COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

【保存版】ED治療薬の効果を種類ごとに徹底比較!勃起力・持続時間・即効性は?

  • ED治療薬の効果が知りたい
  • どのED治療薬を選べば良いかわからない
  • EDを根本的に改善する方法を知りたい

EDはどの年代の男性でもなりうるものであり、ひそかにED治療を考えている方も少なくありません。ED治療の1つとして有名なのがED治療薬による改善です。

国内で認可されているED治療薬は3種類ありますが、それぞれ効果の強さや効果の出方などが異なります。そこでこの記事では、ED治療薬の効果を種類ごとに徹底比較します。ED治療薬の副作用や保管方法、注意点なども紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ED治療薬の効果は?

ED治療薬の効果は、勃起状態のサポートです。ED治療薬の服用により、勃起を阻害するPDE5が抑制され、性的刺激が伝達されやすくなります。そして、陰茎海綿体に血流が行き届きやすくなる作用によって、以下の症状を改善します。

  • 勃起しても硬さが十分でない
  • 勃起を維持できない(中折れ)

ただし、ED治療薬の効果はあくまで勃起状態のサポートなので、性的刺激がないと勃起することはありません。そのため、精力剤や媚薬のような効果がない点には注意が必要です。また、ED治療薬の効果は一時的なもので、EDを根本的に治療する効果はないので注意しましょう。

ED治療薬の種類

ED治療薬の種類は、以下のとおりです。

  • バイアグラ(シルデナフィル)
  • レビトラ(バルデナフィル)
  • シアリス(タダラフィル)
  • 海外4剤

国内では、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類のみが厚生労働省より製造販売承認を受けています。いずれについても、国内の製薬会社が多くのジェネリック医薬品を販売しています。

バイアグラ(シルデナフィル)

バイアグラ(シルデナフィル)は世界で初めて開発されたED治療薬であり、一般的にも広く知られている薬です。アメリカのファイザー社が販売しており、日本では1999年から認可されています。

服用してから30~60分ほどで効果が表れるため、即効型のED治療薬と呼ばれています。持続力は4時間ほどで、ピークを迎えるのは服用してから1~2時間ほどです。食後に服用すると効果が出づらくなるという欠点があるため、空腹状態で服用することが推奨されています。

レビトラ(バルデナフィル)

レビトラ(バルデナフィル)はドイツのバイエル社が販売しており、日本では2004年から認可されています。

服用後15分ほどで効果が出ることから超即効型のED治療薬と呼ばれており、バイアグラよりも高い即効性を誇ります。また、5~8時間ほどの持続力を持っており、食事の影響を受けにくいのも特徴の1つです。

シアリス(タダラフィル)

シアリス(タダラフィル)はアメリカのイーライリリー社が販売しており、日本では2007年から認可されています。服用してから効果が出るまで1~3時間ほどかかりますが、24~36時間の持続力を誇っており、ED治療薬の中で最も持続力の高い薬です。

また、レビトラと同じく、食事の影響を受けにくいという特徴があります。ただし、バイアグラやレビトラと比べて効果が弱い傾向にあり、副作用もその分少ないです。

海外4剤

海外には先述した3剤以外にも、以下の4種類が販売されています。

  • アバナフィル(ステンドラ)
  • ウデナフィル(ザイデナ)
  • ミロデナフィル(エムヴィックス)
  • ロデナフィル(ヘレバ)

ただし、これら海外4剤は、日本国内での安全基準を満たしておらず、製造段階での衛生上のリスクがあります。また、流通経路の多くが個人輸入であり、偽物や粗悪品が混じっています。そのため、安全の保障が一切ない点には細心の注意が必要です。

厚生労働省も医師・薬剤師に向けて、処方目的での個人輸入について注意喚起をしています。

参考:厚生労働省「医師・歯科医師の方へ医薬品等の個人輸入についてのご注意」

ED治療薬の効果を種類ごとに徹底比較

ここでは、バイアグラ・レビトラ・シアリスの国内3剤について、ED治療薬の効果を以下の項目で徹底比較していきます。

  • 勃起力・硬さ(効果の強さ)
  • 持続時間
  • 即効性
  • 副作用
  • 食事による影響

それぞれの特徴を踏まえ、自分に合ったED治療薬を知りましょう。

勃起力・硬さ(効果の強さ)

  • 1位:レビトラ(最も強い)
  • 2位:バイアグラ(強い)
  • 3位:シアリス(控え目)

ED治療薬の中で最も効果が強い(勃起力・硬さ)のがレビトラとされています。次に効果が強いのがバイアグラで、最も効果が控え目なのがシアリスです。

効果の強さ(勃起力・硬さ)に違いがあるため、自分の症状にあわせてED治療薬を選べます。重度のEDの方には効果が強いレビトラやバイアグラが適しており、勃起のきっかけが必要な心因性EDの方には効果が控え目のシアリスが適しています。

