COLUMN

コラム

NMNとNADの違い・関係性とは?効果・副作用・危険性もあわせて解説

私たちの身体にもともと存在するNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が加齢により減少することで、老化に伴う病気や不調につながることが示唆されています。

そして、NADを生成するためのもととなるのが、NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)です。NMNを摂取すればNADを増やすことができ、長寿遺伝子が活性化され、老化の進行を遅らせられると考えられています。

この記事では、NMNとNADの違い・関係性について詳しく解説します。NMNの効果や副作用・危険性も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

NMNとNADの違い・関係性とは?

NMNはビタミンB3の一種であり、若返り効果が期待されています。NMNによって若返りが達成できるのは、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化させる作用を持っているためです。

ただしここで、サーチュイン遺伝子に働きかけるのは、NMNではなくNADです。NADは補酵素の1つであり、体内に取り込まれたNMNから生成されます。

幅広い食品にNADが含まれていますが、経口摂取では体内へ吸収されません。そのため、NADの前駆体となるNMNの摂取が重要というわけです。

NADの役割

NADはニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの略であり、先述のように長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子に働きかける補酵素の一種です。

NADは、身体の中で代謝を進める歯車のような役割を担っています。

エネルギー代謝とサーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子は生物が共通して持っているものですが、飢餓状態に反応して身体を制御し、生物の老化を遅らせる仕組みがあります。

  • 好きなだけ食事している状態:サーチュイン遺伝子は休眠している
  • カロリー不足・空腹状態:サーチュイン遺伝子が活発に活動する

以上は、食物が食べられずに飢餓状態に陥っても、生物がしばらくの間生き長らえるためのメカニズムだと考えられています。

サーチュイン遺伝子の活性化により、細胞内でエネルギーを産出するミトコンドリアが増殖します。ミトコンドリアが増殖すると、エネルギーが産出され、エネルギー代謝が活発になる仕組みです。

また、同時に細胞内の古くなったミトコンドリアや異常なたんぱく質が除去されるオートファジー(自食作用)も起きます。

オートファジーによって細胞の修復・新しい細胞の生成が行われ、身体に良い効果をもたらします。このことから、サーチュイン遺伝子は「健康寿命を延ばす夢の遺伝子」と呼称されています。

年齢とともにNADは減少する

先述したような身体にとって重要な役割を果たしているNADですが、年齢とともにその量は減少してしまいます。

NADが減少する理由は、老化に伴って体内で消費されるNADの量が増える一方で、体内で合成できるNADの量が減ってしまうためではないかと考えられています。要するに、消費が増える一方で、生産が追い付かないということです。

NMNの効果

NMNにはさまざまな効果が期待されています。ここでは、NMNが持つ効果をみていきましょう。

  • エイジングケア効果
  • 肌トラブルの改善
  • 脂肪燃焼
  • 自律神経の改善
  • 糖尿病の予防
  • 体力向上

それぞれについて詳しく解説します。

エイジングケア効果

NMNを摂取することで、エイジングケア効果が期待できます。NMNは細胞のエネルギーとなるNADに変換され、活性酸素を取り除いたり、コラーゲン・ヒアルロン酸の生成を促したりする役割を果たします。

これにより、肌の老化を防いだり、肌のハリ・ツヤを保ったすることが可能です。具体的には、以下のような効果が期待できるでしょう。

  • 肌の若返り
  • 女性ホルモンの増加
  • 代謝の活性化
  • 集中力・思考力アップ

肌トラブルの改善

NMNを摂取することで、新陳代謝の向上につながります。これにより、たるみやしわを改善するだけでなく、肌のツヤを改善する効果も期待できます。

肌トラブルが減少し、きめ細かでハリのある肌に生まれ変わるでしょう。

脂肪燃焼

先述したようにNMNを摂取することで、サーチュイン遺伝子が活性化されるとエネルギー代謝が活発になるため、脂肪燃焼効果が期待できます。

このようにNMNは、脂質代謝の改善や脂肪の効率的な燃焼に効果が期待されている成分です。そのため、肥満解消やダイエットに効果的である可能性が示唆されています。

自律神経の改善

自律神経は心臓や内臓、血管などの働きを調整する役割を持っていますが、加齢とともに衰えてしまう神経です。

NMNが自律神経の中枢となる脳幹に作用することで、自律神経を改善する効果があると期待されています。具体的な効果は、以下のとおりです。

  • 免疫力アップ
  • ホルモンバランスの改善
  • 睡眠の質向上

糖尿病の予防

NMNを摂取することで、糖尿病の予防にも効果が期待できます。糖尿病の発症には、加齢や長期間の高カロリー・高脂質の食事摂取によるリスクが関与していることがわかっています。

その点、NMNには血糖を抑制する効果が期待されているため、糖尿病を予防する効果も期待できるでしょう。

体力向上

NMNには新陳代謝を向上させたり、筋肉の働きを強化したりする効果があるため、体力の向上が期待できます。

また、体力だけでなく、頭がすっきりして思考力や集中力が向上するのもNMN摂取のメリットです。NMNの若返り効果によって、以下のように、健康状態や身体の状態を改善する効果が得られるでしょう。

  • 筋力の回復
  • 歩行速度の上昇
  • 運動中の息切れのしやすさ改善
  • 握力アップ
  • 視力・聴力の改善

NMNの若返り効果による副作用・危険性は?

若返り効果に期待を寄せられているNMNですが、副作用や危険性はないのでしょうか。ここでは、NMNの若返り効果による副作用・危険性について解説していきます。

NMNによる副作用は少ない

NMNの効果や安全性について世界中でさまざまな研究結果が出ていますが、NMNによる副作用は少ないとされています。

慶應義塾大学とワシントン大学が共同で実施したヒト臨床実験でも、NMNが人間の身体へ安全に吸収されることが報告されました。この臨床実験は健康な男性10名に対して「ヒトへ安全にNMNを投与可能か」調べたもので、以下の研究結果が報告されています。

  • 安全に投与可能
  • 投与した量に応じて、体内で代謝されている

ただし、他の医薬品との併用する場合や妊娠中の女性が摂取する場合の安全性については研究が進んでいません。

NMNの過剰摂取による危険性

NMNは基本的に副作用が少なく安全性が高いものですが、まったく副作用・危険性がないというわけではありません。

NMNの過剰摂取には、代謝を担う肝臓・消化器官を障害する危険性が伴います。一般的には、以下のような症状につながってしまうでしょう。

  • 胃の不快感
  • 吐き気
  • めまい
  • 頭痛

NMNの発がん性に関する研究

初期の研究では、NMNの投与により発がん率が高まるのではないかとの懸念がありました。しかし、マウスにおける最新の研究から、NMNの投与が発がん率・生存期間・死因に影響を与えることはなく、現状発がん性はNMNの副作用として認められないとされています。

NMNの投与が人体における発がん性に影響を与えるかについては現状研究が進んでいませんが、マウスの研究結果から、人間における発がん率も同様に低いと考えられています。

まとめ

NADには、長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化させ、老化を遅らせる若返り効果があると考えられています。そして、そのNADの前駆体となるのがNMNです。

NMNにはさまざまな効果があるため、若返り効果を求めている方は、NMNとNADの違いを理解したうえでNMNの摂取を検討してみると良いでしょう。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!