COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

エクソソームのMSC療法とは?種類や改善を見込める疾患について徹底解説!

加齢や怪我、病気などで細胞が傷ついたり老化したりするのを防ぎたいと考えている方も多いのではないでしょうか。また、細胞の再生や修復を促すことで、健康や美容に効果的な治療法があるとしたら、興味はあるという方は少なくないでしょう。

その魔法のような治療法とは、エクソソームのMSC療法です。エクソソームのMSC療法とは、幹細胞から分泌されるエクソソームを体内に注入することで、さまざまな疾患の改善を目指す治療法です。

この記事では、エクソソームのMSC療法の仕組みや種類、改善を見込める疾患について、専門的な知識をもとに徹底解説します。エクソソームのMSC療法に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

エクソソームのMSC療法とは?

エクソソームのMSC療法とは、間葉系幹細胞(MSC: Mesenchymal Stem Cell)から分泌されるエクソソームを体内に注入することで、細胞の再生や修復を促す治療法です。

MSCとは、骨や軟骨、筋肉などの間質組織に存在する多能性の幹細胞で、自己増殖能や分化能などを持っています。再生医療としてのMSCは、自分自身の脂肪組織から分離した間葉系幹細胞を増殖培養させ、体内や患部に注入するという治療方法が主流です。

エクソソームのMSC療法では、MSCから抽出したエクソソームを静脈注射や皮下注射などで体内に入れます。すると、エクソソームが傷ついたり老化したりした細胞に到達し、その機能を回復させて新しい細胞を作ります。これにより、さまざまな疾患の改善が期待できます。

エクソソームとは?

エクソソームとは、MSCが分泌する小さなカプセル状の物質です。直径は100ナノメートル程度で、人間の髪の毛の太さの約1,000分の1です。

エクソソームには、MSCが持つ機能を伝達するためのタンパク質やRNAなどが含まれています。また、血液や尿などの体液にも存在しており、細胞間のコミュニケーションに重要な役割を果たしています。

エクソソームは、細胞がストレスや刺激を受けたときに分泌されます。エクソソームは、分泌された細胞と同じ組織だけでなく、他の組織や器官にも届きます。エクソソームが到達した細胞は、エクソソームに含まれるタンパク質やRNAを取り込み、その情報に応じて自分の機能を変化させます。

例えば、エクソソームが免疫調節能を持つタンパク質を運んだ場合、受け取った細胞は免疫反応を抑えたり増強したりします。このように、エクソソームは、細胞から細胞へとメッセージを伝えるのです。

エクソソームMSC再生療法の種類

エクソソームMSC再生療法には、以下のようにさまざまな種類があります。

  • MSC細胞再生
  • MSC肌再生
  • MSC毛髪再生
  • MSC吸入肺再生
  • MSC関節再生
  • MSC-ED再生

それぞれ詳しく見ていきましょう。

MSC細胞再生

MSC細胞再生とは、MSCから抽出したエクソソームを静脈注射することで、全身の細胞を活性化させる治療法です。

エクソソームは血液中を流れて、さまざまな組織や器官に到達し、その場所で必要なタンパク質やRNAを放出します。これにより、細胞の分裂や分化が促進され、老化や損傷による機能低下が改善されます。

MSC細胞再生は、老化防止や美容効果だけでなく、アレルギーや自己免疫疾患などの治療にも効果を期待できます。

MSC肌再生

MSC肌再生とは、MSCから抽出したエクソソームを皮膚に直接塗布することで、肌の若返りや美白効果を得る治療法です。

エクソソームは皮膚の表面だけでなく、真皮層まで浸透していきます。エクソソームが持つタンパク質やRNAは、皮膚細胞に働きかけて、コラーゲンやエラスチンなどの生成を促します。これにより、肌の弾力やハリが回復し、シワやたるみが改善されます。

また、エクソソームはメラニン色素の生成を抑制する効果もあります。これにより、シミやそばかすが薄くなり、肌の色素沈着が防止されます。

MSC肌再生は、肌の老化やダメージによる悩みを解消するだけでなく、美白や透明感のある肌を作り出すのです。

MSC毛髪再生

MSC毛髪再生とは、MSCから抽出したエクソソームを頭皮に注入することで、薄毛や抜け毛の改善を目指す治療法です。

エクソソームは頭皮の毛包に到達し、その中の毛乳頭細胞や毛母細胞に作用します。エクソソームが持つタンパク質やRNAは、これらの細胞の増殖や分化を促進し、毛髪の成長期を延長します。これにより、毛髪の量や太さが増加し、薄毛や抜け毛が減少します。

また、エクソソームは血管新生を促進する効果もあります。これにより、頭皮の血流が改善され、毛髪に必要な栄養や酸素が供給されます。

MSC毛髪再生は、男性型脱毛症や女性型脱毛症などの原因に関係なく、毛髪の再生を促すのです。

MSC吸入肺再生

MSC吸入肺再生とは、MSCから抽出したエクソソームを吸入器で吸入することで、肺の機能回復を目指す治療法です。

エクソソームが気道から肺胞まで到達し、その中の肺胞上皮細胞や間質細胞に作用します。エクソソームが持つタンパク質やRNAは、これらの細胞の修復や増殖を促進し、肺組織の損傷や炎症を抑制します。これにより、肺の拡張性や弾力性が向上し、呼吸機能が改善されます。

