COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

NMNは発毛に効果があるのか?科学的な見解と注意点を徹底解説

薄毛に悩む人は多く、男性だけでなく女性も例外ではありません。薄毛の原因はさまざまですが、加齢による細胞の老化が大きな要因の1つです。

今回は、細胞の若返りに効果があるといわれているNMNに注目しました。NMNは発毛にも効果があるのでしょうか。

この記事では、NMNの基本的な知識と発毛効果に関する科学的な見解を解説します。また、NMNを摂取する際の注意点も紹介します。薄毛対策に役立つ情報が得られるため、ぜひ最後までご覧ください。

NMNとは

NMNとは、ニコチンアミドモノヌクレオチドの略称です。ニコチンアミドとリボース、リン酸から構成される分子で、体内で生成される物質です。

NMNは、NAD+という重要な補酵素の前駆体となります。NAD+は、細胞内でエネルギーを作り出すために必要な物質で、細胞の老化や病気の予防にも関わっています。

しかし、加齢やストレスなどによって、NAD+の量は減少してしまいます。その結果、細胞の機能が低下し、さまざまな老化現象が起こります。

NMNは、NAD+の生成を促進することで、細胞の若返りや健康維持に寄与すると考えられています。

NMNの発毛効果は実証されていない

NMNが、薄毛治療などの発毛に効果があるという主張は、インターネット上でよく見かけますが、科学的な根拠はありません。

実際に、NMNを含むサプリメントや食品を摂取した人の発毛効果に関する臨床試験や研究は行われていません。また、動物実験でも、NMNが発毛に影響を与えることを示す結果は得られていません。

したがって、NMNが発毛に効果があると断言することはできません。

NMNが発毛効果があるといわれている理由

NMNは、体内でNAD+という物質に変換される成分です。NAD+は、細胞のエネルギー代謝や老化防止に重要な役割を果たしています。

しかし、加齢やストレスなどによってNAD+の量は減少してしまいます。その結果、細胞の機能が低下し、髪の毛も弱くなってしまうのです。

では、NMNが発毛効果をもたらすメカニズムとは何でしょうか?ここでは、3つのポイントに分けて説明します。

サーチュイン遺伝子が活性化して毛並みが良くなる

サーチュイン遺伝子とは、細胞の寿命を延ばす働きをする遺伝子の総称です。

サーチュイン遺伝子は、NAD+によって活性化されます。つまり、NMNを摂取することで、サーチュイン遺伝子の働きが高まります。

サーチュイン遺伝子は、髪の毛にも関係しています。サーチュイン遺伝子が活性化すると、毛包幹細胞という髪の毛の元となる細胞が増殖し、毛周期が正常化されます。また、メラニン色素の生成も促進されます。

これらの効果によって、髪の毛が太くてツヤのあるものになります。

オートファジーで活性酸素が減る

オートファジーとは、細胞内で不要な物質や異常な物質を分解して再利用する仕組みです。

オートファジーは、NAD+によって制御されます。つまり、NMNを摂取することで、オートファジーの機能が強化されます。

オートファジーは、髪の毛にも影響を与えます。オートファジーが活発になると、活性酸素という細胞を傷つける物質が減少します。活性酸素は、髪の毛の老化や脱毛の原因になります。

オートファジーによって活性酸素が減ることで、髪の毛の健康を保つことができます。

髪の成分を促進する作用がある

NMNは、髪の成分であるケラチンやコラーゲンの生成を促進する作用があります。

ケラチンやコラーゲンは、髪の毛の強度や弾力を与えるタンパク質です。しかし、加齢やストレスなどによってケラチンやコラーゲンの量は減少してしまいます。その結果、髪の毛は細くて抜けやすくなります。

