COLUMN

コラム

  • HOME
  • ED治療コラム

EDの初期症状とは?セルフチェックできる診断テストやEDの治し方も紹介!

  • 勃起はするけれど硬さが不十分…
  • 最近性欲が減ってきたけど、これってEDの初期症状?
  • もしかしてEDになったのかもしれない…

以上のような悩みを抱えている男性の方もいるのではないでしょうか。まったく勃起しない状態だけがEDではなく、満足な性行為ができない状態もEDにあてはまります。

この記事では、EDの初期症状について詳しく解説します。セルフチェックできる診断テストやEDの治し方も紹介するので、EDの疑いがある方はぜひ参考にしてみてください。

勃起力の低下が気になるならWクリニックオムのED治療がおすすめ

「ED薬を使用しているがいまだに効果を感じられていない」「薬に頼らずに根本的にED治療をしたい」と悩んでいてAGA治療に興味がある方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがWクリニックオムのMORENOVA(モアノヴァ)です。モアノヴァは、衝撃波を与えて勃起障害を改善するED治療専用装置です。そんなモアノヴァの特徴は以下のとおりです。

  • 非侵襲性で痛みがない
  • ダウンタイムがない
  • 治療時間約15分
  • 副作用が出ない

モアノヴァは副作用が出ないため、ED治療薬の副作用が心配でED治療を始められていない方におすすめです。また、持病(心疾患・脳疾患など)でED薬が飲めない方でもモアノヴァであれば治療可能です。

モアノヴァは痛みがないため、麻酔をせずに治療を受けられます。治療で難しい操作はなく、セルフで治療を受けることができるので、プライバシー面が気になる方でも気軽に治療を受けられます。

併用禁忌がなく、内服薬と併用して治療を受けることもできます。Wクリニックオムでは、シアリス、レトビラジェネリック、バイアグラの3種類のED内服薬を用意しており、治療を併用して早く効果を感じたいという方に最適です。Wクリニックオムで取り揃えているED内服薬の特徴は以下のとおりです。

 

 

シアリス

レトビラジェネリック

バイアグラ

シアリス

効果が長くマイルドに続く

即効性があり効果が強い

効果が強くすぐに効果が出る

効果の特徴

自然な硬さの勃起が続く

強い

強い

副作用

少ない(出にくい)

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり など

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり など

 

適切にED治療を受けて勃起改善をすることで、パートナーとの関係性が良くなり、自信を持てるようになるでしょう。人生をさらに楽しくし、謳歌したいという方は、ぜひWクリニックオムのED治療をお試しください。

大阪心斎橋のWメンズクリニックのED治療の詳細はこちら

EDとは?

EDとは、勃起機能の低下がみられる疾患のことです。日本性機能学会/日本泌尿器科学会の「ED診療ガイドライン[第3版]」によると、「満足な性行為に純分な勃起ができない」「勃起を維持できない状態が持続または再発すること」がEDに該当します。

EDと聞くとまったく勃起できない状態を想像するかもしれませんが、「勃起できるか不安になる」「勃起しても性行為がうまくいかない」などの状態もEDを発症している可能性があります。原因別のEDの種類は以下のとおりです。

  • 器質性ED:身体的な要因(血管や神経)が原因
  • 心因性ED:心理的な要因(緊張や不安など)が原因
  • 混合型ED:心理的な要因と身体的な要因の両方が原因
  • 薬剤性ED:服用中の薬の副作用が原因

EDの代表的な初期症状

EDの代表的な初期症状として、以下の6つが挙げられます。

  • 中折れする
  • 勃起時の硬さが足りない
  • 朝立ちしない
  • 性欲が減退している
  • 性行為への自信を無くしている
  • 性行為を楽しめない・満足できない

それぞれについて詳しく解説します。

中折れする

挿入中に勃起状態を維持できず、男性器が萎えてしまう中折れもEDの症状の1つです。

中折れには、以下のようなさまざまな原因があります。

  • 血流不足
  • ホルモン・神経の問題
  • 心理的な要因

一時的な疲労やストレスが原因で中折れすることもありますが、頻繁に中折れがみられる場合は早めの対処が大切です。頻繁に中折れすると、性行為への自信や性的満足感が失われ、EDの症状が悪化する恐れもあります。

勃起時の硬さが足りない

挿入はできるものの勃起時の硬さが足りない場合、EDの初期症状である可能性があります。症状の進行とともに勃起時の硬さはさらに失われ、最終的には性行為での挿入が不可能になることも考えられます。

