COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

エクソソームでニキビ跡の改善はできる?エクソソーム治療の方法や注意点を徹底解説!

ニキビ跡の改善をしたい方には、ダウンタイムの少ないエクソソーム治療がおすすめです。この記事では、エクソソーム治療の仕組みやリスク、期待できる効果について解説します。ニキビ跡に悩む方はぜひチェックしてみてください。

エクソソームとは?

幹細胞は、組織や細胞の成長に必要な細胞であり、エクソソームは細胞が放出するカプセル状の物質を指します。

これらは体内に存在し、最近の研究から細胞間の情報伝達に関与する「メッセンジャー」としての役割が明らかになってきました。

メッセンジャーとしての役割を果たすことから、エクソソームを利用することで細胞の活性化に必要な成分を簡単に届けたり、標的の細胞に直接作用することで治療や再生医療に応用できる可能性があります。

乳歯髄幹細胞とエクソソームは、全身の神経や細胞を活性化させ、健康で強い細胞を生み出す力を持っています。さらに、炎症や酸化を抑える効果や組織修復作用により、脳卒中、肝硬変、がん、ED、不眠症、うつ病などの疾患に対しても効果が期待されています。

また、肌のキメやハリ感の向上、透明感や美白効果、うるおい感のアップ、小じわの改善、老化による肌トラブルの予防など、美容面でも幅広い効果が期待されています。

エクソソームについて詳しく知りたい方はこちらから

エクソソームとは?注目の再生医療をわかりやすく解説

エクソソームでニキビ跡を改善することができる

エクソソームは、ニキビ跡の改善やさまざまな美肌効果が期待できます。

エクソソームは肌の再生を促す効果があるため、ニキビ跡や色素沈着がある皮膚がターンオーバーを繰り返し、段階的に健康的な肌へと変化するのです。

また、エクソソームは肌のターンオーバーを促進し、整える効果も期待できます。適切なターンオーバーにより、肌のバリア機能が向上し、炎症による肌の赤みやトラブルを防ぐことが可能です。

ニキビがなかなか治らない理由

ニキビは、皮脂が毛穴に溜まり酸化・炎症を起こす状態を指します。

ストレスやホルモンバランスの乱れにより、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴に溜まった皮脂が活性酸素によって酸化し、炎症を引き起こす過酸化脂質に変化します。また、増殖したアクネ菌を白血球が捕食する際にも活性酸素が発生します。

これにより、炎症が起こり皮膚組織が破壊され、色素沈着や瘢痕が生じ、ニキビ跡となるのです。

このようなニキビ跡の改善には、皮膚組織の修復や肥厚の解消が必要ですが、自己ケアやエステによる改善は難しい場合が多いのが実情です。

ニキビ跡治療には特にダーマペンのエクソソーム治療がおすすめ

エクソソームは、成長因子やペプチド、コエンザイム、アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどが配合された美肌製剤です。ターンオーバーの促進、抗酸化、コラーゲンの生成などをサポートする効果があります。

ダーマペンは髪の毛よりも細い針で皮膚に微小な傷を作ることで、自然治癒力を高め、肌の再生や修復力を向上させる施術方法です。

このため、ダーマペンとエクソソームを組み合わせた施術を受けることで、肌の質が改善され、シミやしわ、ニキビ跡、毛穴の目立ちなどが軽減されるのです。

特に毛穴の開きやたるみ、小ジワやちりめんジワ、ニキビ・ニキビ跡が気になる方、そしてお肌にハリ・ツヤを求める方には、エクソソームをダーマペンで注入する方法がおすすめです。

ダーマペンのエクソソーム治療と相性の良いニキビ跡

ここからは、ダーマペンのエクソソーム治療と相性の良いニキビ跡を2つ紹介します。

  • クレーター状のニキビ跡
  • 色素沈着によるニキビ跡

それぞれ詳しく見ていきましょう。

クレーター状のニキビ跡

クレーター状のニキビ跡は、皮膚が凹んだ状態を指します。

アクネ菌と白血球の働きにより、慢性的な炎症が繰り返され、真皮層の組織が破壊されます。真皮層の再生は困難であり、自己治癒は難しいでしょう。

ダーマペンは、微細な穴を皮膚に作ることで自然治癒を促進する治療方法です。この治療により、線維芽細胞が刺激され、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されるため、クレーター状のニキビ跡に効果的だといえます。

