COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

エクソソームで糖尿病治療ができる?治療ができる仕組みや注意点を解説

美容だけでなく、健康分野でも注目されているエクソソーム。エクソソームには血中のインスリンなどを抑制する効果があるといわれており、糖尿病治療もできると期待されています。

この記事では、エクソソームで糖尿病治療ができる仕組みや注意点について解説していきます。エクソソームの効果について気になる方や糖尿病治療で悩んでいる方は、ぜひ最後まで一読ください。

エクソソームとは

エクソソームとは、細胞から分泌される極小の顆粒状物質で、細胞外小胞の1種です。エクソソームの表面や内面には、タンパク質やDNA、RNAなどの生体物質が含まれています。これを細胞間で運ぶ役割をになっており、コミュニケーションツールとしても働くのが特徴です。

また、美容面での肌トラブルの改善はもちろん、糖尿病や糖尿病関連疾患の治療にも期待されています。まだまだ発展途上のエクソソーム技術ですが、将来性にも大きく期待されているといえるでしょう。

エクソソームの構造

エクソソームは直径30〜150nm(ナノメートルは10億分の1メートル)の極小の顆粒状物質で、細胞膜ど同様に二重の脂質膜で作られています。表面には細胞膜由来の脂質やタンパク質を含んでいます。

また、内包にはタンパク質や核酸など多様な物質が存在しているのです。タンパク質には、インテグリンやMHCなどの膜タンパク質や細胞骨格、ヒートショックプロテインが含まれています。一方で、核酸にはDNAやmRNA、miRNAが主な成分です。

エクソソームは糖尿病治療にも利用が可能

エクソソームは糖尿病治療に利用が可能であるといわれています。また、糖尿病関連疾患にも治療効果があります。ここでは、糖尿病治療に効果がある理由について、以下で詳しくみていきましょう。

エクソソームは糖尿病性腎症や心血管疾患などの糖尿病関連疾患の治療ができる

エクソソームを投与することで、腎病の症状の改善がみられ、血中の腎毒性物質のレベル低下が明らかになった研究があります。糖尿病疾患である糖尿病性腎症や心血管疾患などは、共通して腎細胞の機能が低下し血液のコントロールができなくなります。

また、腎機能にはさまざまなタンパク質が関係しています。エクソソームにはそのタンパク質が含まれており、腎病の症状を軽減してくれる効果が期待できるのです。

さらに、他の研究でもエクソソームを投与することで、血中のグルコースやトリグリセリド、インスリンなどを制御する可能性が明らかになりました。

さまざまな研究からエクソソームの投与によって、腎病の症状を軽減し、血中のグルコースやトリグリセリド、インスリンなどが改善される可能性があります。その結果として、糖尿病関連疾患の治療が期待されています。

インスリン抵抗性を改善する効果も期待できる

エクソソームには、インスリン抵抗性を改善する効果が期待できます。細胞間のコミュニケーションツールとしての役割が特徴です。そのため、エクソソーム内の抗体が血中のインスリン欠乏を察知して、膵臓に伝達してインスリンの補充を行います。

エクソソームの効果によって、より長期的にインスリン補充が可能になり、糖尿病患者の血中糖濃度を安定化できると期待されています。

エクソソームによる糖尿病治療が効果ある理由

エクソソームによる糖尿病治療が効果ある理由は、以下のとおりです。

  • 血中のインスリン濃度を持続できるようになる
  • 身体を傷つけない治療方法である
  • 他の治療と併用可能
  • 有効性が高い
  • 安全性が高い
  • インスリン抵抗の改善効果がある
  • 新たな治療法なのでさまざまな糖尿病治療への適応できる

エクソソームにはさまざまな効果があり、先述したとおりのインスリン抵抗性の改善や腎病の改善などがあります。また、他の治療と併用可能であるため、より糖尿病の治療を効果的にできると期待がされています。

エクソソームによる治療はまだまだ新しいので、これからの治療方法に大きな期待が持てるでしょう。

エクソソーム治療にかかる費用

エクソソーム治療は、保険診療ではなく自由診療であるため、費用が高くなる傾向にあります。中には医療控除の対象になる治療もあります。エクソソーム治療にかかる費用について、以下で解説するのでみていきましょう。

エクソソーム治療は保険適用外

エクソソーム治療は美容目的として活用される場合がほとんどであるため、基本的に保険適用外です。つまり、エクソソーム治療を受けた場合は、全額が自己負担で治療を行う必要があります。

ただし、例外があるので事前に医師に確認してくと良いでしょう。

糖尿病の治療が目的なら医療費控除を利用可能

糖尿病の治療が目的なら、医療費控除を利用可能です。医療費控除とは、税制上の控除制度です。年間の医療費の支払いが一定の基準を超えている場合に、所得税や住民税の控除を受けることができます。

エクソソーム治療は1回で数万円するので、年に数回治療を行えば一定基準を超えるでしょう。保険適用にならない分自己負担額は減りませんが、結果的に節税にもなるので確定申告で医療費控除の申請を行いましょう。

エクソソーム治療の相場は3万円~

エクソソームの投入方法によって異なりますが、点滴が最も安くて3万円からです。定期的に行う必要がある治療にはなるので、毎回3万円だとかなり費用がかかります。そのため、糖尿病治療を行うのであれば、他の治療との併用がおすすめです。

エクソソーム治療の注意点

エクソソームは、美容や医療などさまざまな効果が期待されています。しかし、エクソソーム治療には注意点があるので、以下で詳しく解説していきます。

妊娠中やがんの方はエクソソームの利用が不可能

エクソソームは男女問わずに受けることができる治療ですが、胎児や乳幼児に影響がでるリスクがあるといわれています。そのため、妊娠中や授乳中の方、その可能性がある方はエクソソーム治療が受けられません。

また、エクソソームは細胞の活性化をする働きがあるため、がんを患っている場合はがん細胞の増殖につながるリスクがあります。がんの再発にもつながる可能性があるため、治療済みの方でも医師に相談する方が良いでしょう。

薬物にアレルギーがある場合も利用不可

エクソソーム治療でアレルギー反応を起こして、嘔吐や血圧低下などが稀にあります。一般的にはアレルギー反応は起こりにくい施術ではありますが、体質によってはでる可能性があります。

これまでに薬物でアレルギー反応を起こしたことがある場合は、事前に医師に伝えるようにしてください。場合によっては、エクソソーム治療ができないこともあります。

品質と安全性の高いものを選ぼう

エクソソーム治療を行う場合には、品質と安全性が高いものを選ぶようにしましょう。エクソソームの品質が低ければ、思っている効果が期待できません。また、エクソソーム以外にも不純物が多く含まれている可能性があります。クリニックによって扱っているエクソソームは異なるので、事前に安全性が高いのか確認をしておきましょう。

エクソソームにもたくさん種類がありますが、「ヒト脂肪由来間葉系細胞エクソソーム」が多く含まれているものを選ぶようにしてください。エクソソーム選びに失敗すれば、高い費用を払っても効果がないということにもつながります。

まとめ

この記事では、エクソソームが糖尿病治療に効果がある理由や注意点について解説しました。エクソソームには、腎病の改善や血中インスリン濃度を長期的に安定化させる効果が期待できます。

また、エクソソーム治療は保険適用外になるので、全額自己負担で治療を受けなければいけません。ただ、医療費控除の対象にはなるので、確定申告で申請を行い所得税や住民税の控除を受けましょう。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!