持続時間

  • 1位:シアリス(24~36時間)
  • 2位:レビトラ(5~8時間)
  • 3位:バイアグラ(4~5時間)

持続時間の長いED治療薬は、タイミングを見計らずに服用できるため便利です。一方で、持続時間が短いED治療薬には、効果が短い分効果が残らない、副作用もすぐ治まるなどのメリットがあります。次の日の予定やライフスタイルなどにあわせて選ぶと良いでしょう。

即効性

  • 1位:レビトラ(15~30分)
  • 2位:バイアグラ(30~60分)
  • 3位:シアリス(1~3時間)

成分が水に溶けやすいかによって、効果が出るまでの時間に差が出ます。水に溶けやすいほど、身体へ吸収されるスピードも速くなります。服用してすぐに効果を得たい方は、レビトラやバイアグラがおすすめです。

副作用の少なさ

  • 1位:シアリス
  • 2位:レビトラ
  • 3位:バイアグラ

ED治療薬の中で最も副作用が少ないのがシアリスです。水に溶けにくい性質があるため、身体への吸収スピードが遅く、副作用が表れにくくなっています。ED治療薬の副作用の多くが血管拡張作用によるもので、薬の効果が切れるとともに副作用も落ち着きます。

食事による影響の少なさ

  • 1位:シアリス
  • 2位:レビトラ
  • 3位:バイアグラ

食事の影響を最も受けにくいのがシアリスです。しかし、どのED治療薬にもいえる話ですが、食事内容や食べる量によっては、得たい効果が出ないこともあります。そのため、どのED治療薬も空腹状態で服用することが推奨されています。

食後の服用については、胃の内容物が十分に消化され、空腹に近い状態になってからにしましょう。およそ2時間ほどが目安です。また、どのED治療薬も脂肪分との相性が悪いため、服用前はできるだけ脂質の少ない食事を摂るようにしましょう。

なお、ED治療薬の服用後に食事を摂っても良い時間の目安は、以下のとおりです。

  • レビトラ:30分後
  • バイアグラ:1時間後
  • シアリス:2時間後

ED治療薬の効果の比較一覧表

以下はED治療薬の効果の比較一覧表なので、自分に合った薬を探す際の参考にしてみてください。

 

バイアグラ

レビトラ

シアリス

勃起力・硬さ(効果の強さ)

強い

最も強い

控え目(自然な硬さの勃起)

持続時間

長い(4~5時間)

やや長い(5~8時間)

非常に長い(24~36時間)

即効性

高い(30~60分)

最も高い(15~30分)

やや低い(1~3時間)

副作用の少なさ

ほてり・頭痛・鼻づまりなど

ほてり・頭痛・鼻づまりなど

少ない

食事による影響の少なさ

受けやすい

やや受けにくい

受けにくい

ED治療薬が効果を発揮する仕組み

性的興奮を感じると、脳から指令が出されて男性器に信号が伝わります。これにより、cGMPという男性器の血管を拡張させる物質が放出され、血管が拡張して男性器の海綿体に血流が流れ込むことで勃起が起こります。

やがて性的興奮が治まるとPDE5という酵素がcGMPを分解して、勃起状態が収まります。しかし、EDの場合はPDE5が放出されている一方で、何らかの原因により勃起を促進するcGMPが少なくなっている状態です。

ED治療薬には、cGMPを分解するPDE5の作用を阻害して血流を促進させる働きがあるため、EDに効果を発揮するという仕組みです。

ED治療薬の保管方法

ED治療薬の効果を得るためには、適切に保管することが大切です。

以下のような場所で保管し、使用期限を過ぎたものは服用せずに捨てましょう。

  • 湿気の少ない場所
  • 直射日光の当たらない場所
  • 子どもの手が届かない場所

ED治療薬の効果が出ない場合に考えられる原因

EDの原因はさまざまですが、ED治療薬はどのような原因のEDにも効果を発揮する場合がほとんどです。とはいっても、正しく服用していない場合は効果を得られないこともあります。

ED治療薬の効果が出ない場合に考えられる最大の原因は、食事の影響です。先述のとおりですが、ED治療薬はできるだけ空腹状態で服用するようにしましょう。

また、EDの原因によっては、ED治療薬の効果が出ない場合もあります。たとえば、手術などで男性器につながる神経そのものや勃起を起こす海綿体組織を除去しているケースなどです。このようなケースでは、ED治療薬で血流を促進させても勃起を起こす組織がないため、EDを改善できません。ただし、ED治療薬によって改善できる場合もあるため、まずは専門の医師に相談してみましょう。

