COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

幹細胞培養上清液点滴に期待できる効果は?おすすめな人や料金相場について解説!

幹細胞培養上清液点滴では、エクソソームや成長因子などの有効成分を全身に届けます。幹細胞培養上清液点滴は、組織の修復作用や抗炎症作用などのさまざまな効果を期待できる治療法です。

この記事では、幹細胞培養上清液点滴に期待できる効果からおすすめな方、料金相場まで詳しく解説していきます。美容や健康に気を遣っている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

加齢による身体の機能の衰退を感じている人にはWクリニックオムのエクソソーム療法がおすすめ

加齢に伴って、しわやシミが増加したり、視力や筋力、免疫力が低下したりして悩んでいる方も多いのではないでしょうか。エクソソームなら、そのような悩みを根本的に解決することができます。

エクソソームとは、体内に存在する歯髄・臍帯・脂肪・骨髄など間葉系幹細胞を培養した際に生じる上澄み液(ヒト幹細胞上清液)から抽出できる情報伝達物質のことです。エクソソームが情報伝達することで、全身の体性幹細胞が活性化するだけでなく、高い皮膚再生・血管再生作用、複数の抗炎症作用などを期待できます。

そんなエクソソームに期待できる効果は以下のとおりです。


  • 皮膚の再生
  • 創傷治癒の促進
  • 各種疾患の改善
  • 肩こり、疲労回復、滋養強壮
  • ED(勃起不全)の改善
  • AGA
  • 老化防止
  • 肝機能障害の改善
  • 不眠症、うつ状態の改善

このように、エクソソームには様々な効果が期待できます。ただし、エクソソームだからといってどのようなエクソソームでも高い効果を期待できるわけではありません。エクソソームで高い効果を期待するにはエクソソームの「濃さ」が重要です。

そこでおすすめなのが、Wクリニックオムのエクソソームです。従来は1ccに約50億個のエクソソームが含まれていたら高濃度エクソソームと呼ばれていました。しかし、Wクリニックオムのエクソソームには1ccあたり500億個のエクソソームが含まれています。さらに、エクソソームプレミアムは、1,000億個〜1兆個の超高濃度エクソソームとなっています。

また、当院で使用しているエクソソーム成分は全てヒト由来成分で、製造工程においても動物由来の成分は一切使用していません。細胞を提供している全てのドナーは健康な日本人女性で、生産工程も国内で行っております。

さらに目的に応じてエクソソームの種類や施術方法も選べます。当院では、臍帯由来、歯髄由来、脂肪由来の3種類からエクソソームを選ぶことができます。また、以下のように施術の種類も豊富で、適切な施術をすることでより効果を感じることができます。


  • 注射・点滴
  • 水光注射
  • ダーマペン・ポテンツァ
  • 吸入治療
  • 点眼治療
  • 点鼻治療 など

安全かつより効果的にエクソソーム治療を受けたいのであれば、クリニック選びが非常に重要です。エクソソームで若々しさを取り戻したいと考えている方は、ぜひWクリニックオムのエクソソーム治療をお試しください。


大阪心斎橋のWメンズクリニックのエクソソームの詳細はこちら

幹細胞培養上清液とは?

幹細胞培養上清液とは、幹細胞を培養するときに生じる培養液から不純物を除去し、減菌した上澄み液のことを指します。幹細胞は主に人間の歯髄・脂肪・骨髄・臍帯などの組織や内臓から採取され、再生医療などの分野で活用されています。

幹細胞培養上清液には成長因子やエクソソーム、サイトカインが多く含まれており、さまざまな効果を得られるのが特徴です。幹細胞自体は取り除かれているため、アレルギーやウイルスなどによる感染リスクはほぼありません。幹細胞培養上清液は別名、「幹細胞エキス」「幹細胞成分」「脂肪細胞培養順化液」「順化培養液エキス」などとも呼ばれています。

幹細胞培養上清液に含まれる成分や種類を詳しく知りたい方は、併せて以下の記事も参照してみてください。

幹細胞培養上清液とは?効果・治療の種類・デメリットについて徹底解説!

