COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

エクソソーム治療はアトピーにも効果はある?治療方法やメリット・注意点を解説

 

エクソソーム治療は、肌トラブルに対して効果があると言われていますが、アトピー肌にも効果があるのか疑問を抱える方もいます。また、アトピー肌だから逆に悪化したり、新たな肌トラブルにつながってしまうのでは、と考える方もいるでしょう。

しかし、エクソソーム治療はアトピー肌に対して効果やメリットがあるため、アトピー治療にも活用が可能です。この記事では、エクソソーム治療がアトピーにもたらす効果や治療方法について詳しく解説しています。アトピー治療として取り入れる前に、エクソソームについて深く知りましょう。

エクソソームとは?

エクソソームとは、細胞から分泌されている物質であり、さまざまな細胞へ情報を伝達する機能を持っています。遺伝子情報の読み込みを正確におこなえる分子が含まれているため、細胞の複製が可能です。エクソソームを介して、細胞間が情報を伝達・共有することから、細胞が活性化しやすくなります。

エクソソームによる細胞の活性化は、再生効果をもたらすことが確認されており、今後の再生医療への注目度が高いです。また、美容効果にも期待されており、エクソソームを用いた治療がおこなわれています。

エクソソーム治療を受けるならWクリニックオムがおすすめです。エクソソーム治療を受けることで、衰えた細胞が再生され、美容面では肌細胞の活性化や潤い、ハリや美白などの効果を実感できます。また、AGAや老化防止、不眠症やEDなど、美容面以外でもさまざまな効果を期待できるでしょう。美容治療やアンチエイジングをしたいという方はぜひ一度Wクリニックオムに相談してみてください。料金や施術の詳細が気になるという方は、Wクリニックオムのエクソソームのページから確認することができます。

エクソソームはアトピーにも効果がある

エクソソームが持つ美容効果は、アトピーにも適用されます。肌の悩みがある方の中でも、アトピー性皮膚炎は完全完治が難しく、繰り返される赤みや皮むけなどの症状に憂鬱になってしまう方も少なくありません。

症状の改善には多くの時間を要することから、通院回数や治療費にも悩む方もいます。しかし、エクソソームには皮膚の細胞を再生する力があるため、アトピー性皮膚炎にも効果があるでしょう。症状の緩和だけではなく、綺麗で調子の良い肌を手に入れることも可能です。

エクソソーム治療がアトピーに効果がある理由

エクソソーム治療はアトピーに対して、効果があると言われている理由に、下記が挙げられています。

  • ターンオーバーを整える
  • 抗炎症作用を持つ
  • 免疫調整機能を持つ

アトピーにとって、良いとされていることを具体的に解説していきましょう。

エクソソームが肌のターンオーバーを整えるから

エクソソームは、細胞を活性化させて肌のターンオーバーを整える効果があります。肌トラブルは、ターンオーバーが乱れて本来肌が持っているバリア機能の低下によって起こってしまいがちです。

バリア機能の低下は、毛穴の開きにつながったり、角栓が詰まってしまったりする要因になります。エクソソームの作用は、肌のターンオーバーを正常化するため、綺麗な肌へ生まれ変わるサポートとなるでしょう。アトピーに対しての悩みを解消してくれます。

エクソソームには抗炎症作用があるから

エクソソームは、抗炎症作用があるため、アトピーの症状で傷ついた細胞を修復してくれます。アトピーの主な症状には、湿疹や痒みが挙げられており、慢性的に繰り返されることが特徴的です。肌の細胞が修復しきる前に、症状をぶり返してしまうため、肌の表面に炎症を起こします。

また、炎症の赤みは毛細血管が広がり、血流が増えていることが原因です。さらに赤みが増すと、血液が透けて見えている状態と言えます。エクソソームの持つ抗炎症作用を体内に取り込めば、全身を巡って毛細血管を始めとした細胞組織の修復が可能です。

エクソソームには免疫長調整機能があるから

エクソソームには、免疫力をアップさせるという報告があります。抗原提示細胞を調節したり、細胞の活性化を促したりするため、自己免疫疾患などに対しても効果的です。エクソソームの持つ作用で、自己免疫疾患の発症や進行を抑えることができます。免疫機能が大きく関わるアトピーにとって、免疫調整ができることは、症状を抑えることにもつながると言えるでしょう。