色素沈着によるニキビ跡

茶褐色のシミ状のニキビ跡は、炎症によって生じる色素沈着によるものです。

この「炎症後色素沈着」とも呼ばれるニキビ跡は、軽度なものであればターンオーバーに伴って排出されますが、ターンオーバーが乱れるとシミとして残ってしまい、跡になってしまうのです。

ダーマペンは、ターンオーバーを整え、メラニンの排出を促すことで色素沈着によるニキビ跡の改善サポートをしてくれます。また、コラーゲンやエラスチンの生成を促すため、肌を引き締めて滑らかな状態に導く効果もあります。

ニキビ跡に効果のあるエクソソーム治療

ここからは、ニキビ跡に効果のあるエクソソーム治療を紹介します。

  • 注射器や点滴を用いる方法
  • エレクトロポーションを用いる方法
  • ダーマペンを用いる方法

それぞれ詳しく見ていきましょう。

注射器や点滴を用いる方法

注射器や点滴を使用して体内にエクソソームを取り込むエクソソーム治療が一般的です。

注射器や点滴を用いる方法では、点滴や静脈注射を行うことで、エクソソームを血液中に注入し、全身に行き渡らせます。

ニキビ跡や薄毛など気になる部分にピンポイントで治療を行う場合には、ピンポイントの手打ち注射を行い、直接アプローチできるのが特徴。美肌効果だけでなく、アンチエイジングや健康づくり、予防医療などさまざまな効果が期待されています。

エレクトロポーションを用いる方法

エレクトロポレーションは、肌に弱い電気を流すことで小さな穴を開け、美容成分を肌の奥まで浸透させる施術方法です。ダウンタイム症状はないため、手軽に受けられるでしょう。

エクソソームは粒子が大きいため、真皮層まで浸透させることは難しいといわれています。エレクトロポレーションを使用することで、真皮層までエクソソームを届けることが可能となります。

ただし、エレクトロポレーションは電気刺激を使用するため、多少のピリピリとした刺激を感じることがあります。苦手な方は注意しましょう。

ダーマペンを用いる方法

ダーマペンは、細かい針を使って穴を開け、肌の治癒能力を活かして肌のターンオーバーを促す施術です。

針で穴が開いた状態でエクソソームを使用するため、より効果的な美肌効果が期待できます。また、治癒過程でコラーゲンやエラスチンが生成されるので、ニキビ跡だけでなく、毛穴の改善も期待できます。

特に針を真皮深層の3mmまで刺すことが可能なダーマペン4の「STmode」は、深刻なニキビ跡を治療する際に特に効果的とされています。

顔の特定の部位では神経や血管の損傷や内出血のリスクがあるため、医師による施術が必要です。

また、施術後の数日間はヒリヒリとした痛みや赤みがありますので、他人の目が気になる方は休暇を取ることをおすすめします。多くのクリニックでは、施術中の痛みを軽減するために表面麻酔を行いますので、安心してくださいね。

エクソソーム治療の注意点

ここからは、エクソソーム治療の注意点について見ていきましょう。

  • 副作用のリスクがある
  • 治療を受けられない可能性がある
  • 効果には個人差がある

それぞれ詳しく解説していきます。

副作用のリスクがある

エクソソーム治療は一般的に副作用やリスクが少ないとされていますが、完全にないわけではありません。

注射や点滴では針を刺した場所に腫れや内出血が生じることがあります。

また、まれにアナフィラキシーショックや成長因子による低血糖状態が起こる可能性もありますので、症状が悪化した場合はクリニックを受診してください。

ダーマペンは針で無数の穴を開けるため、痛みや赤みが生じることがあります。術後約3日で皮膚が剥けることもあるため、気になる方はマスクを使用して隠すことをおすすめします。

治療を受けられない可能性がある

エクソソーム治療は細胞同士の情報伝達を行うため、がん治療中の方は受けることができません。

また、妊娠中や授乳中の人に対する影響、また胎児や子どもに与える影響が十分に解明されていないため、ほとんどの場合、治療を受けることはできません。

効果には個人差がある

エクソソームは、施術直後に全員が効果を実感するわけではありません。

エクソソームは、一気に血中濃度を上げることにより、体の不調箇所を的確に修復する効果が期待されます。そのため、個人の疲労度や生活習慣によって、エクソソームの効果を感じるまでの量や回数には個人差があるのです。

