COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

エクソソーム治療はどこで受けられる?効果や施術を受けられるクリニックも紹介!

若返り効果があると話題の「エクソソーム治療」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。エクソソーム治療は、美容医療や再生医療、各種免疫療法などの各分野において注目を集めています。

しかし、エクソソーム治療はどこで受けられるのか知らない方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、エクソソーム治療の施術を受けられるクリニックやエクソソームの効果について解説していきます。エクソソームの若返り効果に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

エクソソーム治療とは?

まずエクソソームとは、核を持つ細胞の中に存在する多胞体から分泌される細胞外小胞のことです。通常は細胞の外を行き来しています。その直径は50〜15nmと、極小の顆粒状小器官です。

エクソソームの表面は細胞膜によって覆われており、その内部には核酸(マイクロRNA、DNA、メッセンジャーRNAなど)やたんぱく質などが含まれます。私たちの体内に存在する細胞は生命に必要な機能を維持するために存在していますが、エクソソームはその中で細胞同士の情報伝達を担っています。

そして、体内に存在する間葉系幹細胞を培養する際に生成される上澄み液から単離したエクソソームを用いるのが、エクソソーム療法です。若返り効果や細胞組織・神経を修復する効果などがあると注目されています。エクソソームの効果については後ほど詳しく解説するので、このまま読み進めてください。

エクソソーム治療はどこで受けられる?

エクソソーム治療はさまざまな病院で提供されていますが、主に以下のクリニック・病院で受けられます。

  • 美容クリニック
  • 再生医療病院
  • 整形外科のある病院

特に美容クリニックや整形外科のある病院で受けられることが多いです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

美容クリニック

エクソソーム治療を受けるのに1番おすすめなのが、美容クリニックです。美容クリニックでは、特に治療が必要な症状がない場合でも、気軽にカウンセリング・施術を受けられます。

美容クリニックのエクソソーム治療では、若返り効果といった美容への効果だけでなく、全身の健康をサポートする効果も得られます。そのため、老若男女問わずエクソソーム治療で悩みを解決できるのが美容クリニックの特徴です。

再生医療病院

再生医療病院とは、幹細胞(エクソソーム)などを用いた再生医療が受けられる病院のことです。失われた、もしくは損傷した組織を再生するための治療が提供されており、人体の再生能力を活かして身体を修復します。

エクソソームの再生医療は、エクソソームを用いて身体を再生・修復するものです。まだ研究が進められている段階ではあるものの、さまざまな疾患の新たな治療法として期待されており、がんの早期発見・早期治療にも応用できるのではないかといわれています。

整形外科のある病院

整形外科のある病院でもエクソソーム治療を受けられます。ただし、全ての整形外科のある病院で受けられるわけではないため、公式サイトなどで施術メニューをしっかりと確認する必要があります。

整形外科のある病院では、主に関節症などの治療を受けられることが多いです。そのため、関節症などの症状がない場合は、エクソソーム治療を受けることは厳しいでしょう。

エクソソームの効果

エクソソームには、さまざまな効果が期待されています。エクソソームの主な効果は、以下のとおりです。

  • 細胞組織・神経を修復する
  • コラーゲンやエスラチンの生成を促進する
  • 抗炎症・抗アレルギー・免疫調整作用がある
  • 毛髪の再生を促す
  • 肌のターンオーバーを促進する
  • 疲労回復・健康維持に役立つ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

細胞組織・神経を修復する

エクソソームの効果の中でも注目されているのが、細胞組織・神経を修復する効果です。

幹細胞(エクソソーム)は、ほかの細胞にも分化できる特殊な細胞で、その能力を活かして損傷した組織や細胞を修復できる可能性があります。

具体的に期待できる効果として、以下の2つが挙げられます。

  • 組織(筋肉・内蔵・末梢神経など)の損傷した患部を修復する
  • 損傷した組織の細胞分裂を活性化し、細胞再生力を向上させ、機能を回復させる

コラーゲンやエスラチンの生成を促進する

エクソソームには、線維芽細胞という細胞に作用し、コラーゲンやエスラチンの生成を促進する効果が確認されています。

コラーゲンは肌にしなやかさと丈夫さをもたらし、潤いを与えます。また、エスラチンはコラーゲン同士を結び付け、肌の弾力性を支えます。

そのため、エクソソームによりコラーゲンやエスラチンの生成が促進されることで、美肌効果が期待できるでしょう。

抗炎症・抗アレルギー・免疫調整作用がある

エクソソームには、抗炎症・抗アレルギー・免疫調整作用が期待できます。アトピー性皮膚炎の治療でその効果が確認されており、免疫機能を調整することでアレルギー反応や炎症を抑制します。