エクソソームを使ってアトピーを治療するメリット

アトピー治療に対して、エクソソームを利用するメリットは下記です。

  • 副作用が少ない
  • 肌の修復に期待できる

心身の負担になりやすいアトピー治療ですが、エクソソームを治療に取り入れることで、負担が解消されるでしょう。メリットについて、詳しく解説していきます。

副作用が少ない

アトピー治療にエクソソームを利用するメリットは、副作用が少ないことが挙げられます。エクソソームは細胞を再生させる力を持つことから、体内へ取り入れなければ効果は得られません。しかし、エクソソームの副作用は施術後の赤みや腫れなどがあるものの、1日経てば落ち着きます。アトピー治療で感じる痒みや痛みは、ほとんどありません。

ステロイドで硬くなった肌の修復を期待できる

アトピー治療に使用されるステロイド剤で、硬くなった肌を修復する可能性があります。エクソソームで肌の細胞を活性化させ、ターンオーバーを整える作用は、硬くなり肌触りの悪い肌が綺麗に修復される期待が持てるでしょう。

エクソソームを使ってアトピーを治療するデメリット

アトピー治療に対してメリットを持つエクソソームですが、デメリットもあるためあらかじめ認識しておきましょう。

  • 費用が高い
  • 単発の効果は実感しにくい

さまざまな美容効果を持つエクソソームですが、費用面や効果の実感に対してのデメリットもあります。それぞれ詳しく解説していきましょう。

費用が高い

エクソソーム治療は、費用が高いというデメリットがあります。医療行為にはあたらないことから、保険の適用がされません。全額自費に加えて、施術代もかかるため、エクソソーム治療が継続できない、という懸念もあります。

単発の効果では効果を実感しにくい

エクソソームを用いたアトピー治療は、単発のみだと効果を実感しにくいデメリットがあります。アトピーは免疫疾患でもあるため、時間をかけて細胞の修復がされるからです。ただし、肌質や体質によっては、単発で効果を得られる方もいます。

エクソソーム治療を受けるならWクリニックオムがおすすめです。エクソソーム治療を受けることで、衰えた細胞が再生され、美容面では肌細胞の活性化や潤い、ハリや美白などの効果を実感できます。また、AGAや老化防止、不眠症やEDなど、美容面以外でもさまざまな効果を期待できるでしょう。美容治療やアンチエイジングをしたいという方はぜひ一度Wクリニックオムに相談してみてください。料金や施術の詳細が気になるという方は、Wクリニックオムのエクソソームのページから確認することができます。

エクソソームを使ったアトピー治療方法

エクソソームを使ったアトピー治療は下記があります。

  • ダーマペン
  • 点滴

二つの治療方法は、血液中に取り込むという共通点がありますが、特徴が異なります。詳しく紹介していきましょう。

ダーマペン

ダーマペンとは、皮膚再生治療器具の一つであり、ペンタイプの注射器です。ただし、通常の医療機関で使用される針の太さが異なります。肌に極小の穴を開けて注入するため、針の太さは極細です。ダーマペンは、肌質の改善を目的としており、アトピーだけではなく毛穴やニキビの治療にも効果があります。

クリニックによっては、より効率的にエクソソームの有効成分を浸透させやすいように、微細な振動を与えるダーマペンを使用しています。

点滴

エクソソームが含まれた点滴は、美容点滴とも呼ばれており、全身にエクソソームを行き渡らせる効果があります。点滴の針を直接血管に刺して5分〜10分程度の間、エクソソームを注入するため、時短にもなりやすいです。

また、点滴には他の美容成分も合わせて注入できるため、アトピー治療だけではなく毛穴や美肌に対する効果にも期待できます。他にも、点滴は顔の肌を傷つけることがないことから、表面的な変化が現れにくいです。

エクソソーム治療を受けるならWクリニックオムがおすすめです。エクソソーム治療を受けることで、衰えた細胞が再生され、美容面では肌細胞の活性化や潤い、ハリや美白などの効果を実感できます。また、AGAや老化防止、不眠症やEDなど、美容面以外でもさまざまな効果を期待できるでしょう。美容治療やアンチエイジングをしたいという方はぜひ一度Wクリニックオムに相談してみてください。料金や施術の詳細が気になるという方は、Wクリニックオムのエクソソームのページから確認することができます。