ED治療薬を服用する際の注意点

ED治療薬を服用する際の注意点は、以下のとおりです。

  • 用法・用量を守る
  • 個人輸入の通販サイトでは購入しない

それぞれ詳しくみていきましょう。

用法・用量を守る

ED治療薬を服用する際は、用法・用量を守ることが大切です。より高い効果を求めて自己判断で用量を増やしたり、飲み方を変えたりしてはいけません。

医師は患者の状態にあわせて薬を処方しているため、自己判断で用法・用量を変えるのは危険です。もし医師から処方されたED治療薬で十分な効果が感じられない場合は、再度医師と相談するようにしましょう。

個人輸入の通販サイトでは購入しない

ED治療薬を入手するためには医師による診察と処方が必要ですが、個人輸入の通販サイトでも購入可能です。個人輸入の通販サイトで販売されているED治療薬は、医師による処方と比べて安いため、利用したいと考える方も多いでしょう。

しかし、個人輸入の通販サイトで販売されているED治療薬には、偽物や粗悪品も混入しています。十分な効果が発揮されないだけでなく、重篤な副作用を引き起こす可能性まであります。安全にED治療薬を服用するためには、個人輸入の通販サイトでの購入は避け、きちんと医師からの処方を受けることが大切です。

EDを根本的に治療したいならWクリニックのモアノヴァ(MORENOVA)がおすすめ

引用元:メンズ美容専門Wクリニックオム公式HP

ED治療薬

価格(税込)

シアリス(20mg)

¥1,580円

シアリスジェネリック

タダラフィル(20mg)

¥1,340円

レビトラジェネリック

バルデナフィル(20mg)

¥1,340円

レビトラジェネリック

バルデナフィル(10mg)

¥940円

バイアグラ(50mg)

¥1,280円

バイアグラジェネリック

シルデナフィル(50mg)

¥1,000円

バイアグラジェネリック

シルデナフィル(25mg)

¥600円

バイアグラODフィルム(50mg)

¥770円

Wクリニックでは、以下の価格でED治療薬を処方してくれます。

ED治療薬は一時的に勃起状態をサポートするもので、根本的な改善にはつながりません。そのため、EDを根本的に治療したい場合は、Wクリニックのモアノヴァ(MORENOVA)がおすすめです。モアノヴァ(MORENOVA)は、椅子に座った状態で約15分間、軽い衝撃波を与えるだけの治療です。

特殊な衝撃波が男性器の全範囲で血管を刺激し、最終的に血管の新生へとつながります。これにより、ED治療薬による一時的な治療とは異なり、根本的なEDの改善が可能です。

痛みやダウンタイム、副作用はなく、施術後すぐに帰宅できます。モアノヴァ(MORENOVA)は、以下のような方におすすめの治療法です。

  • 持病(心疾患・脳疾患など)でED治療薬が飲めない
  • ED治療薬では効果が感じられない
  • ED治療薬の副作用が心配

根本的にEDを治療したい(薬は一時的)

施術料金は35,200円(税込)で、治療の流れは以下のとおりです。

  1. 初回:問診表記入 + 診察 + 照射(15分)+ 次回予約
  2. 2~6回目:照射(15分)+ 次回予約
  3. (施術後、問診票での症状確認)
  4. ご希望の方:電話診察(不安がある方のみ)

ED治療薬に関するよくある質問

ここでは、ED治療薬に関するよくある質問に答えていきます。

  • ED治療薬は先発薬とジェネリックで効果に差はありますか?
  • ED治療薬は飲み続けると効果が薄れていきますか?

それぞれについて詳しく解説します。

ED治療薬は先発薬とジェネリックで効果に差はありますか?

先発薬とジェネリック(後発薬)は薬の形状・大きさ・色などが違うだけで、効果や副作用に差はありません。

先発薬とジェネリック(後発薬)で異なるのは価格面です。ジェネリック(後発薬)は、新薬の特許が切れてから製造・販売される薬です。先発薬と比べて少ない開発費で済むため、ジェネリック(後発薬)は安い価格で提供されています。そのため、費用をできるだけ抑えたい方は、ジェネリック(後発薬)を選ぶと良いでしょう。

ED治療薬は飲み続けると効果が薄れていきますか?

ED治療薬は、身体の血管を拡張させ、特に男性器の海綿体への血流を促すことによって勃起状態をサポートする薬です。

一般的な薬は服用し続けると身体に耐性ができ、効果が薄れていくと考えられています。一方、ED治療薬は服用を継続することで血管がより一層健康になるため、飲み続けるほどEDを改善する効果が期待できるといえるでしょう。

まとめ

この記事では、ED治療薬の効果を種類ごとに徹底比較しました。それぞれ効果の強さや持続時間、即効性などが異なるため、自分に合ったED治療薬を服用することが大切です。

ED治療薬は食事による影響を受けやすいため、効果を十分に得たいなら空腹状態での服用を心がけましょう。また、個人輸入の通販サイトでは購入せず、用法・用量を守ったうえで医師から処方された薬を服用しましょう。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!