COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

エクソソームに期待できる効果とは?いつから効果があるかや持続期間もあわせて解説

エクソソームは、細胞内から作られる物質で組織の修復作用を促すことができます。そのため、様々な美容効果だけでなく、脳卒中などの血管系疾患への効果も期待されています。

しかし、あまり浸透している治療方法ではないため、多くの方が効果や治療方法について気になるところでしょう。

そこでこの記事では、エクソソームの治療効果や効果持続時間について詳しく解説します。エクソソームについて少しでも興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

エクソソームとは

そもそもエクソソームとは、細胞内から分泌される小さな顆粒状の小胞です。小胞内には核酸と呼ばれるマイクロRNAやメッセンジャーRNAなどの遺伝情報やタンパク質が含まれています。

また、エクソソームとして特に注目されている働きは細胞間情報伝達です。伝達前の細胞の特徴を伝達後の細胞に反映し、細胞間での情報伝達がされることで、身体に起こる様々な症状に関与することが可能になります。

そのため、美容医療の分野で非常に期待されており、国内外でさまざまな研究が進められている物質なのです。

エクソソームに期待できる効果

ここでは、エクソソームに期待できる効果を以下の6つから紹介します。

  • 肌の若返り
  • 肌トラブルの解決
  • 抗炎症作用がある
  • 抜け毛・薄毛改善
  • 疲労回復
  • 生活習慣病の改善

悩んでいる症状があれば、ぜひ参考にしてみてください。

肌の若返り

注射でエクソソームを注入することで、体内の細胞が活性化してコラーゲン・エラスチンの生成が促進されます。

この効果は、以下のような加齢による肌トラブルに効果的です。

  • しわやほうれい線の改善
  • 肌の弾力やハリを戻す
  • 毛穴の開き・詰まりの解消

これらの症状に悩んでいる方は、エクソソームの治療を検討してみてはいかがでしょうか。

肌トラブルの解決

エクソソームには、炎症性ニキビなどの肌トラブルの改善が期待できます。

一部の論文によれば、エクソソームには炎症が原因で起こる頬の赤みといった肌トラブル、炎症性疾患であるアトピー性皮膚炎などの改善も期待できるでしょう。

このことから、塗り薬やケミカルピーリングといった、外からのアプローチではなかなかニキビの改善が実感できなかった方も、エクソソームを取り入れてみると良いでしょう。

抗炎症作用がある

エクソソームには、傷ついた細胞や組織を修復する抗炎症作用があります。エクソソームを体内に入れることで、全身を巡ったエクソソームが傷ついた細胞を修復するのです。

このような抗炎症作用から、肌の調子を整える効果も期待できるでしょう。

抜け毛・薄毛改善

エクソソームは、AGAや薄毛治療にも効果的です。エクソソームを利用することで、育毛成分を毛根の奥深くまで届けることができます。

また、損傷した毛包・頭皮を修復することもできるので、頭皮の環境を整えて健康的な頭髪に導いてくれるでしょう。

疲労回復

先述したように、エクソソームは身体の血液から巡り様々な器官へ作用することで、傷ついた組織や細胞を活性化させたり修復したりします。その中で、実は血管自体の新生も促しているので、身体だけでなく脳への効果も期待できます。

そのため、疲れやすかったり、体調の回復が遅かったりするといった悩みを改善することができるでしょう。

生活習慣病の改善

生活習慣病による問題点として、コレステロールが血管を傷つけることで引き起こされるいかの症状です。

  • 心血管梗塞
  • 脳梗塞
  • 脳内出血

エクソソームは血管修復作用を持つため、生活習慣病やそれによる血管系疾患の発症リスクの低下につながるとされています。

エクソソームの注入方法

ここでは、エクソソームの注入方法を紹介します。大まかに以下の4つの方法があります。

  • 注射
  • 点滴
  • ダーマペン
  • 超音波

それぞれ詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

注射

はじめに、注射によって薬剤を注入します。注射には以下の2種類の方法があります。

  • パピュール法
  • ナパージュ法

パピュール法では、皮膚の奥深くまで針を刺すので少し痛みを感じるでしょう。しかし、奥深くに注入する分、高い効果が期待できます。

その一方で、ナパージュ法はマイクロニードルと呼ばれる細い針を皮膚の浅い部分に刺すので、痛みを軽減することができます。

これらがどちらも手打ちの施術になるので、少し時間がかかります。しかし、顔の一部を治療したり、肌に合わせて注入量を変えたりしたいときに便利です。

点滴

次に、点滴です。点滴は血管内に薬剤を注入することで、効率よく薬剤を全身に届けることができます。点滴は美肌治療や頭皮改善だけでなく、免疫力をあげて病気の予防をする際にも便利です。