エクソソーム治療後の注意点

エクソソーム治療をした後には、下記の注意点に気を付けましょう。

  • 肌の清潔感を保つ
  • 丁寧な保湿をする
  • ぬるま湯で洗い流す

エクソソーム治療をおこなった肌は、敏感になっています。新たな肌トラブルの発生や効果を感じるためにも、注意点を意識してみてください。

肌を清潔に保つようにする

アトピー肌の方は、バリア機能が弱い傾向にあるため、外部からの刺激を防ぐためにも肌を清潔に保ちましょう。エクソソーム治療を受けた後は、特に肌は敏感になっているので、刺激を受けやすいです。皮脂や古い角質などの汚れを落としておけば、刺激にはなりません。肌の清潔感を保つことは、エクソソーム治療をおこなった後にとって、とても大切です。

丁寧に保湿をする

アトピー肌の場合、丁寧な保湿をする必要があります。アトピーは乾燥によって悪化しやすいため、丁寧な保湿は治療後の肌を守ることが可能です。ターンオーバーを整えて、バリア機能を正常に戻すためには時間を要します。肌質の改善効果が現れるまで、しっかり保湿をして、外部の汚れや刺激から肌を守りましょう。

アトピーの方は肌のバリア機能が低下しており、乾燥でアトピーが悪化しやすいので保湿をしっかり行うのがおすすめです。

ぬるめのお湯で洗顔する

治療後は、ぬるめのお湯で洗顔をしましょう。熱いお湯は、皮脂を落としやすいため、必要な皮脂まで落としてしまいます。皮脂を全て落としてしまわないように、38度〜39度のぬるま湯で洗顔をすることが大切です。また、肌がしみたり痛みを強く感じた場合は、治療を受けたクリニックへ相談しましょう。

エクソソームを使ったアトピー治療に関するよくある質問

エクソソームを使ったアトピー治療には、下記の質問があります。

  • アトピー改善の以外の効果はあるのか
  • エクソソームを使った化粧品はアトピーに効果はあるのか

アトピー改善だけではなく、肌質の改善や維持に関する質問が挙げられています。よくある質問に答えていきます。

アトピーの改善の他にどのような効果がありますか?

さまざまな美容効果があります。エクソソームを使った場合の効果には、下記があります。

  • コラーゲンなどの生成による美肌効果
  • 毛根の細胞が活性化することで薄毛・抜け毛対策の効果
  • 身体の再生を促すアンチエイジング効果 など

エクソソーム治療では、自分で肌の悩みを解消できる美容成分も併せて取り入れることができるため、肌質改善を含めた美容効果に期待できます。ただし、効果を実感するまでにダウンタイムなどの時間がかかるため、即効性はありません。ゆっくりと、肌の変化を楽しみましょう。

エクソソームを使った化粧品はアトピーに効果はありますか?

アトピーに対して、効果があります。再生医療・美容医療として注目を集めているエクソソームは、基礎化粧品やコスメにも使用されるようになりました。体内に直接取り入れるだけではなく、外側からでも効果を得られます。人工的に作られたエクソソームは、細胞への拒絶反応や副作用もほとんどなく使用可能です。エクソソームを使った化粧品を積極的に使用して、アトピー改善と美肌を目指しましょう。

まとめ

エクソソーム治療は、アトピーの改善に導く効果があります。エクソソームが持つ細胞の再生や修復作用・抗炎症作用などは、繰り返されるアトピー症状を改善できる可能性が高いです。副作用も少なく、治療方法も自分で選べるため、治療に前向きになれるでしょう。

ただし、エクソソームの効果を感じるには時間の経過が必要なだけではなく、高額の費用がかかりやすいです。金銭や時間にゆとりを持って治療に臨むことが大切です。

エクソソーム治療を受けるならWクリニックオムがおすすめです。エクソソーム治療を受けることで、衰えた細胞が再生され、美容面では肌細胞の活性化や潤い、ハリや美白などの効果を実感できます。また、AGAや老化防止、不眠症やEDなど、美容面以外でもさまざまな効果を期待できるでしょう。美容治療やアンチエイジングをしたいという方はぜひ一度Wクリニックオムに相談してみてください。料金や施術の詳細が気になるという方は、Wクリニックオムのエクソソームのページから確認することができます。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!