医療分野において、難治性の疾患に対する新たな治療法として期待を寄せられるほどです。抗炎症・抗アレルギー・免疫調整作用の効果により、肌トラブルや炎症を抑え、肌の調子を良くする効果が期待できるでしょう。

毛髪の再生を促す

エクソソームには、毛髪の再生を促したり、薄毛の進行を遅らせたりする効果が期待されています。

通常のAGA治療のように直接毛根に栄養を行き届かせるのではなく、エクソソームが毛髪の育成に必要な情報を毛根まで伝達する仕組みです。

また、毛髪の再生を支える成分を毛根へと供給する役割も担っています。エクソソームが毛包細胞を増殖・分化させるため、毛髪の発育に効果的です。

これらの効果から、AGA治療や薄毛対策においてエクソソームの活用が進んでいます。

肌のターンオーバーを促進する

エクソソームには、肌のターンオーバーを促進する効果が期待されています。肌のターンオーバーとは、皮膚や肌細胞の生まれ変わりのことです。

肌のターンオーバーが促進されると、肌全般のトラブルが改善されることにつながります。エクソソームは肌と皮膚全体のターンオーバーへアプローチ可能なので、肌関連の悩み全体にアプローチできます。

疲労回復・健康維持に役立つ

エクソソームには、疲労回復・健康維持への効果も期待されています。エクソソームの特性として、細胞間を行き来する能力が挙げられます。

エクソソームがある部位に塗布されると、その部位に限らず、全身の細胞が活性化されるのが特徴です。特に点滴で身体全体にエクソソームを取り入れた場合、全身の細胞が活発になり、結果として疲労回復が見込めます。

また、エクソソームには血管の新生を促進する作用もあるため、身体だけでなく脳へのアプローチも可能です。これにより、「回復が遅い」「疲れやすい」といった加齢による悩みも改善が見込めるでしょう。

エクソソーム治療の種類

エクソソーム治療は、培養元の幹細胞を摂取する場所によって、以下の4種類に分類されます。

  • 脂肪由来のエクソソーム
  • 骨髄由来のエクソソーム
  • 臍帯由来のエクソソーム
  • 歯髄由来のエクソソーム

由来する幹細胞の種類ごとに、効果を得られる領域が異なることが研究でわかっています。エクソソーム治療で高い効果を得るためには、どの幹細胞由来のエクソソームを用いるかが重要です。

脂肪由来のエクソソーム

脂肪由来のエクソソームは多くの研究がなされており、4種類の中で一番論文数が多いです。脂肪由来のエクソソームは、美容や再生医療(AGA)の分野における効果が注目されています。

日本で販売されている脂肪由来幹細胞上清の培養元となる幹細胞は、主に欧米の検体ラボから購入されたものです。

それらのドナーは国籍不明の外国人であるため、エクソソームを採取した経路がわからず、安全性を確保しづらい傾向にある点には注意しましょう。

骨髄由来のエクソソーム

骨髄由来のエクソソームは、人間の骨の中心部に存在する骨髄から培養したものです。主に脊髄損傷による機能障害や血液神経症状、疾患の治療に用いられます。

骨髄から幹細胞を取り出すときには痛みが生じ、採取が難しいことから、厚生労働省は使用法についてのガイドラインを発表しています。

臍帯由来のエクソソーム

臍帯由来のエクソソームの特徴は、疲労回復や強い抗炎症作用に効果が期待できる点です。ただ、脂肪由来のものと同じく、採取経路がわからず、安全性を確保しづらい傾向にあります。

現在日本では、韓国製の製剤が多く流通しています。

歯髄由来のエクソソーム

「歯髄由来のエクソソーム」は有効性が多岐に渡り、4種類のエクソソームの中でも簡単に採取でき、安全性が高い成分です。歯髄細胞は、歯の中心部分を通っている歯の神経のことです。

