COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

NMNとエクソソームの違いとは?それぞれの効果や副作用について解説!

肌の若返りや健康促進が注目を集める中、NMNとエクソソームという言葉を聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。NMNとエクソソームは、それぞれ違ったメリットを持つ革新的な美容成分です。 NMNは細胞のエネルギー生産をサポートし、エクソソームは細胞間コミュニケーションを促進します。

この記事では、これらの成分の違いを明らかにし、それぞれの効果や副作用について解説します。NMNとエクソソームの違いを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

NMNとエクソソームの違いとは?

NMNとエクソソームのどちらも細胞の働きに影響を与えますが、それぞれ異なるアプローチを取っています。

NMNは、細胞が代謝を行うために必要な栄養素であるNMNを直接点滴で取り込み、体内の代謝を促進します。

一方、細胞に働きかける成分であり、直接栄養素を供給するのではなく、細胞同士のコミュニケーションを助けるのがエクソソームです。

それぞれの主な違いは、以下のとおりです。

 

NMN

エクソソーム

効果

体力回復・安眠・美肌・脂肪燃焼・アンチエイジングなど

美肌・アンチエイジング・疲労回復・発毛など

おすすめな方

40代以降の方・若々しさを維持したい方

30代以降の方・抜け毛や薄毛に悩む方

施術感覚

1ヶ月ごと

2週間ごと

ここからは、NMNとエクソソームの詳細について解説していきます。

NMNとは?

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)はビタミンB3の成分の1つで、その効果は若返りです。

NMNはサーチュイン遺伝子を活性化させる作用があり、これは長寿・延命を制御する遺伝子であるため、「長寿遺伝子」とも称されます。

NMNは体内に吸収されたのち、NADに変換されますが、経口摂取しても直接NADにならないため、NMNの摂取が重要です。

NMNを摂取し、サーチュイン遺伝子の働きを高めることで、若返りの効果が期待されています。

NMNの効果

ここでは、NMNの効果を紹介していきます。NMNの摂取によりどのような効果が得られるか知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

  • エイジングケア効果
  • 脂肪燃焼
  • 肌トラブルの改善
  • 自律神経の改善
  • 体力の向上
  • 糖尿病の予防

エイジングケア効果

NMNは老化防止タンパク質を活性化するため、エイジングケア効果が期待できます。NMNがNAD+に変換されることで、細胞のエネルギー源が活性化され、肌の健康に直接影響を与えます。

これにより、コラーゲンやヒアルロン酸の生成が促進され、肌のハリやツヤを保つのです。同時に、NMNは活性酸素を除去し、肌の老化を防ぐ役割を果たします。

エイジングケアにおいて、NMNは細胞の内部からアプローチでき、持続的かつ総合的な美容効果を期待できる革新的な成分です。

脂肪燃焼

NMNは脂肪組織の代謝に影響をもたらすことが期待されています。研究によると、NMNは細胞内のエネルギー産出に関与する酵素をサポートし、脂肪の代謝に影響を与える可能性が示唆されています。

これにより、NMNは脂質代謝の改善や脂肪の効率的な燃焼を促進し、肥満解消やダイエットのサポートに有望な成分となり得るでしょう。

体内のエネルギーバランスを整え、健康的な体重維持に寄与するNMNの脂肪燃焼への効果に期待が寄せられています。

肌トラブルの改善

NMNは自律神経の改善を通じて、体調不良や肌トラブルの改善が期待できます。自律神経はストレスへの対応や体内の調節に関与し、そのバランスが崩れると肌トラブルが生じやすくなります。

NMNが自律神経の調整をサポートすることで、老化現象の予防に効果が期待できるでしょう。整った自律神経が肌の潤いや弾力を保ち、肌トラブルを改善できると考えられています。

