COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

エクソソームによる膝治療の効果は?どんな人におすすめの治療なの?

「エクソソームによる膝治療の効果は?」と疑問に感じる方も少なくないでしょう。結論、エクソソームによる膝治療の効果は高いです。近年、美容分野でよく耳にするようになった「幹細胞培養液」などは、エクソソームが大きく関わっています。

この記事では、エクソソームによる膝治療の効果を中心に、治療がおすすめな方の特徴などについて解説します。なかなか聞き慣れない単語でも、エクソソームの持つ効果を理解することで、治療に対して前向きになれるでしょう。

エクソソームとは?

「エクソソーム」とは、核を持った細胞に含まれている多胞体から分泌される顆粒状の小器官のことです。エクソソームには、たんぱく質やDNA情報を持っている核酸などが含まれています。

ここでは、エクソソームの詳しい特徴を紹介します。

  • エクソソームの役割
  • エクソソームを用いた再生医療
  • エクソソームが持つ効果

それぞれ詳しく見ていきましょう。

エクソソームの役割

エクソソームには、細胞間の情報を伝達する役割があります。エクソソームは細胞間に存在しており、「マイクロRNA」という遺伝物質などが含まれています。

エクソソームは、細胞間だけではなく体液中にも存在しているため、常に人間の体内を循環しています。 細胞の情報をシグナル伝達できるエクソソームによって、私たちの体内では健康や美容に関する機能が維持されているというわけです。

エクソソームを用いた再生医療とは?

エクソソームは、幹細胞から分泌される成長因子が豊富に含まれているため、「再生医療」への期待が高まっています。エクソソームに含まれている成長因子には、加齢による組織や機能の低下を軽減させる効果があるためです。

再生医療は、成長因子を含んだエクソソームを幹部に投与して細胞を根本的に治療する方法で、美容分野ではアンチエイジング効果が期待されています。顔や頭皮、血液中に注入することで肌への若返りを実現できるでしょう。

エクソソームが持つ効果

エクソソームが持つ効果には、体の健康面から美容面までさまざまです。特に、ヒト幹細胞の培養過程で生まれる上清液である「幹細胞培養上清液」は、数百種類の成長因子が含まれています。

エクソソームが持つ高い効果を期待できます。 幹細胞培養上清液に含まれる成長因子がもたらす効果は、以下のとおりです。

  • 肌のターンオーバーを促進
  • シミやくすみの改善
  • 抗炎症効果・改善効果 組織の修復作用
  • コラーゲンの生成
  • 細胞の老化抑制
  • 血液や血流の改善
  • AGAなどの発毛、育毛効果
  • ヒアルロン酸などの生成を促し、肌への弾力や潤いをもたらす
  • 認知症改善 成人病などの改善効果 など

ただし、あくまで期待される効果であり、個人差があることも理解しておくことが大切です。

膝の治療におけるエクソソーム(脂肪幹細胞培養液)の効果

膝の治療におけるエクソソーム(脂肪幹細胞培養液)の効果を詳しく紹介します。

  • 膝の痛みへの効果
  • 膝の水たまりへの効果
  • 変形性膝関節症・半月板損傷への効果

膝に悩みを抱える方は、ぜひ参考にしてみてください。

①膝の痛みへの効果

エクソソームは、膝の痛みへ効果があります。エクソソームの持つ情報伝達物質であるマクロRNAなどが、損傷した細胞組織を修復するからです。

ヒアルロン酸注入でも、効果がないわけではありません。ヒアルロン酸による治療は、損傷した組織に膜を張って保護するイメージです。しかし、ヒアルロン酸が持つ炎症作用の効果は高くないため、一定期間を超えると再び痛みが出てくる場合があります。

一方、エクソソームであれば、情報伝達された細胞によって痛みや炎症の原因となっている細胞の修復が可能です。

②膝の水たまりへの効果

エクソソームは、膝の水たまりに対しても効果があります。膝の水たまりは、膝の中で炎症が起きて水がたまってしまうことにより引き起こされる症状です。保険診療を受けた場合、水を抜いてヒアルロン酸注入やステロイドの注入が行われますが、炎症を完全に抑え込むことはできないといわれています。

しかし、エクソソームであれば抗炎症作用が強いことから、継続的な治療で高い効果を得やすいでしょう。なぜなら、回数を重ねるごとに効果の持続と高まりを感じられるからです。エクソソーム治療は再生医療とも呼ばれるほど、幹細胞培養液が持つ組織の再生修復の効果は高いといわれています。

