COLUMN

コラム

  • HOME
  • 育毛・発毛治療コラム

薄毛・AGA治療に効果はある?効果を実感するための方法やクリニックの選び方を解説

 薄毛・AGAの悩みを抱えている方の中には、治療しても本当に効果があるか不安な方もいるのではないでしょうか。

一昔前までは、多くの男性が悩みを抱える薄毛に治療法はなく、諦める方も多かったです。しかし、現在は「AGA(男性型脱毛症)」という名前が付き、原因とその対処法がわかってきています。そのため、薄毛・AGAは「隠すもの」から「治せるもの」へと認識が変わってきています。そんな薄毛・AGA治療なのですが、本当に効果はあるのでしょうか。

そこでこの記事では、薄毛・AGA治療の効果を実感するための方法や効果なしと感じてしまう原因について解説します。

薄毛・AGA治療に効果はある?

結論、薄毛・AGA治療には効果があります。2005年には厚生労働省によって初めてAGA治療薬が認可され、薄毛・AGAは治療できるものであるということが広く知られるようになりました。

また、2010年には「男性型脱毛症診療ガイドライン」が日本皮膚科学会によって公表されており、治療法も確立されています。薄毛・AGAに関する研究は日々進歩を続けており、今後もさらに新たな治療法や治療薬が開発されていくでしょう。

薄毛・AGA治療は、基本的に内服薬・外用薬の2種類で行います。

内服薬は薄毛・AGAの進行を遅らせるもので、デュタステリドやフィナステリドなどの薬があります。AGAは放っておくと薄毛が進行してしまいますが、これらの薬により薄毛・AGAの進行を止めることが可能です。

また、発毛を促進する外用薬のミノキシジルは、内服薬と併用されることが多くあります。ミノキシジルにより血流を改善し、髪の毛を生やすために必要な毛母細胞の分裂を活発にします。

さらに、AGA治療を受けられるクリニックでは、AGAを助長するような生活習慣を改善するための生活指導をしていることも多いです。

薄毛・AGA治療に効果なしと感じる原因

先述のように薄毛・AGA治療には効果がありますが、中には効果なしと感じてしまうこともあります。ここでは、薄毛・AGA治療に効果なしと感じる原因を紹介します。

  • AGA治療薬を適切に服用していない
  • 薄毛・AGA治療を開始して時間があまり経っていない
  • 薄毛・AGA治療の開始時期が遅い
  • 症状にAGA治療薬が合っていない
  • 初期脱毛で一時的に抜け毛が増えている
  • 低品質のAGA治療薬を使用している
  • AGA治療を継続しない
  • クリニック選びで失敗している

それぞれについて詳しく解説します。

AGA治療薬を適切に服用していない

薄毛・AGA治療に限った話ではありませんが、医薬品を服用する際は用法と容量を守ることが大切です。適切にAGA治療薬を服用していないと、本来得られる効果が出ないことがあります。

AGA治療で処方されるデュタステリドやフィナステリドは、1日1回服用推奨される内服薬です。どのタイミングで服用しても問題ありませんが、24時間空けて服用するのが望ましいとされています。

AGA治療薬の効果を実感するためにも、医師の指示通りに服用しましょう。

薄毛・AGA治療を開始して時間があまり経っていない

AGA治療薬は厚生労働省から発毛効果が認められていますが、治療を開始してからすぐに効果を感じられるわけではありません。そのため、薄毛・AGA治療を開始して時間があまり経っていない場合は、効果なしと感じるでしょう。

効果を感じるまでの期間に個人差はあるものの、早くても3ヶ月、基本的には半年以上かかります。薄毛・AGA治療の効果を実感するためには、根気強く継続して治療を続けましょう。

薄毛・AGA治療の開始時期が遅い

薄毛・AGAの症状が進行してしまっている場合、治療から回復までには時間がかかります。そのため、薄毛・AGA治療の開始時期が遅い場合、効果を実感できるまでに時間がかかることもあるでしょう。