自律神経の改善

NMNは自律神経改善の効果が期待されています。自律神経は心臓や血管、内臓などの重要な機能を調整する神経ですが、加齢とともにその調節機能は衰えがちです。

NMNは自律神経の中枢である脳幹に直接作用し、加齢による自律神経の乱れを整えることで、全身の調和を促進します。

この働きは健康な心身を維持し、特にストレスや生活環境の変化による自律神経の乱れに対して効果を発揮すると考えられています。

体力の向上

NMNは体力の向上にも効果が期待できる成分です。新陳代謝の促進や筋肉の強化により、NMNは持久力や身体のパフォーマンス向上が狙えます。

体力の向上だけでなく、NMNにより頭がすっきりさせ、思考力や集中力を向上させる効果も期待されています。

若返り効果により身体全体の健康を向上させ、日常生活や運動の際の活力向上に期待ができるでしょう。

NMNの総合的な効果が体力だけでなくメンタルの調整にもつながり、より健康的で充実した生活を送れる可能性があります。

糖尿病の予防

NMNは糖尿病の予防に有望な成分とされています。糖尿病は高カロリー・高脂肪の食事や加齢などが原因で発症しますが、NMNは血糖の取り込みを抑制する効果があります。

この効果により、NMNは血糖値を安定させるため、糖尿病の発症を予防する可能性があるというわけです。

特に長期的な生活習慣の変化や加齢への対処として、NMNの摂取が糖尿病予防につながると期待されています。

NMNの副作用・危険性は?

NMNの安全性は臨床実験で確認されており、基本的に副作用や危険性は少ないとされています。急性傾向毒性試験やヒトでの臨床試験において、NMNの投与による毒性や異常は確認されておらず、安心して摂取できる成分であることが示されています。

ただし、適切な摂取量を守ることが重要です。NMNサプリの大量摂取は、軽度の胃不快感や吐き気、頭痛、めまいなどの消化器症状を引き起こす可能性があります。

これらの症状はNMNの代謝生成物が原因です。また、大量摂取は血糖値や血圧にも影響を与える可能性があるため、製品表示や医師の指示に従い、摂取量を適切に調整しましょう。

NMNの費用相場

NMNの費用は基本的に保険が適用されず、自由診療となるため高額な傾向があります。NMNの種類ごとの費用相場は以下のとおりです。

  • NMNサプリメント(1ヶ月分): 1万5,000円~2万円
  • NMN点鼻薬(1本): 3万5,000円
  • NMN点滴(1回あたり): 3万円~5万円

NMNの価格には幅があります。なぜなら、点滴・点鼻薬は自由診療であり、クリニックごとに価格が異なるためです。

サプリメントの価格の幅は含有量や製造法の違いに由来します。一般的に、含有量が多いほど高額になります。ただし、安価なサプリメントはほかの成分が多く含まれている可能性があるため注意が必要です。安価なサプリメントは粗悪品や偽薬のリスクがあるため、慎重に選びましょう。

エクソソームとは?

エクソソームとは、動物細胞や植物細胞などの核を有する細胞内に存在する多胞体から分泌される直径50-150 nmの微小な小器官のことです。

表面が細胞膜に覆われ、内部には核酸(マイクロRNA、メッセンジャーRNA、DNAなど)やタンパク質などが含まれています。

エクソソームは定期的に細胞外に排出される細胞外小胞(Extracellular vesicle)の一種であり、細胞の外に存在する重要な小器官です。

高度な組織を持つ動物などでは、エクソソームは細胞間だけでなく、血液、髄液、尿、母乳などの体液にも存在し、身体中を循環しています。

エクソソーム(幹細胞培養上清液)の効果

ここでは、エクソソームの効果を紹介します。エクソソームがどのような悩みにアプローチできるのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • コラーゲンやエスラチンの生成を促進する
  • 細胞組織・神経を修復する
  • 抗炎症・抗アレルギー・免疫調整作用がある
  • 肌のターンオーバーを促進する
  • 毛髪の再生を促す
  • 疲労回復・健康維持に役立つ

コラーゲンやエスラチンの生成を促進する

エクソソームには、線維芽細胞の働きを活性化し、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する作用が確認されています。