勃起時の硬さの簡易的な指標として、以下の勃起の硬さスコア(EHS)が用いられることがあるので参考にしてみてください。

  グレード1 グレード2 グレード3 グレード4
硬さの目安 男性器は大きくなるものの、硬くはない 男性器は固いものの、挿入するには不十分 男性器は挿入に十分な硬さだが、完全に硬いわけではない 男性器が完全に硬く、硬直している
硬さのイメージ こんにゃく みかん グレープフルーツ リンゴ
診断 EDの可能性が高い EDの可能性が高い 性行為に必要な勃起力がある 性行為に必要な勃起力がある

1から4までのグレードがあり、数字が小さくなるほどEDの症状が重い状態です。グレード3がEDの初期症状に該当し、グレード1・2になると完全なEDにあてはまります。

ただし、勃起の硬さスコア(EHS)はあくまで簡易的な指標です。実際の診断では、他の症状や病気なども考慮したうえでの総合的な判断を行います。

朝立ちしない

健康な男性であれば、睡眠中に副交感神経が興奮することにより、何回も勃起を繰り返しています。この現象は夜間勃起現象(NPT)と呼ばれています。朝立ちとは、この夜間勃起が治まる前に起床したときの勃起状態のことです。

疲労やストレスが原因で一時的に朝立ちの回数が減少することもありますが、長期的に朝立ちしない状態が続くのであればEDを発症しているかもしれません。血管系・神経系に障害がみられると、男性器へ十分な血液が流入しなくなり、朝立ちしない状態に陥ります。

逆に、「朝立ちはするけれど、性行為をする際は勃起しない」という状態は、心理的な要因で勃起できなくなっていること(=心因性ED)が疑われます。

性欲が減退している

EDの初期症状として、性欲が減退している状態も挙げられます。

勃起するためには、男性ホルモンの十分な分泌が必要です。しかし、ストレスや加齢により、男性ホルモンの分泌量は少なくなってしまいます。

男性ホルモンの分泌量は性欲の有無とも関係しており、性欲が減退している場合はEDの初期症状といえます。「以前より性行為・自慰行為をしたいと思わなくなった」「以前ほどの性的興奮を感じなくなった」などの場合は、EDの発症を疑ってみましょう。

性行為への自信を無くしている

性行為への自信を無くしている場合、EDの初期症状かもしれません。自分ではEDになっていないと考えていても、中折れや硬さ不足で「以前のように女性を満足させられくなった」と自信を喪失していきます。

また、EDは心理的な要因と身体的な要因が組み合わさって起こることが多く、自信の喪失はEDのさらなる悪化につながる可能性があります。以前と比べて性行為への自信を無くしている場合は、EDの初期症状かもしれないと考えましょう。

性行為を楽しめない・満足できない

性行為を楽しめない・満足できない場合は、EDの発症が始まっているのかもしれません。

EDになると勃起機能の低下の他にも、自信・自己肯定感の低下や性欲の減退などが起こる悪循環に陥り、性行為で満足できなくなってしまいます。

このような状態になったときは、積極的にパートナーや医師の協力を求めることが大切です。

【診断テスト】EDかどうかのセルフチェックポイント

ED治療を成功させるためには、EDの早期発見が大切です。また、EDは生活習慣病などの兆候になっている場合もあります。そのため、定期的にセルフチェックを行い、自分がEDかどうかをチェックすることが大切です。

EDかどうかのセルフチェックでは、自分の勃起状態や性行為の困難さを確かめます。使用する診断テストは、国際勃起機能スコア(IIEF)に基づく問診票です。この問診票では、以下のような評価項目に対してそれぞれ点数をつけ、合計点数によってEDの重症度を判定します。

詳細については、日本性機能学会/日本泌尿器科学会の「ED診療ガイドライン[第3版]」(p35~)を参照してみてください。

EDの初期症状がみられたときの対策

EDの初期症状がみられたときは、以下の対策を試してみましょう。

  • ED治療薬を服用する
  • 定期的に運動・筋トレをする
  • 食生活を改善する
  • 節度ある飲酒を心がける
  • 禁煙する
  • 十分な睡眠時間を確保する

それぞれ詳しくみていきましょう。

ED治療薬を服用する

ED治療薬は勃起状態をサポートし、性行為の満足度を高めるための薬です。性行為の前に服用することで、勃起するのを促したり、性的興奮によって生じた勃起状態を維持したりします。