以上のように、薄毛・AGAは早期の発見と治療が大切です。初期症状の段階で治療を開始した方が効果を早く得やすいため、治療の開始時期は早いに越したことはありません。

症状にAGA治療薬が合っていない

さまざまな種類のAGA治療薬があり、それぞれ期待できる効果は異なります。そのため、治療の目的や薄毛の状態によって、自分に合った治療薬を処方してもらうことが必要です。

基本的に医師の診察で自分に合った治療薬を処方してくれますが、要望や症状に合った治療薬が処方されていないと、効果がないと感じることもあるでしょう。

初期脱毛で一時的に抜け毛が増えている

AGA治療を開始して2週間から1ヶ月くらいは、一時的に抜け毛が増えてしまうことがあります。これは初期脱毛という症状で、2ヶ月も経てば落ち着くことがほとんどです。

薄毛・AGAの症状が悪化してしまったと、治療を中断したくなる方も多いでしょう。しかし、これは治療薬が効いているサインでもあります。とはいえ、2ヶ月が経過しても抜け毛が続く場合は、医師に相談しましょう。

低品質のAGA治療薬を使用している

AGA治療薬は医師による処方だけでなく、個人輸入の通販サイトからも入手できます。ただ、個人輸入の通販サイトから仕入れた治療薬は、「不純物が混ざっている」「有効成分が含有されていない」などの低品質のものが多いです。

思ったような効果が得られないだけでなく、重篤な副作用が起きるなど、健康被害を受ける危険性もあります。その場合は医薬品副作用救済制度を利用できないため注意が必要です。

AGA治療を継続しない

AGA治療は継続しないと、その効果を実感することはできません。AGA治療を中断すると、薄毛が進行したり、抜け毛が増えたりしてしまいます。

毛量が治療前と同じになる、もしくは減ってしまうため、後悔する声も多いです。そのため、自己判断でAGA治療を中断するのは避けましょう。

副作用が起きているのであれば、医師に相談して治療薬の種類を変えたり、配合量を調整したりすることが可能です。

クリニック選びで失敗している

AGA治療は先述のように継続することが大切なので、クリニックは慎重に選ぶ必要があります。単に知名度が高いからといってクリニックを選ぶようなことは避けましょう。

治療実績だけでなく、治療開始後に薄毛について相談しやすい環境かどうかも重要です。また、継続して通院できる価格帯かも重要でしょう。薄毛・AGA治療で後悔しないためのクリニックの選び方については、後ほど解説します。

薄毛・AGA治療は効果が出るまでにどれくらいかかる?

薄毛・AGA治療の効果が出るまでには、早くても3ヶ月、基本的には半年以上かかります。年齢や薄毛の症状によっても異なりますが、多くの方が1年以内に治療の効果を実感しています。

治療を開始してからの期間と治療経過は、以下のようなイメージです。

  • 1ヶ月:目立った変化はない
  • 2ヶ月:抜け毛の減少を感じる方もいる
  • 3ヶ月:髪質の変化や抜け毛の減少を実感できる
  • 4~5ヶ月:毛量が増加し始める
  • 6ヶ月から1年:発毛のピークが来て効果が安定する

薄毛・AGA治療で効果を実感するためには?

薄毛・AGA治療で効果を実感するためには、以下のポイントを意識するようにしましょう。

  • AGAクリニックで薄毛の適切な早期治療を受ける
  • 根気強くAGA治療を継続する
  • セルフケアも同時並行で行う
  • 複数のAGA治療を取り入れる

AGA治療以外でも、睡眠や食生活などの生活習慣を見直してみると良いでしょう。寝不足やバランスの悪い食事は血行不良を引き起こし、髪の毛や頭皮に必要な栄養が行き届かず、抜け毛が増えて薄毛が進行してしまうこともあります。

薄毛・AGA治療で効果が出ないときはどうすれば良い?

