COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

幹細胞培養上清液に期待できる効果は?効果の持続時間やエビデンスを紹介!

美容医療や再生医療の分野で昨今注目を集めている幹細胞培養上清液ですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。幹細胞培養上清液が持つ抗炎症作用や細胞修復作用によってさまざまな効果が期待されています。

この記事では、幹細胞培養上清液の効果について徹底解説していきます。効果の持続時間やエビデンスも紹介するので、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

加齢による身体の機能の衰退を感じている人にはWクリニックオムのエクソソーム療法がおすすめ

加齢に伴って、しわやシミが増加したり、視力や筋力、免疫力が低下したりして悩んでいる方も多いのではないでしょうか。エクソソームなら、そのような悩みを根本的に解決することができます。

エクソソームとは、体内に存在する歯髄・臍帯・脂肪・骨髄など間葉系幹細胞を培養した際に生じる上澄み液(ヒト幹細胞上清液)から抽出できる情報伝達物質のことです。エクソソームが情報伝達することで、全身の体性幹細胞が活性化するだけでなく、高い皮膚再生・血管再生作用、複数の抗炎症作用などを期待できます。

そんなエクソソームに期待できる効果は以下のとおりです。


  • 皮膚の再生
  • 創傷治癒の促進
  • 各種疾患の改善
  • 肩こり、疲労回復、滋養強壮
  • ED(勃起不全)の改善
  • AGA
  • 老化防止
  • 肝機能障害の改善
  • 不眠症、うつ状態の改善

このように、エクソソームには様々な効果が期待できます。ただし、エクソソームだからといってどのようなエクソソームでも高い効果を期待できるわけではありません。エクソソームで高い効果を期待するにはエクソソームの「濃さ」が重要です。

そこでおすすめなのが、Wクリニックオムのエクソソームです。従来は1ccに約50億個のエクソソームが含まれていたら高濃度エクソソームと呼ばれていました。しかし、Wクリニックオムのエクソソームには1ccあたり500億個のエクソソームが含まれています。さらに、エクソソームプレミアムは、1,000億個〜1兆個の超高濃度エクソソームとなっています。

また、当院で使用しているエクソソーム成分は全てヒト由来成分で、製造工程においても動物由来の成分は一切使用していません。細胞を提供している全てのドナーは健康な日本人女性で、生産工程も国内で行っております。

さらに目的に応じてエクソソームの種類や施術方法も選べます。当院では、臍帯由来、歯髄由来、脂肪由来の3種類からエクソソームを選ぶことができます。また、以下のように施術の種類も豊富で、適切な施術をすることでより効果を感じることができます。


  • 注射・点滴
  • 水光注射
  • ダーマペン・ポテンツァ
  • 吸入治療
  • 点眼治療
  • 点鼻治療 など

安全かつより効果的にエクソソーム治療を受けたいのであれば、クリニック選びが非常に重要です。エクソソームで若々しさを取り戻したいと考えている方は、ぜひWクリニックオムのエクソソーム治療をお試しください。


大阪心斎橋のWメンズクリニックのエクソソームの詳細はこちら

幹細胞培養上清液とは?

幹細胞培養上清液とは、幹細胞を培養した後の上澄み液です。遠心分離器で不純物が取り除かれ、減菌されています。現在の再生医療では、ヒトの歯髄・脂肪・骨髄・臍帯から採取された幹細胞が用いられることが多いです。

幹細胞培養上清液には成長因子やエクソソームが含まれており、さまざまな美容や健康面での効果を得られます。また、幹細胞そのものは取り除かれているため、アレルギーやウイルスへの感染リスクは低いといわれています。

幹細胞培養上清液の種類や含有成分について詳しく知りたい方は、以下の記事も読んでみてください。

幹細胞培養上清液とは?効果・治療の種類・デメリットについて徹底解説!