また、エクソソームは免疫系にも影響を与えます。エクソソームは免疫細胞に働きかけて、過剰な免疫反応や線維化を防ぎます。

MSC吸入肺再生は、喘息やCOPDなどの慢性的な呼吸器疾患だけでなく、感染症などの急性的な肺障害にも効果が期待されている治療法です。

MSC関節再生

MSC関節再生療法は、エクソソームを使用して、関節の損傷や変形の改善を図る療法です。

エクソソームが関節組織に浸透することで、関節の軟骨再生や炎症の抑制が促進されます。これにより、関節痛の緩和や関節機能の向上を期待できます。

MSC-ED再生

MSC-ED再生療法は、エクソソームを用いて勃起不全や男性の性機能障害の改善を図る療法です。

この方法のメリットは、MSC自体を移植する場合に比べて、拒絶反応や感染のリスクが低いことです。また、エクソソームは小さくて柔らかいため、血管やリンパ管を通りやすく、広範囲に分布することができます。

エクソソームが血管新生や筋肉組織の再生を促進し、勃起機能の向上に寄与します。

エクソソームMSC再生医療によって改善を見込める疾患

エクソソームMSC再生医療によって改善を見込める疾患は、以下のようなものがあります。

  • アルツハイマー型認知症
  • 間質性肺炎
  • 疼痛
  • スポーツ障害
  • 筋骨格損傷
  • 外傷性脳損傷
  • 変形性関節症

1つずつ詳しく説明します。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、進行性の脳疾患で、記憶力の低下、思考力の喪失、認知機能の全般的な衰えを引き起こします。

原因は完全には解明されていませんが、脳内のタンパク質が異常に蓄積することによる神経細胞の損傷が発症に関与していると考えられています。現在の治療法は、薬物療法や認知訓練などの対症療法が主であり、根本的な治癒は困難です。

エクソソームMSC再生医療により、エクソソームの成分が神経細胞の保護や再生を促すことで、アルツハイマー型認知症の症状の改善が期待されます。

間質性肺炎

間質性肺炎とは、肺の組織である間質に炎症や線維化が起こることで、肺の弾性が低下し、呼吸困難や咳などの症状を引き起こす慢性の肺疾患です。

原因は多岐にわたりますが、自己免疫反応や感染、薬剤、職業性曝露などが関係していると考えられています。現在の治療法は、ステロイドや免疫抑制剤などの薬物療法や酸素療法などが主であり、根本的な治癒は困難です。

エクソソームMSC再生医療により、エクソソームの成分が肺組織の修復や再生を促し、間質性肺炎の症状の改善が見込まれます。

疼痛

疼痛とは、身体的または精神的な刺激によって感じる不快な感覚のことです。疼痛は、怪我や炎症などの身体的な原因だけでなく、ストレスや不安などの精神的な原因もあります。

疼痛は、身体の異常を知らせる警告信号として役立つ一方で、日常生活や仕事に支障をきたす場合もあります。

エクソソームMSC再生医療は、エクソソームが持つ抗炎症作用や免疫調節作用によって、疼痛の原因となる組織の損傷や炎症を抑えることが期待されます。また、エクソソームが神経細胞に作用して神経伝達物質の分泌を調節することで、疼痛の感覚を軽減することも期待されます。

スポーツ障害

スポーツ障害とは、スポーツや運動中に起こる筋肉や関節、骨などの損傷のことです。スポーツ障害には、捻挫や打撲、肉離れなどの急性的なものと、テニス肘や腱鞘炎などの慢性的なものがあります。

スポーツ障害は、適切な治療やリハビリテーションを行わないと、回復が遅れたり再発したりする場合があります。

エクソソームMSC再生医療は、エクソソームの成分が筋肉組織の修復や再生を促すことで、スポーツ障害の改善が見込まれます。

筋骨格損傷

筋骨格損傷とは、筋肉や骨、関節、靭帯などの運動器系の組織に起こる損傷のことです。筋骨格損傷には、交通事故や転倒などの外傷的なものと、加齢や疾患などの内因的なものがあります。

筋骨格損傷は、痛みや腫れ、可動域の制限などの症状を引き起こし、日常生活や仕事に影響を与える場合があります。

エクソソームMSC再生医療で、エクソソームに含まれる成長因子や細胞シグナル物質が、筋骨格組織の修復や再生を促して、筋骨格損傷の改善が期待されます。

外傷性脳損傷

外傷性脳損傷とは、頭部に受けた衝撃や圧力によって脳組織が損傷することです。

外傷性脳損傷は、意識障害や記憶障害、言語障害などの神経学的な障害を引き起こし、生命に危険を及ぼす場合もあります。

エクソソームMSC再生医療は、エクソソームが持つ神経保護作用や神経再生作用によって、損傷した脳組織の回復や再生を促進することが期待されます。

変形性関節症

変形性関節症とは、関節の軟骨がすり減って骨同士がぶつかり合うことで、痛みや腫れ、可動域の制限などの症状を引き起こす慢性的な関節病です。

加齢や過度な負荷、肥満などが原因となり、特に膝や肩、股関節などに多くみられます。現在の治療法には、薬物療法や理学療法、関節置換術などがありますが、根本的な治癒には至りません。

エクソソームMSC再生医療により、エクソソームの成分が関節の軟骨再生を促すことで、変形性関節症の症状の改善が見込まれます。

まとめ

この記事では、近年話題のエクソソームMSC治療の基礎知識からその種類、さらに改善が見込める疾患について詳しく紹介しました。

エクソソームMSC治療により、これまで不可能であり、諦められていた疾患に改善の効果が見込めるということで大変注目されています。

この記事を参考に、ぜひ自分に合った治療を選んで、美容や健康にお役立てください。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!