③変形性膝関節症・半月板損傷への効果

変形性膝関節症・半月板損傷の治療にも効果があるといわれています。これらは、膝関節に過度な負担がかかる動作をしてしまうことで、負担がかかった膝の軟骨がすり減ってしまうのが主な症状です。炎症から始まりますが、進行度合いによっては足の開き方が変形した後、歩行困難に陥ることもあります。

ヒアルロン酸注入による治療法もありますが、根本的な治療にならないため、エクソソーム治療が用いられます。治療の際は自分の脂肪幹細胞が使用されるため、副作用が少なく、リスクの低さがメリットです。また、培養した幹細胞を保管することで、繰り返し注射することも可能です。

エクソソーム(脂肪幹細胞培養液)による膝治療のメリット

エクソソームによる膝治療には、以下のメリットがあります。

  • 自分の持つ治癒能力を活用する
  • 痛みの緩和と機能改善を目指す
  • 安全性が高い

膝の治療にエクソソームを用いる場合、自分の脂肪幹細胞を使用する場合が多いです。注射で注入した後は、細胞の持つ治癒能力によって効果を待ちます。

根本的な膝の痛みの緩和と機能改善を目指す治療です。 また、エクソソーム治療では、入院などの必要がなく、日帰りで注射治療を受けれらます。心身の負担も少なく、安全に治療を受けられるでしょう。

エクソソーム(脂肪幹細胞培養液)による膝治療のデメリット

エクソソームによる膝治療を受ける際は、デメリットも十分理解しておきましょう。エクソソームによる膝治療には、以下のデメリットもあります。

  • 全額自己負担だから費用が高い
  • 効果には個人差がある

エクソソーム治療は保険が適用されないため、全額自己負担の「自由診療」として受けることになります。自由診療の場合はクリニックが自由に料金を設定できるため、事前の確認が必要です。

また、自分の細胞を用いる脂肪幹細胞治療は、膝の状態や個人の治癒能力によって、時間がかかることもあります。 他にも、注射の後は、針の太さや体の状態などによって痛みが続いてしまう場合もあるでしょう。1週間以上痛みが続く場合は、施術を受けたクリニックへ相談することをおすすめします。

エクソソーム(脂肪幹細胞培養液)による膝治療はどんな人におすすめ?

エクソソームを用いた膝治療は、以下のような方におすすめです。

  • 長時間の歩行で膝が痛くなる
  • 正座やあぐらの姿勢がつらい
  • 膝の曲げ伸ばしがつらい
  • 階段の上り下りがつらい など

エクソソーム治療は、膝に関する悩みを抱えているほとんどの方におすすめできます。治療の前にしっかりとカウンセリングしてくれることが多く、膝の状態に合わせてエクソソーム治療を受けられるでしょう。

また、効果を感じるまでに時間がかかることから、効果に対して気長に待てる方もあてはまります。

エクソソーム(脂肪幹細胞培養液)による膝治療の費用相場

エクソソームを用いた膝治療の費用相場は、6万〜数十万程度が目安です。費用が高くなりがちな理由は、エクソソーム治療が自由診療だからです。保険適用外となる治療は、受診するクリニックや使用するエクソソームによって金額が大きく異なります。

中には80万円近い治療費がかかるケースもあるほどなので、治療費や施術費の内訳が知りたい場合は、クリニックへ事前にしっかりと確認しておきましょう。

エクソソーム(脂肪幹細胞培養液)による膝治療の副作用

エクソソームによる膝治療を受ける場合、副作用が出ることもあります。考えられる副作用としては、以下のとおりです。

  • 切開した部位の出血・痛み・感染
  • アレルギー症状
  • 投与後の発熱
  • 想定外の偶発症

投与後の発熱やアレルギー反応は、4時間以内に収まることがほとんどですが、長引く場合はクリニックへ相談しましょう。

アレルギー反応に関して、治療中に蕁麻疹や呼吸困難などの反応があった場合は、すぐに施術は中止されます。 エクソソームによる膝治療受ける際は、カウンセリングなどで副作用を含めて不安や疑問点を事前に聞いておくと安心です。

まとめ

エクソソームによる膝治療は、患部に対して直接エクソソームを注入するため高い効果が得られます。エクソソームは情報伝達を担う物質で、損傷した細胞を再生したり、修復したりできるからです。

また、抗炎症作用の効果もあるため、膝の痛みを根本的に治療してくれます。 ただし、効果が出るまでの時間には個人差があり、効果を感じるまでには時間が必要なケースもあります。慌てずじっくりと注入前との違いをみていきましょう。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!