幹細胞培養上清液に含まれる成長因子とその効果

幹細胞培養上清液には、成長因子などの多数のたんぱく質が含まれています。成長因子は、人間・動物の体内における細胞の増殖・分化を促進するものです。成長ホルモンの分泌促進や傷を治すための細胞の増殖など、体内において重要な役割を担っています。

しかし、成長因子の数は加齢とともに減少していくことが知られています。そのため、幹細胞培養上清液を点滴などで摂取することで、美肌などの若返り効果や健康増進などの効果が期待できるでしょう。

成長因子の主な種類とそれぞれの具体的な効果は、以下のとおりです。

EGF 上皮増殖因子(しみ・くすみ改善、ターンオーバー促進)
VEGF 血管内皮増殖因子 (血管新生、発毛、育毛)
HGF 肝細胞増殖因子(組織再生)
PDGF 血小板由来増殖因子(細胞分裂促進、細胞の増殖、血管の新生・増殖、コラーゲンの産生)
TGF-β トランスフォーミング増殖因子(創傷治癒、抗炎症)
KGF ケラチノサイト増殖因子(発毛、育毛)
IGF インシュリン増殖因子(肌の弾力アップ、皮膚再生、育毛)

幹細胞培養上清液の治療で期待できる効果

幹細胞培養上清液の治療で期待できる効果は主に以下のとおりです。

  • しわやたるみへの美容効果
  • 細胞を修復する効果
  • 血管再生作用によるEDや動脈硬化の改善
  • AGA・薄毛を改善する効果(発毛効果)
  • 膝や腰・肩などの痛みを緩和
  • 糖尿病などへの抗炎症作用

それぞれについて詳しく解説します。

しわやたるみへの美容効果

1つ目に、目の下や肌のしわやたるみへの美容効果があります。

しわやたるみは40代頃から目立ち始める症状で、加齢とともに身体全体で増えていきます。脂肪幹細胞由来の幹細胞培養上清液を点滴で注入することで、しわやたるみを改善し、肌のハリ・弾力アップが見込めます。

細胞を修復する効果

2つ目に、細胞を修復する効果があります。

幹細胞培養上清液は、エクソソームと呼ばれる物質を含んでいます。エクソソームとは、細胞間の情報伝達を行っている顆粒状の物質のことです。

エクソソームは特定の細胞組織に入り込み、細胞の修復に必要な物質を運ぶため、弱った細胞を回復させる働きが見込めます。具体的には、以下のような疾患に対して効果がみられます。

  • 皮膚疾患
  • 糖尿病の合併症
  • 肝疾患(肝硬変・慢性肝炎など)
  • 呼吸器障害
  • 腎臓機能障害

血管再生作用によるEDや動脈硬化の改善

3つ目に、血管再生作用によるEDや動脈硬化の改善効果があります。

男性器の海綿体に血流が流れ込むことで、正常に勃起します。しかし、このような血管の機能に障害がある場合、EDを発症してしまうかもしれません。

一般的にED治療では、血管を促進する作用を持つバイアグラなどのED治療薬が用いられます。しかし、幹細胞培養上清液には海綿体の内皮細胞を再生させる効果があり、点滴などの治療を受けることでEDの改善が見込めます。

また、この血管を再生する作用は体内の内皮細胞にも働くため、動脈硬化を改善する効果も期待できます。

AGA・薄毛を改善する効果(発毛効果)

4つ目に、AGA・薄毛を改善する効果(発毛効果)があります。

幹細胞培養上清液には頭皮の毛母細胞を活性化する効果があり、点滴や注射などで注入することで育毛が促されます。

毛母細胞が活性化されると、髪の毛の成長に必要な栄養を放出する機能も同時に活性化される仕組みです。ヘアサイクルが整うことで、髪の毛が健康に育つ環境が整います。

膝や腰・肩などの痛みを緩和

5つ目に、膝や腰・肩などの痛みを緩和する効果があります。

幹細胞培養上清液に含まれる成長因子は、細胞・神経の修復作用と抗炎症作用を持っています。幹細胞培養上清液の治療では、膝や腰・肩などの痛みを緩和する効果も期待できます。

そのため、長年抱えていた肩の症状(四十肩・五十肩)やテニスやゴルフなどで痛めた膝関節などの治療にも最適です。中には、腰や肩の痛みが緩和され、ゴルフのスコアが向上したという方もいます。

