COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

NMNは健康寿命を延ばすって本当?研究でわかったNMNについて解説

美容や医療で注目されているNMNですが、健康寿命を延ばすと聞いたことはありませんか?

実際にマウスを使って行った研究では、健康寿命が延びた結果がでました。健康寿命とは生きている間に、健康でいられる寿命をさします。

この記事では、NMNで健康寿命が延びる理由や実験の結果などを解説します。できる限り健康でいたい方は、ぜひ参考にしてNMNを服用するか検討してください。

NMN治療を受けるならWクリニックオムがおすすめです。NMN治療を受けることで、サーチュイン遺伝子が活性化され、老化や糖尿病、肥満とその合併症などさまざまな疾患に対して効果を期待できるでしょう。アンチエイジングをしたいという方はぜひ一度Wクリニックオムに相談してみてください。料金や施術の詳細が気になるという方は、WクリニックオムのNMN治療のページから確認することができます。

NMNとは?

2015年頃に発表された研究結果で注目されたNMN。NMNとは「ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド」の略取で、ビタミンB3に含まれている成分です。人やあらゆる生物の体内で自然に生成される成分ですが、年齢とともに減少します。

NMNが体内で補酵素であるNAD+に変換され、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化する作用が働きます。

NMNについては「【完全網羅】今話題のNMNとは?効果や摂取方法・摂取量などを解説」で詳しく解説しています。

NMNで健康寿命が延びる理由

NMNを摂取すると体内でNAD+という補酵素に変換されます。このNADが、健康寿命を延ばすのに最も大切です。NDAとは「ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」の略称で、人が食べたものや酸素を利用して、エネルギー源を生成します。

NADはエネルギー源を生成する以外にも、長寿遺伝子と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」を活性化させる働きがあります。サーチュイン遺伝子が活性化されると老化を遅くし、全身の器官が若々しく保たれるため健康寿命が延びるのです。

サーチュイン遺伝子と関連のあるNADとは?

サーチュインと関係のあるNDAとは「ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」の略称です。NDAが人のエネルギー源を生成し、活発に活動できるようになります。しかし、NDAは加齢とともに減少し、全身の器官の機能低下を引き起こすと考えられています。NDAが体内からなくなると、人は死んでしまうくらい重要な成分です。

また、サーチュイン遺伝子の活性化をするために必要なのがNDAです。サーチュイン遺伝子を活性化させることで、健康寿命が延びるといわれています。

NDAは加齢とともに減少しますが、絶食や運動などで多少は増やせます。ただ、絶食や運動で増える量では足りないので、NMNを摂取して体内へ変換させるのが有効です。

NMNと長寿に関するマウスの研究

NMNと長寿に関するマウスの研究について解説していきます。

遺伝子操作で脳のサーチュインを増やした実験

哺乳類には7種類のサーチュインが存在します。その中でも、すい臓や骨格筋、肝臓などの代謝に重要な器官で、代謝を抑制することがわかっているSIRT1を遺伝子操作で脳に増やした実験です。本当に老化や寿命の抑制に重要であるのかを、調べるために行ったとされています。

遺伝子操作で脳のサーチュインを増やしたマウスは健康寿命が延びる

実際の実験結果で、マウスの健康寿命は、オスで9%・メスで16%も延びるという結果が発表されました。人の寿命で計算すると、男性が7〜8年・女性が13〜14年です。老化が遅れることで、健康寿命が延びできるだけ長く健康でいられます。

さまざまな身体の基本機能の制御を行っている、視床下部という脳にある領域が老化や寿命を遅らせる核です。神経細胞の働きが活性化することで、筋肉の機能を若々しくしてくれます。

脳のサーチュイン遺伝子で健康寿命が伸びるメカニズム

脂肪が血中に分泌するNAMPTという酵素がビタミンB3を材料として、NMNを生成して視床下部に送ります。そこで、サーチュインがNMNを変換したNDAを使用することで、視床下部の神経細胞を活発化させるのです。その結果。身体のさまざまな機能を回復させる効果が期待されます。つまり、脂肪と視床下部の間にはNDAを生成するための、やりとりが存在しています。

