TREATMENT MENU

ザガーロ

ザガーロとは

  • 抜け毛を防止する「守り」の薬

    ザガーロ(デュタステリド)は、プロペシアに続き2015年に厚生労働省から承認されたAGA治療薬で、抜け毛を防止する「守り」の薬です。
    元々は英国グラクソ・スミスクライン社においてアボルブという名前で前立腺肥大症の治療目的に開発されたお薬ですが、その作用で男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制することが判明しました。
    そこでAGAの治療にも効果があると考えられ、有効性や安全性を確認できた為、日本では2015年に正式にAGA治療薬としてザガーロという名前で厚生労働省の承認を受けました。
    また国内で承認されているもう一つのAGA治療薬であるプロぺシア(フィナステリド)よりも悪性の男性ホルモン(DHT)の抑制効果が強いということから、新たなAGA治療薬として注目を集めています。

    AGAの仕組みとデュタステリドの効果

    ◆AGAが進行する仕組み

    • 男性ホルモン(テストステロン)が酵素・5α-リダクターゼと出会います

    • 男性ホルモン(テストステロン)が悪性の男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます

    • DHTが毛根に反応することでヘアサイクルを乱します

    • 成長期の毛が退行期に移行し毛が抜けAGAが進行します

    ◆デュタステリドの作用機序

    • デュタステリドがⅠ型5α-リダクターゼとⅡ型5α-リダクターゼを抑制

    • 男性ホルモンのDHTへの変換を阻害します

    • 抜け毛を防ぎ、AGAの進行を食い止めてくれます

    プロぺシアより強力なDHT抑制効果

    AGAの主な原因は、悪性の男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」であることが分かってきました。
    図のように、DHTは体内でテストステロンより合成されますが、合成経路には5α還元酵素Ⅰ型またはⅡ型を利用する2経路があります。
    プロぺシア(フィナステリド)はⅡ型の経路をブロックしますがⅠ型経路のDHT産生を止めることはできません。
    一方、ザガーロ(デュタステリド)はⅠ型、Ⅱ型両方の経路をブロックするためプロぺシアに比べ有意にDHTの産生を抑えることができます。
    その結果、ザガーロにはプロぺシア以上の毛髪改善効果が期待できます。

    ザガーロの詳細

    効果 ・効果の有無を確認するまでは最低6ヶ月は服用を継続する必要があります。
    ・早い方ですとザガーロ服用後3ヶ月ほどで毛髪の改善効果が出ます。
    ・途中でザガーロジェネリックに変更してもそれまでの効果は維持されますので変更も可能です。
    ・AGAの進行具合が深刻な方は、発毛を促進するミノキシジルを併用することをおすすめしています。
    服用方法 1日1回、1錠を毎日服用します。
    服用時間は食前でも食後でも、朝晩寝る前いつでもかまいません。
    ※毎日同じ時間に服用することをお勧めします。
    有効成分 デュタステリド
    副作用 勃起不全4.3%、性欲減退3.9%、精液量減少1.3%がみられます。
    まれに肝機能障害
    全身倦怠感
    このような症状が出た場合には医師にご相談下さい。

    金額のご案内

    内服治療 ザガーロ ¥8,800
    ザガーロジェネリック
    デュタステリド
    ¥5,500

CONTACT

カウンセリングは完全無料!
まずはご相談ください

06-6710-9690

電話受付時間 / 10:00~18:00