糖尿病などへの抗炎症作用

6つ目に、糖尿病などへの抗炎症作用があります。

糖尿病を発症する原因は、インスリンが不足することやインスリンの効果が弱まることです。

膵臓の機能低下はインスリンの分泌量・効果の減少につながりますが、幹細胞培養上清液には膵臓β細胞の修復を促進する効果があります。

膵臓の機能を回復させ、インスリンを分泌する働きを改善することで、糖尿病による炎症を抑えます。

幹細胞培養上清液の治療効果の持続時間は?

幹細胞培養上清液の治療効果が表れるまでの時間は、人によっても異なりますが、早いと点滴・注射を受けてから約2~3週間後です。

1回の治療のみでも効果は見込めるものの、効果の持続時間を延ばすためには、継続して治療を受ける必要があります。

継続して治療を受ける場合、基本的に2週間~1ヶ月に3~5回の頻度が良いといわれています。

幹細胞培養上清液の効果を示すエビデンス

ここでは、幹細胞培養上清液の効果を示すエビデンスとなる論文を紹介します。

まず1つ目の論文が「 “Can supernatant from immortalized adipose tissue MSC replace cell therapy? An in vitro study in chronic wounds model” (H. Kraskiewicz, et al., Stem Cell Research & Therapy, 2020)」です。

この論文は幹細胞培養上清液の再生効果を調査したもので、傷の治療に応用できる可能性が高いことが報告されています。

次に2つ目の論文が「“Cytoplasm or Supernatant: Where Is the Treasury of the Bioactive Antiaging Factor from Mesenchymal Stem Cells?” (X. Luo, et al., Stem Cells and Development, 2022)」です。

この論文は幹細胞培養上清液のアンチエイジング効果について調べたもので、幹細胞培養上清液と幹細胞から直接抽出した物質のどちらが効果が高いのかを比較しています。どちらも皮膚の光損傷を修復する効果があるとの結果が得られました。

幹細胞培養上清液に関する研究はまだまだ発展途上ですが、現在も多くの研究・臨床実験が進められており、その効果や適用範囲の拡大が期待されています。幹細胞培養上清液は、再生医療や美容医療の分野で大きな注目が寄せられており、今後さらに多くの治療法や医薬品に応用されていく可能性があります。

幹細胞培養上清液の治療の種類

幹細胞培養上清液の治療には、主に以下の種類があります。

  • 点滴
  • 局所投与(注射)
  • 点滴と局所投与(注射)の併用

それぞれ詳しくみていきましょう。

点滴

幹細胞培養上清液の治療で代表的なのが「点滴」です。幹細胞培養上清液点滴は静脈に注入するため、血液が有効成分を全身に行き届かせて、より高い効果を期待できます。

点滴で使用する幹細胞培養上清液の量や種類は、医師と相談したうえで決定します。まずはカウンセリングを受けてみましょう。

以下の記事では、幹細胞培養上清液点滴の特徴や料金相場、おすすめな方などについて詳しく解説しています。

幹細胞培養上清液点滴に期待できる効果は?おすすめな人や料金相場について解説!

局所投与(注射)

他にも幹細胞培養上清液には「局所投与(注射)」もあります。この治療では、注射液に幹細胞培養上清液を混ぜて溶かし、顔や肌などの気になる部位に対して直接注入します。

気になる症状や悩みに対して直接アプローチできるのが特徴です。20ヶ所ほどに注射するため、内出血や腫れがみられる場合もあります。

点滴と同じく、幹細胞培養上清液の量や種類に関しては、医師と相談して判断します。

点滴と局所投与(注射)の併用

幹細胞培養上清液で最も効果的な治療法とされているのが「点滴と局所投与(注射)の併用」です。

点滴と局所投与(注射)を併用することで、より高い効果を得られます。

幹細胞培養上清液とPRP療法の違い

幹細胞培養上清液と同じく、PRP療法も再生医療を応用した美容医療として有名です。

PRP療法では自分の血小板を用いられ、再生医療以外にも美容医療・歯科・整形外科などの分野で実用化が進んでいます。多くのスポーツ選手がこのPRP療法を選択しています。

幹細胞培養上清液とPRP療法の違いは主に以下のとおりです。

  幹細胞培養上清液 PRP療法
効果

・美容効果(しわ・たるみ・シミなどの改善)
・AGA治療
・ED改善
・エイジングケア
・痛みの緩和

・美容効果(しわ・たるみ・シミなどの改善)
・痛みの緩和
持続時間 長期間 短期間

幹細胞培養上清液の副作用は?