幹細胞培養上清液点滴の特徴

幹細胞培養上清液点滴の特徴として、注射による局所投与よりも全身にくまなく有効成分が行き届き、効果を実感しやすいことが挙げられます。幹細胞培養上清液が全身に運ばれ、細胞が損傷している場所や炎症が起きている場所に有効成分が集結します。これにより、さまざまな疾患の改善効果や美容効果が得られるでしょう。

また、点滴を受けた後のダウンタイムが少なく、日常生活に戻りやすいのも特徴です。幹細胞自体は含まれておらず、アレルギー反応が生じるリスクも低いとされています。

幹細胞培養上清液点滴に期待できる効果

幹細胞培養上清液点滴に期待できる効果は、以下のとおりです。

  • 細胞を修復する効果
  • AGA・薄毛を改善する効果(発毛効果)
  • しわやたるみへの美容効果
  • 血管再生作用によるEDや動脈硬化の改善
  • 糖尿病などへの抗炎症作用

それぞれについて詳しく解説します。

細胞を修復する効果

1つ目は「細胞を修復する効果」です。

幹細胞培養上清液には、エクソソームという物質が含まれています。エクソソームは細胞から分泌される顆粒状の物質で、細胞間の情報を伝達する役割を担っています。

エクソソームが細胞を修復するために必要な物質を伝達し、目的の細胞組織に入り込むため、弱った細胞を元気にする効果が期待できるのです。

AGA・薄毛を改善する効果(発毛効果)

2つ目は「AGA・薄毛を改善する効果(発毛効果)」です。

幹細胞培養上清液が頭皮に注射されると、毛母細胞の働きが活発になり、育毛が促進されます。

毛母細胞の働きが活発になると、髪の毛に必要な栄養を放出する機能も活発になる仕組みです。これによりヘアサイクルが整い、髪の毛が成長しやすい環境が整います。

しわやたるみへの美容効果

3つ目は「しわやたるみへの美容効果」です。

加齢や老化とともに増えるしわやたるみは、身体全体に起こりうる症状で、40代くらいから目立ち始めます。脂肪幹細胞由来の幹細胞培養上清液を点滴で注入することにより、しわやたるみを改善し、肌のハリや弾力を向上させる効果が見込めます。

血管再生作用によるEDや動脈硬化の改善

4つ目は「血管再生作用によるEDや動脈硬化の改善」です。

勃起は、男性器の海綿体に血流が流れ込むことで発生します。しかし、このような血管の機能に障害が生じると、EDを発症します。

EDの治療では、血行促進作用のあるバイアグラを始めとするED治療薬が用いられるのが一般的です。しかし、幹細胞培養上清液を点滴で注入することで、海綿体の内皮細胞を再生させられるため、EDの改善が見込めます。

また、この血管再生作用は体内の内皮細胞にも及ぶため、動脈硬化の改善も期待できるでしょう。

糖尿病などへの抗炎症作用

5つ目は「糖尿病などへの抗炎症作用」です。

糖尿病は、インスリンの働きが弱まったり、インスリンが不足したりすることが原因で発症します。

膵臓の機能の低下とともにインスリンの働き・分泌が少なくなりますが、幹細胞培養上清液を点滴で注入すると、膵臓β細胞の修復が促進されます。

膵臓の機能を向上・回復させ、インスリンを分泌する働きを改善することで、糖尿病による炎症を抑制する仕組みです。

幹細胞培養上清液点滴はどんな人におすすめ?

さまざまな効果を得られる幹細胞培養上清液点滴ですが、特に以下の項目にあてはまるような方におすすめの治療です。

  • 若々しさを取り戻したい
  • 身体の不調を治したい
  • 薄毛や抜け毛を改善したい
  • しわ・たるみ・シミを改善したい
  • 手足や関節の痛みを和らげたい
  • アレルギー体質を改善したい

上記のような悩みがある方は、ぜひ幹細胞培養上澄点滴を試してみてください。

幹細胞培養上清液点滴の料金相場

治療を受けられるクリニックによっても異なりますが、幹細胞培養上清液点滴の料金は約5~10万円が相場です。幹細胞培養上清液点滴が高くなりがちな理由は主に2つあります。

1つ目の理由は、「幹細胞の採取→培養→体内への点滴」という多くの工程が必要なことです。2つ目の理由は、基本的に保険適用外で自費診療となることです。

詳細な金額が気になる方は、クリニックで一度カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

幹細胞培養上清液点滴のデメリット

幹細胞培養上清液点滴を受ける際は、以下のデメリットに注意しましょう。

  • 治療を受けられない人もいる
  • 献血ができなくなる
  • 副作用が生じる場合もある

それぞれについて詳しく解説します。

治療を受けられない人もいる

以下にあてはまる方は、幹細胞培養上清液点滴を受けられません。

  • がん治療中の方
  • がん治療から時間が経っていない方
  • 妊娠している方
  • 妊娠の可能性がある方

治療を検討中の方は、しっかりと医師に相談するようにしましょう。

献血ができなくなる

幹細胞培養上清液点滴を受けると、献血ができなくなります。

点滴では人間由来の幹細胞から生成した幹細胞培養上清液を使用するため、現状の検査方法では発見できないようなウイルス・細菌の感染リスクもゼロではありません。

このことから、日本赤十字社では、ヒト由来の製品を使用した方の献血は断られます。

副作用が生じる場合もある

幹細胞培養上清液点滴は基本的に安全性の高い治療ですが、以下のような副作用が生じる場合もあります。

  • 点滴箇所の腫れや痛み
  • めまいや低血糖

また、非常にまれではありますが、アレルギー反応が生じる可能性もゼロではありません。心配な方は事前に医師に相談しましょう。

幹細胞培養上清液点滴の効果はどれくらい持続する?