NMNをマウスに投与する実験

NMNを糖尿病のマウスに投与すると、糖尿病に劇的な効果があると発表された研究がありました。この背景をもとに、NMNを普通のマウスに1年間投与する実験が行われました。

100mg/kgと300mg/kgの2種類を投与して、すぐに体重が減少したことがわかったようです。しかし、体内に異常はなく、むしろ良く食べて、動いてエネルギーを活発に使っていました。

また、コレステロールなどの血中の脂肪もほとんど上がらず、遺伝子発現の変化が抑制されていたようです。17ヶ月齢のマウスでは、特にエネルギー代謝が約6ヶ月前と同じくらいで、骨格筋も回復したとされています。人で例えると、60歳前後の方が40歳くらいの機能に戻るのと同等です。

MNMを摂取することで改善を期待できる老化現象

NMNを摂取して、サーチュイン遺伝子が活性化することで、改善が期待できる老化現象は、以下のようなものが期待できます。

  • がん
  • 肥満
  • 視力低下
  • インスリン抵抗性
  • 脂肪肝
  • 免疫機能低下
  • 自己免疫疾患
  • 認知機能低下
  • 難聴
  • 不妊
  • サルコペニア
  • 運動機能障害
  • 糖尿病
  • 腎機能障害
  • 炎症
  • 心血管疾患

上記のようにNMNを摂取することで、全身の器官の老化抑制に期待ができます。心臓は心臓の治療、脳は脳の治療ではなく、根本的に改善をしていく時代が近づいているでしょう。

全身の細胞が健康なままであれば、病気をしない健康な身体を維持できます。

NMN治療を受けるならWクリニックオムがおすすめです。NMN治療を受けることで、サーチュイン遺伝子が活性化され、老化や糖尿病、肥満とその合併症などさまざまな疾患に対して効果を期待できるでしょう。アンチエイジングをしたいという方はぜひ一度Wクリニックオムに相談してみてください。料金や施術の詳細が気になるという方は、WクリニックオムのNMN治療のページから確認することができます。

抗老化に必要なNMNの摂取量

抗老化に必要なNMNの摂取量は、70kgの人で約500mgとされています。ブロッコリーや枝豆などに多く含まれているといわれていますが、100g食べてもNMNは2mgほどです。食べ続けられれば、NMNは体内に摂取させます。

しかし、NMNは加齢とともに減少し、能力も衰えます。そのため、食品から摂取するだけでは足りなくなります。サプリメントなどでNMNを外から補給しましょう。

効果的なNMNの摂取方法

効果的にNMNを摂取する方法は、NMNサプリを服用することです。

NMNはさまざまな生物に存在しており、野菜や果物にも含まれています。特にブロッコリーや枝豆は多いとされていますが、NMNの量はごく少量です。そのため、食品から多量のNMNを摂取するのは難しいです。

また、NAD自体を体内に入れても胃や腸で分解されてしまいます。そのため、NDAの前段階であるNMNを摂取して、体内でNDAに変換するのが有効だといわれています。

まとめ

この記事でh、NMNが健康寿命を延ばす理由や研究結果について解説しました。NMNを体内に摂取することで、人のエネルギー源を作り出すNADに変換されます。NDAが健康遺伝子であるサーチュイン遺伝子を活性化させることで、全身の器官の老化を遅くし若々しさを保ちます。

また、NMNはブロッコリーや枝豆から摂取できますが、ごく少量です。現在ではNMNサプリが発売されており、有効的にNDAを増やすことが可能です。健康寿命を伸ばしたい方は、ぜひ検討してください。

NMN治療を受けるならWクリニックオムがおすすめです。NMN治療を受けることで、サーチュイン遺伝子が活性化され、老化や糖尿病、肥満とその合併症などさまざまな疾患に対して効果を期待できるでしょう。アンチエイジングをしたいという方はぜひ一度Wクリニックオムに相談してみてください。料金や施術の詳細が気になるという方は、WクリニックオムのNMN治療のページから確認することができます。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!