薄毛・AGA治療で効果が出ないときの対処法は、以下のとおりです。

  • 長期的な治療を見据える
  • 治療方法や治療薬を見直してみる
  • クリニックを変えてみる

それぞれ詳しくみていきましょう。

長期的な治療を見据える

AGA治療は即効性のない治療であるため、長期的に継続する必要があります。一般的には、最低でも半年以上の継続が必要です。

途中で治療を中断してしまうと、それまでの治療が無駄になってしまう可能性があります。そのため、長期的な治療を見据えたうえで治療を開始するようにしましょう。

治療方法や治療薬を見直してみる

薄毛・AGA治療を継続しても効果を実感できない場合は、治療方法や治療薬を見直してみましょう。薄毛・AGAを改善するためには、症状に適した治療方法・治療薬が必要です。

複数の治療薬を併用したり、治療方法を変えたりすることで、効率的に薄毛・AGAを改善できることもあります。対応可能な治療方法や治療薬はクリニックによって異なるため、場合によっては他のクリニックへの変更を検討してみても良いかもしれません。

クリニックを変えてみる

薄毛・AGAに対しては、症状や薄毛の状態に合った治療が肝心です。効果がないと感じる場合は、クリニックで受けている治療方法や処方された治療薬が自分に合っていない可能性があります。

AGA治療を受けられるクリニックでは無料カウンセリングが設けられていることが多いので、他のクリニックを受診してみると良いでしょう。

薄毛・AGA治療で後悔しないためのクリニックの選び方

薄毛・AGA治療で後悔しないためには、以下のポイントに注目してクリニックを選ぶのがおすすめです。

  • 治療内容を選べるか
  • 薄毛・AGA治療の実績
  • 継続して通院しやすいか

治療内容を選べるか

薄毛・AGAの治療にはさまざまな方法があり、症状や薄毛の状態に適した治療を受けることが大切です。そのため、治療内容が選べるクリニックで治療を受けることをおすすめします。

内服薬による治療以外にもさまざまな治療法があるため、気になるクリニックがある場合は、公式サイトなどで治療内容を確認してみると良いでしょう。

薄毛・AGA治療の実績

薄毛・AGA治療の実績も、クリニック選びにおいて大切なポイントです。薄毛・AGA治療を検討している方は、本当に効果があるのか不安に感じることもあるでしょう。

実際の治療内容や治療の流れ、治療期間などが明確なクリニックであれば、安心して受診できるのではないでしょうか。

継続して通院しやすいか

薄毛・AGA治療は長期的に継続することが大切なので、通院のしやすさも大切な要素です。自宅や職場からのアクセスだけでなく、無理なく支払いを続けられるか、医師との相性なども考慮しましょう。

知名度などだけで選んでしまい継続して通院できなくては、治療の効果を得られないので注意しましょう。

薄毛・AGA治療に関するよくある質問

ここまで薄毛・AGA治療の効果について詳しく解説してきました。ここでは、薄毛・AGA治療に関するよくある質問を紹介します。

薄毛・AGA治療の効果が出るまで早い人の特徴は?

大前提、薄毛・AGA治療の効果が出るまでの期間には個人差があります。ただ、効果が出るまで早い人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 早期から薄毛・AGAの治療を開始している
  • 治療薬の用法・容量を守って服用している
  • 自分の症状に適した治療を受けている
  • 複数の治療を組み合わせて受けている

薄毛・AGA治療は一生継続する必要がある?

AGAというのは、完治するものではありません。また、放置しても自然治癒することはありません。

ただし、完治することはないものの、薄毛・AGA治療を継続することで、抜け毛を減らしたり、発毛させたりすることが可能です。治療方法を変えたり、治療薬を調整したりしながら、長期間継続する必要があります。

とはいっても、薄毛・AGA治療を一生継続する必要があるというわけではありません。「薄毛・抜け毛を予防したい」「発毛して髪の毛をふさふさにしたい」など、治療の目標や目的を決めてから、薄毛・AGA治療を開始しましょう。

まとめ

厚生労働省がAGAの治療薬の効果を認めたように、薄毛・AGA治療には効果があります。ただし、治療薬を適切に服用しなかった場合や、治療を継続せずに自己判断で中断してしまった場合は、効果を実感できないでしょう。

薄毛・AGA治療の効果を実感するためには、自分の症状に合った治療を受けることが大切です。もしAGA治療を長期的に継続しているのに効果を実感できないのであれば、他のクリニックを受診することを検討してみてください。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!