NMNを摂取することで、ケラチンやコラーゲンの生成を促進し、髪の毛を強くすることができます。

発毛作用を期待できるNMN治療

NMN治療には、マイクロニードル、点滴、サプリメント、美容液など様々な方法があります。それぞれの特徴や効果について見ていきましょう。

NMNマイクロニードル治療

NMNマイクロニードル治療とは、皮膚に微細な針を刺してNMNを直接注入する方法です。

針は短く微小であるため、痛みはほとんどありません。針によって皮膚に微小な傷をつけることで、血流が増加し、NMNが効率的に吸収されます。

また、傷が治る過程でコラーゲンやエラスチンなどの美肌成分が生成されるため、肌のハリや弾力も向上します。

NMNマイクロニードル治療は、頭皮や顔だけでなく、全身に適用できます。頭皮に施術することで、毛包細胞に直接NMNを届けることができます。

これにより、発毛促進や抜け毛予防だけでなく、髪質の改善や白髪予防などの効果も期待できます。

NMN点滴治療

NMN点滴治療とは、静脈からNMNを注射する方法です。点滴では、消化器官を経由せずに直接血液中にNMNを送り込むことができます。これにより、高濃度かつ高速でNMNを全身に行き渡らせることができます。

点滴では、細胞内のNAD+レベルを最大限に高めることが可能です。これにより、細胞の若返りや代謝の向上、免疫力の強化などの効果が期待できます。

NMN点滴治療は、頭皮にも効果があるといわれます。血液中のNMNが毛包細胞に届き、発毛促進や抜け毛予防に働きかけます。また、髪の毛にも栄養が行き渡り、髪質の改善や白髪予防にも効果が期待できます。

NMNサプリメント

NMNサプリメントとは、飲みやすい錠剤やカプセルなどの形でNMNを摂取する方法です。サプリメントは、手軽に毎日続けられるという利点があります。

NMNサプリメントは、長期的に摂取することで効果が現れるといわれています。サプリメントでは、徐々に細胞内のNAD+レベルを上げることができます。これにより、細胞の老化を防ぎ、健康寿命を延ばす効果が期待できます。

NMNサプリメントは、頭皮にも効果があるといわれています。口腔粘膜から吸収されたNMNが血液中に入り、毛包細胞に届きます。これにより、発毛促進や抜け毛予防に働きかけるのです。

NMN美容液

NMN美容液とは、肌に直接塗布することでNMNを浸透させる方法です。美容液は、高濃度のNMNを含むことで、肌表面だけでなく真皮層までNMNを届けることができます。

NMN美容液を頭皮に塗布することで、毛包細胞に直接NMNを届けることが可能です。これにより、発毛促進や抜け毛予防だけでなく、髪質の改善や白髪予防などの効果も期待できます。

発毛以外のNMNの効果

NMNは、体内でNAD+という物質に変換される成分です。NAD+は、細胞のエネルギー代謝やDNA修復など、さまざまな生命活動に必要な物質ですが、加齢とともに減少してしまいます。そのため、NMNを摂取することで、NAD+の量を増やし、細胞の若返りや老化防止に効果が期待できます。

NMNの効果は、発毛だけではありません。NMNは、以下のような健康メリットも提供してくれます。

  • 血糖値や血圧の改善
  • 肌のハリや潤いの向上
  • 筋力や持久力の向上
  • 免疫力や記憶力の向上
  • 睡眠の質の向上

これらの効果は、すべて細胞レベルで起こるものです。つまり、NMNは、体全体を健康的に保つために必要な成分なのです。

NMNが健康的な体づくりをサポートする仕組み

では、具体的にNMNがどのようにして体を健康にするのでしょうか?その仕組みを簡単に説明します。

まず、NMNは、口から摂取するとすぐに小腸で吸収されます。そして、血液に乗って全身の細胞に運ばれます。

細胞内では、NMNはNAD+に変換されます。NAD+は、細胞内でエネルギーを作り出すミトコンドリアと呼ばれる器官に存在します。ミトコンドリアは、エネルギーを作るために酸素とブドウ糖を消費しますが、その際にNAD+が必要です。