エクソソームによる線維芽細胞への働きかけにより、コラーゲンやエラスチンの生成が活性化されます。

コラーゲンは肌に潤いを与え、しなやかさと丈夫さをもたらします。また、エラスチンはコラーゲン同士を結びつけ、肌の弾力性をサポートしてくれる組織です。

エクソソームは線維芽細胞の活性化を通じて、コラーゲンとエラスチンの生成を促進し、美肌効果が期待されます。

細胞組織・神経を修復する

エクソソームは各臓器や細胞の間で情報伝達を担当し、病気、老化、健康にさまざまな影響を与えます。

特に注目されているのが、細胞組織や神経の修復です。幹細胞とは、ほかの細胞にも分化できる特異な細胞で、その能力を活かせば傷ついた組織や細胞を修復できる可能性があります。

現在は研究段階であり、実用化には時間がかかりますが、将来的にはエクソソームを介した幹細胞の活用が新たな展望をもたらすかもしれません。

抗炎症・抗アレルギー・免疫調整作用がある

エクソソームは抗炎症、抗アレルギー、免疫調整の作用があります。特に、アトピーの治療においてその効果が確認され、免疫機能の調節を通じて炎症やアレルギー反応を抑制します。

これにより、難治性の疾患に対しても有望な効果が期待されているのです。エクソソームの魅力は、美容への効果だけでなく、医療分野における応用にもあるといえるでしょう。

肌のターンオーバーを促進する

エクソソームは、肌細胞のターンオーバーを促進する効果が期待されています。肌のターンオーバーは皮膚や肌細胞が生まれ変わるプロセスであり、このプロセスが整うことで肌トラブルの改善やアンチエイジングが可能です。

エクソソームは皮膚細胞に働きかけ、ターンオーバーを促進させることで、健康で若々しい肌をサポートする可能性があります。

毛髪の再生を促す

エクソソームは、抜け毛の進行を遅らせる効果があります。通常のAGA治療のように毛根に直接栄養を供給するのではなく、毛根が毛髪生成に必要な情報を得られるようにサポートするのです。

エクソソームは細胞内に浸透し、ミトコンドリアに作用して代謝プロセスに必要なエネルギーを供給します。このアプローチにより、エクソソームは発毛を促進するのです。

疲労回復・健康維持に役立つ

エクソソームは疲労回復に効果が期待できます。その特性として、細胞間を移動する能力が挙げられます。

エクソソームがある部位に塗布された場合、その部位だけでなく、全身の細胞が活性化されるのが特徴です。

特に点滴などを通じて体全体に取り入れた場合、全身の細胞が活性化され、結果として疲労回復が促進されます。

エクソソームは身体本来のエネルギーを活用しているため、健康上のリスクが少なく、安心して施術を受けることが可能です。

エクソソームの副作用・デメリットは?

エクソソームの一般的な副作用は以下のとおりです。

  • 穿刺部の疼痛、赤み、腫れ
  • アナフィラキシー反応

また、デメリットとしては、複数回の穿刺、献血・輸血ができなくなる、癌が悪化する可能性があるなどが挙げられます。

医師の技術不足や血管が見えにくいことで、点滴の際に何度も針を刺されることがあり、これによって痛みや内出血が生じる場合があるでしょう。

また、エクソソーム治療後は原則として輸血や献血が制限されます。なぜなら、エクソソームには生体由来の成分を含むため、検査法では検出できない未知のウイルス感染のリスクがあるためです。

エクソソームの費用相場

エクソソームの費用相場は、5万円〜20万円が目安です。ただし、クリニックやエクソソームの種類によって価格に差があります。

治療の際は、事前にクリニックの料金体系を確認し、予算内で受けるのがおすすめです。エクソソーム治療は保険適用外の自費診療となりますが、その効果は多岐にわたります。

肌の再生や美容効果、さまざまな健康へのプラスの影響が期待されます。しかし、料金はクリニックによって違いがあるため、しっかりと情報収集しましょう。

まとめ

NMNとエクソソームは異なるアプローチで健康や美容に嬉しい効果が期待できます。

NMNは細胞エネルギー生産を活性化し、老化防止に効果があるでしょう。一方、エクソソームは細胞間コミュニケーションを促進し、肌の再生や免疫調整など多岐にわたる美容・健康効果が期待されます。

副作用もNMNは軽度の胃の不快感が、エクソソームは点滴による一時的な痛みや腫れが報告されることがあります。効果や副作用を理解し、自分のニーズに合わせて選択することが重要です。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!