幹細胞培養上清液点滴の効果は永久的なものではありません。

1回の点滴でも一定の効果はみられますが、その効果を持続させるためには、継続して治療を受ける必要があります。

頻度としては、2週間から1ヶ月の間に3~5回受けるのがおすすめです。

幹細胞培養上清液点滴による死亡事故があったのは本当?

2023年10月11日、一般社団法人 再生医療抗加齢学会の公式HPにて、「幹細胞培養上清液に関する死亡事例の発生について」という発表がなされました。

これに関してインターネット上ではさまざまな意見が飛び交いましたが、亡くなった原因は敗血症だとの情報が報告されています。敗血症とは、ウイルスや細菌が体内に入り込み、全身に制御不能な生体反応が生じることで臓器の機能障害を引き起こす病気です。

このことから、幹細胞培養上清液やエクソソームが合併症や副反応を引き起こしたのではなく、「該当の医療機関で使用された幹細胞培養上清液やエクソソームが病原体に汚染されていた」または「長期間の放置や使い回しなどの衛生管理に問題があった」ことが考えられます。

以下の記事では、幹細胞培養上清液点滴の死亡事故に関して真偽などを詳しく紹介しています。安全なクリニック選びのポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

幹細胞培養上清液の治療による死亡事故の発生について|安全に治療を受けるためには?

まとめ

幹細胞培養上清液点滴は、全身に有効成分を届けることができるため、効果を実感しやすい治療法です。ダウンタイムが少なく、日常生活に戻りやすいというメリットもあります。

料金相場は約5~10万円と比較的高めですが、十分な費用対効果を得られるでしょう。若返りを達成したい方や肌トラブルを改善したい方などは、一度クリニックでカウンセリングを受けてみてください。

加齢による身体の機能の衰退を感じている人にはWクリニックオムのエクソソーム療法がおすすめ

加齢に伴って、しわやシミが増加したり、視力や筋力、免疫力が低下したりして悩んでいる方も多いのではないでしょうか。エクソソームなら、そのような悩みを根本的に解決することができます。

エクソソームとは、体内に存在する歯髄・臍帯・脂肪・骨髄など間葉系幹細胞を培養した際に生じる上澄み液(ヒト幹細胞上清液)から抽出できる情報伝達物質のことです。エクソソームが情報伝達することで、全身の体性幹細胞が活性化するだけでなく、高い皮膚再生・血管再生作用、複数の抗炎症作用などを期待できます。

そんなエクソソームに期待できる効果は以下のとおりです。


  • 皮膚の再生
  • 創傷治癒の促進
  • 各種疾患の改善
  • 肩こり、疲労回復、滋養強壮
  • ED(勃起不全)の改善
  • AGA
  • 老化防止
  • 肝機能障害の改善
  • 不眠症、うつ状態の改善

このように、エクソソームには様々な効果が期待できます。ただし、エクソソームだからといってどのようなエクソソームでも高い効果を期待できるわけではありません。エクソソームで高い効果を期待するにはエクソソームの「濃さ」が重要です。

そこでおすすめなのが、Wクリニックオムのエクソソームです。従来は1ccに約50億個のエクソソームが含まれていたら高濃度エクソソームと呼ばれていました。しかし、Wクリニックオムのエクソソームには1ccあたり500億個のエクソソームが含まれています。さらに、エクソソームプレミアムは、1,000億個〜1兆個の超高濃度エクソソームとなっています。

また、当院で使用しているエクソソーム成分は全てヒト由来成分で、製造工程においても動物由来の成分は一切使用していません。細胞を提供している全てのドナーは健康な日本人女性で、生産工程も国内で行っております。

さらに目的に応じてエクソソームの種類や施術方法も選べます。当院では、臍帯由来、歯髄由来、脂肪由来の3種類からエクソソームを選ぶことができます。また、以下のように施術の種類も豊富で、適切な施術をすることでより効果を感じることができます。


  • 注射・点滴
  • 水光注射
  • ダーマペン・ポテンツァ
  • 吸入治療
  • 点眼治療
  • 点鼻治療 など

安全かつより効果的にエクソソーム治療を受けたいのであれば、クリニック選びが非常に重要です。エクソソームで若々しさを取り戻したいと考えている方は、ぜひWクリニックオムのエクソソーム治療をお試しください。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!