ただし、ED治療薬はあくまで勃起状態の補助であり、EDを根本的に治すものではありません。そのため、基本的には性行為のたびにED治療薬の服用が必要です。

 

バイアグラ

レビトラジェネリック

シアリス

勃起力・硬さ(効果の強さ)

強い

最も強い

控え目(自然な硬さの勃起)

持続時間

長い(4~5時間)

やや長い(5~8時間)

非常に長い(24~36時間)

即効性

高い(30~60分)

最も高い(15~30分)

やや低い(1~3時間)

副作用の少なさ

ほてり・頭痛・鼻づまりなど

ほてり・頭痛・鼻づまりなど

少ない

食事による影響の少なさ

受けやすい

やや受けにくい

受けにくい

以下の記事では、ED治療薬について詳しく解説しています。ED改善のサポートとしてED治療薬の服用を考えている方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

ED治療薬3種類を徹底比較!効き目・副作用・即効性・持続期間は?

定期的に運動・筋トレをする

定期的な運動・筋トレはEDの改善に役立ちます。

20~80歳を被験者とした海外の研究では、EDの発症には運動不足が関与することが報告されています。運動不足は内臓脂肪の増加につながるため、動脈硬化を引き起こし、男性器における血流が悪化してEDの原因となります。

EDを予防・改善するためには、以下の運動をするのがおすすめです。

  • 筋トレ
  • 有酸素運動
  • 開脚ストレッチ
  • 骨盤底筋体操

参照元:”How much physical activity is needed to maintain erectile function? Results of the Androx Vienna Municipality Study”(Christian W Kratzik, Jakob E Lackner, Isabel Märk, Ernst Rücklinger, Jörg Schmidbauer, Gerhard Lunglmayr, Georg Schatzl)

以下の記事では、ED治療におすすめの筋トレとNGトレーニングを紹介しています。

筋トレでEDが治った人もいる?ED治療におすすめの筋トレとNGトレーニングを紹介!

食生活を改善する

EDの初期症状が疑われる場合は、食生活を改善して栄養バランスを意識しましょう。食生活の改善で身体の調子が整えば、勃起力を取り戻せるかもしれません。

以下の栄養素を意識して食事に取り入れると良いでしょう。なお、肥満はEDの発症につながることがわかっているため、肥満気味の方は食べ過ぎに注意しましょう。

  • 亜鉛:レバーや牡蠣など
  • DHA・EPA:サンマやサバなど
  • シトルリン:メロンやスイカなど
  • ビタミンE:アボカドやアーモンドなど

節度ある飲酒を心がける

飲酒が直接的にEDを引き起こすとの研究などはないものの、過度な飲酒はEDを引き起こす生活習慣病の発症リスクを高めます。そのため、EDの初期症状がある場合、節度ある飲酒を心がけましょう。

飲酒量の目安は、厚生労働省が出している基準を参考にすると良いでしょう。

  • ビール(5%):500ml(ロング缶、中瓶1本)
  • ワイン(12%):200ml(グラス2杯弱)
  • 焼酎(25%):100ml(グラス1/2杯)
  • ウイスキー(43%):60ml(ダブル1杯)

参照元:厚生労働省「アルコール」

禁煙する

喫煙はED発症につながります。喫煙は交感神経の刺激や男性器への血流障害などを引き起こすため、勃起機能に悪影響が出ると考えられています。

日本性機能学会/日本泌尿器科学会の「ED診療ガイドライン[第3版]」においても、禁煙が強く推奨されているほどです。EDの初期症状に悩んだら、それをきっかけに禁煙に取り組んでみることをおすすめします。

参照元:”Male Sexual Function and Smoking”(Mark G Biebel, Arthur L Burnett, Hossein Sadeghi-Nejad )

