ALLERGY

金属アレルギー

金属アレルギーとは

原因となる金属が皮膚や粘膜と接触することによって炎症性病変を発症する病気です。
原因となる金属に触れることから「接触皮膚炎」として発症します。難治性のニキビや湿疹の原因に、金属アレルギーが隠れていることもあります。

金属アレルギーの治療を行う際には、原因となりうる金属や日用品を特定し、使用を控えるか、接触を避けるように工夫をすることが重要です。

金属アレルギーの原因

原因となる金属として主に、ニッケルやコバルト、クロムなどがあります。
すべての人がこうした金属に対して反応するわけではありません。
ニッケルやコバルト、クロムなどは、ピアスやネックレス、指輪、ベルトなどのアクセサリー類、時計、革製品、化粧品、歯科治療の金属の被せものに至るまで、あらゆるものに金属が含まれています。
また、汗をかいて接触することでイオン化しやすいものも多いため、汗をかいた状態を放置することで金属アレルギーが誘発されやすくなります。

金属アレルギーの原因

原因となる金属が皮膚に接触すると、赤みやブツブツ、腫れやかゆみなどの「接触皮膚炎」で発症します。
その部位を掻いてしまうと、皮膚周囲にも炎症が広がることがあります。
炎症が強い場合、水ぶくれができることもあり、発熱や全身倦怠感などの全身症状が発症することがあります。
細菌感染が合併してしまうと、膿がでたり、痛みや発赤が強くなったりするなどの症状がみられます。

金属アレルギーの治療方法

金属アレルギー:パッチテスト

金属アレルギーは、Ⅳ型アレルギーと呼ばれるアレルギーが原因として発症します。
確認するために、パッチテストと呼ばれる検査が行われます。
パッチテストでは、原因が疑われる金属を皮膚に2日間貼り、皮膚変化を観察し、結果判定を行います。
金属アレルギーである場合には、原因となる金属に一致して皮膚の炎症反応(赤みや腫れなど)が確認できます。

内服治療・外用薬の処方

皮膚の炎症を抑えるために、ステロイド軟膏を使用します。
炎症の程度が広く強い場合には内服薬が適応になります。
金属アレルギーでは、痒みを伴うことも多いため、抗ヒスタミン薬などのかゆみ止めを使用することもあります。

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!

Clinic Information

住所〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地1丁目7-30
北新地ビル2~4階
電話番号06-6710-9690
最寄出口JR北新地駅【F92出口】から徒歩2分
大阪メトロ東梅田駅から徒歩4分
診療時間2022年7月5日 OPEN
10:00〜19:00

※お車でご来院の患者様へ
提携駐車場はございません。
近隣の有料駐車場への駐車をお願い致します。