多くの効果を期待できる幹細胞培養上清液ですが、副作用が全くないというわけではありません。幹細胞培養上清液の副作用として、以下のような症状が挙げられます。

  • 痛みや腫れ
  • めまいや低血糖

副作用やアレルギーの出方には個人差があるため、事前に医師のカウンセリングを受けてから治療を受けましょう。リスクやデメリットについてもきちんと説明してくれるクリニック・病院を選ぶのが安心です。

まとめ

幹細胞培養上清液の治療では、美容効果や痛みの緩和など、さまざまな効果を得られます。副作用のリスクが全くないわけではありませんが、ウイルス感染のリスクなどは低く、安全性の高い治療といえます。

きちんとしたカウンセリングを実施してくれるクリニックを選ぶと、安全に幹細胞培養上清液の効果を得やすいです。気になる方は、一度クリニックを受診してみると良いでしょう。

加齢による身体の機能の衰退を感じている人にはWクリニックオムのエクソソーム療法がおすすめ

加齢に伴って、しわやシミが増加したり、視力や筋力、免疫力が低下したりして悩んでいる方も多いのではないでしょうか。エクソソームなら、そのような悩みを根本的に解決することができます。

エクソソームとは、体内に存在する歯髄・臍帯・脂肪・骨髄など間葉系幹細胞を培養した際に生じる上澄み液(ヒト幹細胞上清液)から抽出できる情報伝達物質のことです。エクソソームが情報伝達することで、全身の体性幹細胞が活性化するだけでなく、高い皮膚再生・血管再生作用、複数の抗炎症作用などを期待できます。

そんなエクソソームに期待できる効果は以下のとおりです。


  • 皮膚の再生
  • 創傷治癒の促進
  • 各種疾患の改善
  • 肩こり、疲労回復、滋養強壮
  • ED(勃起不全)の改善
  • AGA
  • 老化防止
  • 肝機能障害の改善
  • 不眠症、うつ状態の改善

このように、エクソソームには様々な効果が期待できます。ただし、エクソソームだからといってどのようなエクソソームでも高い効果を期待できるわけではありません。エクソソームで高い効果を期待するにはエクソソームの「濃さ」が重要です。

そこでおすすめなのが、Wクリニックオムのエクソソームです。従来は1ccに約50億個のエクソソームが含まれていたら高濃度エクソソームと呼ばれていました。しかし、Wクリニックオムのエクソソームには1ccあたり500億個のエクソソームが含まれています。さらに、エクソソームプレミアムは、1,000億個〜1兆個の超高濃度エクソソームとなっています。

また、当院で使用しているエクソソーム成分は全てヒト由来成分で、製造工程においても動物由来の成分は一切使用していません。細胞を提供している全てのドナーは健康な日本人女性で、生産工程も国内で行っております。

さらに目的に応じてエクソソームの種類や施術方法も選べます。当院では、臍帯由来、歯髄由来、脂肪由来の3種類からエクソソームを選ぶことができます。また、以下のように施術の種類も豊富で、適切な施術をすることでより効果を感じることができます。


  • 注射・点滴
  • 水光注射
  • ダーマペン・ポテンツァ
  • 吸入治療
  • 点眼治療
  • 点鼻治療 など

安全かつより効果的にエクソソーム治療を受けたいのであれば、クリニック選びが非常に重要です。エクソソームで若々しさを取り戻したいと考えている方は、ぜひWクリニックオムのエクソソーム治療をお試しください。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!