エクソソームを利用したニキビ跡治療でよくある質問

最後に、エクソソームを利用したニキビ跡治療でよくある質問に回答していきます。

  • 治療跡は残りませんか?
  • ダウンタイムはどのくらいですか?
  • 治療の回数は何回ですか?
  • 治療に保険は使えますか?
  • 治療後洗顔とメイクはいつからできますか?
  • 日焼けをしても大丈夫ですか?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

治療跡は残りませんか?

ダーマペンによってあけた小さな穴は、数時間でふさがるため、傷跡の心配は少ないでしょう。

ただし、セルフでダーマペンを行うと、同じ個所に何度も穴をあけることで、傷跡が残るリスクが高まります。

また、ダーマペンは肌に穴を開ける施術のため、施術から2〜3日は施術跡は残ってしまいます。肌表面がブツブツとした状態になるため、施術後すぐに肌を見せる予定がある方にはおすすめできません。

ダウンタイムはどのくらいですか?

ダーマペンのダウンタイムは、導入する部位の深さによって異なります。ニキビ跡は比較的浅い部位に導入されるため、ダウンタイムは通常2〜3日程度で短いです。

ただし、より深い部位に導入されるクレーターの場合は、ダウンタイムは通常4〜7日程度かかります。予定のある方は、施術を受ける前がおすすめです。

ダウンタイムを短くするために、施術後の皮膚をいたわり、適切なケアを行うことが大切です。

施術後の皮膚には擦ったりマッサージしたりするなどの強い刺激を与えないでください。また、かゆみが出た場合も、爪で強くかくことは避けましょう。

治療の回数は何回ですか?

治療に必要な回数は、改善したいニキビの状態や本人の満足度によって異なります。

基本的にダーマペンは、1〜3回の施術である程度の効果を実感できる場合が多いです。ただし、深いニキビ跡やクレーターは改善が難しいため、それ以上の回数が必要となる場合もあるでしょう。

ニキビ跡が完全に消えずとも、目立たなくなる程度で満足する方もいるでしょう。その段階で治療をストップすることも選択肢の1つです。

治療にかかる時間は、麻酔クリームが効果を発揮するまでに時間がかかるため、1時間30分ほどかかることが多いです。十分な時間を確保し、余裕をもって治療を受けるようにしましょう。

治療に保険は使えますか?

エクソソームとダーマペンを併用したニキビ跡治療には保険が適用されませんので、治療費用は全額自己負担となります。

ニキビ跡の治療には他にもさまざまな方法がありますので、治療費用に関心がある場合は、医師に相談してみましょう。

治療後洗顔とメイクはいつからできますか?

ダーマペンの施術後は、入浴、洗顔、メイクなどの日常生活の行動を制限する必要はありません。施術翌日から通常のケア・メイクを再開できます。

施術後の肌ケアについては、医師や美容師の指示に従って行うことをお勧めします。

施術後12時間はエクソソームの浸透を妨げないためにも肌ケアを控えることが適切ですが、その後は適切な保湿クリームやスキンケア製品を使用することで、肌の回復を助けることができます。

ただし、皮膚が敏感になっている可能性があるので、刺激の強い洗顔や化粧品は避けるようにしましょう。

日焼けをしても大丈夫ですか?

施術後は紫外線に注意しましょう。ダーマペンで施術した後の皮膚は敏感になるため、色素沈着のリスクがあります。

施術直後は肌ケアを控え、エクソソームの浸透を妨げないようにしたいので、施術後12時間に外出する際は日傘や帽子、マスクなどで紫外線対策を行いましょう。

まとめ

幹細胞とエクソソームの研究は、医療や健康の分野において大きな進歩をもたらすことが期待されており、その効果的な利用により健康維持や疾患治療の向上が見込まれます。

ニキビ跡や毛穴の悩みに悩んでいる方にとって、エクソソームとダーマペンは有効な施術法といえます。

エクソソームの取り込み方法によって、効果や副作用は異なるので、自分に合った方法を選ぶようにしてくださいね。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!