれる食べ物の摂取
  • シートマスクや美容液などによる肌からの摂取

①NMN点滴療法

NMN成分が配合された製剤を点滴で取り入れる方法です。NMN点滴療法には、以下のようなメリットがあります。

  • サプリよりも1回の点滴で多くのNMNを摂取できる
  • NMNが血液によって全身へ行き渡るため、全身で効果を感じやすい

ただし、点滴は医療行為にあたるため、体質などによっては受ける際に注意が必要です。

②NMNサプリ

サプリであれば、日常生活の中で簡単にNMNを取り込めます。NMNサプリは、比較的安価に入手可能な点がメリットです。ただし、中には低品質のものも存在するため、注意する必要があります。

NMNは健康食品に分類されるため、好きなタイミングで摂取することが可能です。とはいえ、飲み忘れずに摂取するようにしましょう。

③NMNが含まれる食べ物の摂取

ごくわずかではありますが、以下のような食べ物にもNMNが含まれています。

  • ブロッコリー
  • アボカド
  • マッシュルーム
  • 枝豆
  • キャベツ

ただ、NMNを十分な量摂取しようとすると、現実的でない食事量となってしまいます。そのため、NMN点滴療法やサプリと組み合わせて、身体に良い栄養素を食事で摂れる程度に考えるのが無難です。

④シートマスクや美容液などによる肌からの摂取

最近では、NMN成分を配合したシートマスクや美容液などが販売されています。

これらの商品により、肌からNMNを摂取することも可能です。

NMN点滴療法やサプリと一緒に使用することで、効率的にNMNを摂取できるでしょう。

まとめ

NMNは、アンチエイジング効果をもたらす成分の1つです。副作用が少なく、安全性も高いとの研究結果が出ています。

NMNにはさまざまな摂取方法がありますが、中でもおすすめなのは、NMN点滴療法です。1回の点滴で多くのNMNを取り込めるため、サプリよりも効率的に摂取できます。

大阪梅田でNMN点滴を受けるならWクリニックオムがおすすめ

NMN点滴は1回からでも効果が実感できますが、Wクリニックオムで受ければお得なコースを利用できます。

さらにコース購入によって、お悩み別点滴5,500円相当のプレゼントもついてきます。

NMNの効果はもちろんですが、疲労回復やダイエットに興味がある方もぜひお試しください。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!