また、点滴ではダウンタイムがないので、日常生活に戻りやすいこともメリットと言えるでしょう。そのため、全身の若返りや疲労の回復を目指す方に大変おすすめです。

ダーマペン

ダーマペンは、超極細の針で肌の表面に小さな穴を空けて、自然治癒力を向上させる方法です。ダーマペンは、その名の通りペンタイプであり、振動させながら肌の上をなぞるように施術を行います。

また、針の細さを変えることができるため、患者の肌の調子に合わせた治療を行うことができます。

ダーマペンによる治療は、顔全体の若返りや美肌治療をしたい方に向いています。

超音波

最後に、超音波による治療方法を紹介します。超音波を利用して、エクソソームを皮膚の奥深くまで浸透させる方法です。

注射とは違い、肌を傷つけることがないため、痛みもなく施術を行うことができます。また、コラーゲンやエラスチンが効率よく生成されるので、古い角質を取り除くこともできるでしょう。

超音波による施術は、痛みに弱い方におすすめの治療法です。

エクソソームの効果はいつ頃感じられる?

では、エクソソームの効果はいつ頃から感じられるのでしょうか。ここでは、以下の2つのパターンに分けて紹介します。

  • 美肌効果を目的とする場合
  • 薄毛改善を目的とする場合

それぞれ詳しく見ていきましょう。

美肌効果を目的とする場合

はじめに美肌効果を目的とする場合、効果はいつ頃から感じられるのでしょうか。

美肌を目的とする場合、1回の治療で効果を実感できる方も多くいます。しかし、しっかりと効果を得たい方は、3回ほど施術を受けると良いでしょう。また、頻度は1〜2週間に1度受けることがおすすめです。

ご自身の肌の調子に合わせて、医師と相談しながら決めていきましょう。

薄毛改善を目的とする場合

薄毛改善を目的とする場合、1回の治療で効果を期待するのは難しいとされています。そのため、複数回施術を受けると良いでしょう。

発毛・育毛効果を実感するためには、およそ半年〜1年の持続が必要といわれています。

エクソソームの効果はどれくらい持続する?

エクソソームの効果持続期間にはもちろん個人差があります。しかし、だいたいの効果持続時間は施術後から3〜6ヶ月程度です。

ただし、ここでの持続期間はあくまで個々の体質、肌質、健康状態などによって変わることがあります。医師に相談して、治療の方針を決定すると良いでしょう。

エクソソームの効果に関するよくある質問

ここでは、エクソソームの効果に関してよくある質問に答えていきます。気になる疑問があれば、ぜひ参考にしてみてください。

エクソソームの効果がないという口コミは本当ですか?

エクソソームは、近年急速に広まった治療方法であり、多くの方が効果があるかどうか気になるところでしょう。実際のところ、エクソソーム治療は多くの美容効果が報告されています。特に、この記事で紹介した美容効果に関して非常に注目されています。

ただし、個人の体質、肌質、健康状態によっては異なるので、専門医のカウンセリングを受けると良いでしょう。

エクソソームクリームや化粧品は効果ありますか?

エクソソーム治療は近年広まっている美容医療のため、エクソソームを謳った多くの化粧品が販売されています。もちろんこれらは、しわ・たるみの改善といった美容効果があるとされています。

しかし、針や超音波を使ったエクソソーム治療と比較すると、効果が不十分と感じられるかもしれません。そのため、高い美容効果を感じたいのであれば、化粧品ではなく医療機関での治療をおすすめします。

まとめ

この記事では、エクソソーム治療の効果や持続時間などについて紹介しました。エクソソームは、肌だけでなく薄毛やAGA治療にも効果があるとわかりました。

治療方法の中には、痛みやダウンタイムを伴わない超音波を使ったものもあります。肌の調子や加齢による薄毛やシミに困っている方は、ぜひ一度エクソソーム治療を検討してみてはいかがでしょうか。

エクソソーム治療を受けるならWクリニックオムがおすすめです。エクソソーム治療を受けることで、衰えた細胞が再生され、美容面では肌細胞の活性化や潤い、ハリや美白などの効果を実感できます。また、AGAや老化防止、不眠症やEDなど、美容面以外でもさまざまな効果を期待できるでしょう。美容治療やアンチエイジングをしたいという方はぜひ一度Wクリニックオムに相談してみてください。料金や施術の詳細が気になるという方は、Wクリニックオムのエクソソームのページから確認することができます。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!