十分な睡眠時間を確保する

睡眠中は男性の性機能に関係するテストステロンの分泌が行われており、十分な睡眠時間を確保することでEDの改善が見込めます。

十分な睡眠時間の確保には、規則正しい生活が不可欠です。人間の身体には体内時計が備わっているため、毎日一定の時刻に入眠する習慣をつけると良いでしょう。

EDの初期症状に関する注意点

EDの初期症状に関する注意点として、以下の2点が挙げられます。

  • 生活習慣病の初期症状としてEDになるケースがある
  • EDの初期症状を放置するとさまざまな弊害が生じる

それぞれ詳しくみていきましょう。

生活習慣病の初期症状としてEDになるケースがある

生活習慣病の初期症状としてEDになるケースがあります。

以下のような生活習慣病には注意が必要です。

  • 高血糖
  • 脂質異常
  • 高血圧など

EDは生活習慣病のサインかもしれません。生活習慣病は最悪の場合死亡リスクもあるため、ED気味の場合はEDと生活習慣病の両方に意識を向けましょう。

EDの初期症状を放置するとさまざまな弊害が生じる

EDの初期症状を放置すると、症状が悪化して完全に勃起しなくなる恐れがあります。

また、パートナーとの関係へのストレスや性的自信の喪失、うつ病の原因につながる可能性も考えられるため、EDの初期症状がみられたらできるだけ早く治療に取り組みましょう。

EDの初期症状がみられたときのよくある質問

最後に、EDの初期症状がみられたときのよくある質問を紹介します。

  • EDを自力で治すことはできますか?
  • EDが治るきっかけにはどんなものがありますか?

疑問を解消したうえでEDの早期発見・早期治療を目指しましょう。

EDを自力で治すことはできますか?

軽度のEDであれば、自力で治せるケースもあります。先程紹介した食生活の改善や定期的な運動、睡眠時間の確保などを試してみてください。

ただし、専門家を頼らずにEDを改善しようとすると、プレッシャーを感じてEDが悪化することも考えられます。そのため、自力での改善が困難な場合や症状が中々治らない場合は、クリニックを受診しましょう。

以下の記事では、EDを自力で治す方法を紹介しています。

EDは自然治癒する?EDになる原因や治療法についても詳しく解説!

EDが治るきっかけにはどんなものがありますか?

EDが治るきっかけには、以下のようなものがあります。

  • コンプレックスを解消した
  • 不安や緊張から解放された
  • 薬の服用を辞めた
  • パートナーとの関係を改善できた
  • オナニーの仕方を変えた
  • 性行為中のストレスを軽減できた

EDが治るきっかけについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

EDが治るきっかけは?改善方法やパートナーができることをあわせて解説!

まとめ

EDには生活習慣病の発症が隠れていることがあります。また、EDを放置するとさらに悪化したり、うつ病や性的自信への喪失につながったりする危険もあります。

ED治療の成功率を高めるためには、早期発見が重要です。この記事で紹介したような初期症状がみられる場合は、できるだけ早くクリニックを受診しましょう。

勃起力の低下が気になるならWクリニックオムのED治療がおすすめ

「ED薬を使用しているがいまだに効果を感じられていない」「薬に頼らずに根本的にED治療をしたい」と悩んでいてAGA治療に興味がある方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがWクリニックオムのMORENOVA(モアノヴァ)です。モアノヴァは、衝撃波を与えて勃起障害を改善するED治療専用装置です。そんなモアノヴァの特徴は以下のとおりです。

 

  • 非侵襲性で痛みがない
  • ダウンタイムがない
  • 治療時間約15分
  • 副作用が出ない

 

モアノヴァは副作用が出ないため、ED治療薬の副作用が心配でED治療を始められていない方におすすめです。また、持病(心疾患・脳疾患など)でED薬が飲めない方でもモアノヴァであれば治療可能です。

モアノヴァは痛みがないため、麻酔をせずに治療を受けられます。治療で難しい操作はなく、セルフで治療を受けることができるので、プライバシー面が気になる方でも気軽に治療を受けられます。

併用禁忌がなく、内服薬と併用して治療を受けることもできます。Wクリニックオムでは、シアリス、レトビラジェネリック、バイアグラの3種類のED内服薬を用意しており、治療を併用して早く効果を感じたいという方に最適です。Wクリニックオムで取り揃えているED内服薬の特徴は以下のとおりです。

 

 

シアリス

レトビラジェネリック

バイアグラ

シアリス

効果が長くマイルドに続く

即効性があり効果が強い

効果が強くすぐに効果が出る

効果の特徴

自然な硬さの勃起が続く

強い

強い

副作用

少ない(出にくい)

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり など

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり など

 

適切にED治療を受けて勃起改善をすることで、パートナーとの関係性が良くなり、自信を持てるようになるでしょう。人生をさらに楽しくし、謳歌したいという方は、ぜひWクリニックオムのED治療をお試しください。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!