NAD+を詳しく理解したい方はこちらの記事を参照ください。

NMNがNAD+を増加させ、持久力と生活の質を向上することを解説

NAD+が多ければ多いほど、ミトコンドリアはエネルギーを効率的に作ることができます。エネルギーが豊富にあれば、細胞は活性化し、自己修復や分裂を行います。これにより、細胞は若々しく機能的に保たれます。

このようにして、NMNは細胞レベルで体を健康的に保つ仕組みをサポートしてくれるのです。

NMNは特に高齢者におすすめ

NMNは誰でも摂取することができますが、特に高齢者におすすめです。なぜなら、高齢者はNAD+の量が減少しているからです。

NMNが高齢者に及ぼす影響について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照ください。

NMNが高齢者に及ぼす影響について解説【論文引用あり】

加齢とともにNAD+の量は減少します。20歳代と40歳代、さらに60歳代ではその違いは顕著です。NAD+の量が減ると、細胞のエネルギー代謝やDNA修復などが低下し、細胞の老化や機能低下が進みます。これが、加齢に伴うさまざまな病気や不調の原因になります。

NMNを摂取することで、NAD+の量を増やすことが可能です。これにより、細胞の若返りや老化防止に効果が期待できます。実際に、NMNを摂取した高齢者は、血糖値や血圧の改善、肌のハリや潤いの向上、筋力や持久力の向上などの効果を報告しています。

もちろん、NMNだけで健康になれるわけではありません。適度な運動やバランスの良い食事、十分な睡眠なども必要です。しかし、NMNは、高齢者が健康的な体づくりをするために有効なサポート成分といえるでしょう。

NMNに関するよくある質問

ここからは、NMNについてよくある質問をピックアップして、科学的な根拠に基づいてお答えします。

NMNで白髪の改善はできますか?

白髪の原因は、髪の毛を作る細胞(メラノサイト)が老化して色素を作れなくなることです。この老化の一因として、DNA損傷や酸化ストレスが挙げられます。

NMNは、細胞内のエネルギーを作る補酵素であるNAD+の前駆体となります。NAD+は、DNA修復や抗酸化に関わる酵素の働きを助ける役割があります。したがって、NMNを摂取することで、メラノサイトの老化を防ぎ、白髪の進行を遅らせる可能性があります。

実際に、マウスの実験では、NMN投与によって白髪が減少したという報告があります。

NMNが効果ないっていわれているのは本当ですか?

NMNの効果については、まだ確定的な結論は出ていません。しかし、動物実験やヒト臨床試験では、NMNが老化や病気に関連するさまざまなバイオマーカーに影響を与えることが示されています。

たとえば、NMNは寿命を延ばす遺伝子であるサーチュインの活性化やインスリン感受性の向上などを引き起こします。これらの効果は、老化や糖尿病などの予防や改善につながる可能性があります。

一方で、NMNが効果なしといわれる理由としては、以下のようなものが考えられます。

  • NMNサプリメントの品質や含有量にばらつきがある
  • NMN摂取後の血中濃度や組織分布が不明確である
  • NMNの効果が個人差や生活習慣によって変わる
  • NMNの効果を感じるまでに時間がかかる

以上のことから、NMNが効果ないと一概にいえないことがわかります。NMNを摂取する際には、信頼できるメーカーの製品を選び、用量や用法を守り、長期的に継続することが大切です。

まとめ

NMNは発毛効果に関してはまだ科学的な実証がされていないものの、健康的な体づくりをサポートする成分として注目されています。

発毛効果を期待する場合は、NMN治療を検討することも1つの方法ですが、個人の体質や状態に合わせて選択することが重要です。

詳細な効果を知りたい方は、専門家の意見を仰ぎつつ、信頼できるサイトなどを参照してください。健康と美容を大切にするなら、NMNの探求は意義深い行動となるでしょう。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!