歯髄細胞は歯の硬い層に守られているため、遺伝子が損傷しづらく、活発に活動していて、癌になりづらい良質な幹細胞を多く含んでいます。

また、脂肪や骨髄からの採取と比較して、患者やドナーへのリスクや身体的負担が小さく、手軽で安全に採取できるのがメリットです。

ただし、歯髄由来幹細胞は、年齢に伴い急速に減少する傾向があります。そのため、「若いときの親知らず」や「乳歯」など、できるだけ若い細胞から採取が必要な点は難点です。

エクソソーム治療を受けるクリニックの選び方

エクソソーム治療を受ける際は、クリニック選びが大切です。エクソソーム治療を受けるクリニックの選び方は、以下のとおりです。

  • エクソソーム製剤の品質で選ぶ
  • 費用で選ぶ
  • 通院のしやすさで選ぶ

エクソソーム製剤の品質で選ぶ

エクソソーム製剤の品質によって、実感できる効果が大きく左右されます。そのため、十分な効果を得るためには、エクソソーム製剤の品質がとても重要です。

品質の低いエクソソーム製剤には、不純物が含まれている可能性があり、効果も薄れてしまいます。クリニックを選ぶ際は、安全性の高いエクソソームを使用ているか確認することが大切です。

また、どの幹細胞に由来するエクソソームを使用しているかについても、公式サイトやカウンセリングなどで確認するようにしましょう。

費用で選ぶ

エクソソーム治療のデメリットとして、保険が適用されず、自由診療になってしまう点が挙げられます。また、エクソソームの製造には高度な技術が必要なことから、エクソソーム治療の費用が高額になりがちです。

エクソソーム治療の費用相場は1回あたり5~30万円と、クリニックによってばらつきがあります。料金体系や治療にかかる総額をしっかりと確認したうえで、納得できる費用のクリニックを選びましょう。

通院のしやすさで選ぶ

エクソソーム治療は、数回継続して受けることで効果を実感できるものです。そのため、クリニックへ何回か通院する必要があり、クリニックの立地やアクセスが大切です。

自宅や職場から近いなど、通院のしやすさも意識してクリニックを選びましょう。

エクソソーム治療はWクリニックで受けるのがおすすめ

引用元:Wクリニック公式HP

エクソソーム治療を受けるなら、Wクリニックで受けるのがおすすめです。ここでは、Wクリニックのおすすめポイントについて解説します。

エクソソームの品質

エクソソームの品質は、その「濃さ」が重要です。従来の高濃度エクソソームといわれている製品は、1ccの中に約50億個のエクソソームが含まれています。

それに対して、Wクリニックのエクソソームは、1ccあたりの含有量500億個を保証しています。さらに、エクソソームプレミアムには、1,000億個~1兆個までのエクソソームが含まれており、超高濃度な製品となっている点が魅力です。

エクソソームの種類と高い安全性

Wクリニックで使用されているエクソソーム(幹細胞培養上清液)は、臍帯由来、歯髄由来、脂肪由来の3種類です。この中から治療で得たい効果に応じて、高品質なエクソソームを選べます。

また、ドナーの国籍や年齢、性別などがしっかりと記録された安全性の高い幹細胞が使用されており、副作用が報告された事例はありません。

Wクリニックでは、動物由来の幹細胞は一切使用されておらず、全てがヒト由来のエクソソーム成分となっています。幹細胞を採取するドナーは全て健康な日本人女性で、国内で生産されています。

目的に応じて選べる施術方法

Wクリニックでは、治療の目的に応じて、使用するエクソソームの種類と施術方法を選べます。

以下は、Wクリニックの豊富な施術方法の一覧です。

治療の目的 施術方法
細胞再生

・エクソソーム点滴/注射
・エクソソーム点鼻
・エクソソーム吸入療法

肌再生

・水光注射
・ダーマペン4
・ポテンツァ
・ハンドテクニック(手打ち式)

毛髪再生

・メソガン
・メソセラピー

料金表

Wクリニックのエクソソーム治療は、以下の料金で受けられます。

高濃度エクソソーム

脂肪由来・歯髄由来・臍帯由来(ウォートンジェリー)

・各100億個:お試し ¥38,500
・各500億個:初回 ¥66,000、1回 ¥88,000

高濃度エクソソームプレミアム
脂肪由来・歯髄由来・臍帯由来(ウォートンジェリー)

・各1,000億個:1回 ¥123,200
・各5,000億個:1回 ¥385,000
・各1兆個:1回 ¥660,000

高濃度エクソソーム超プレミアム
脂肪由来・歯髄由来・臍帯由来(ウォートンジェリー)

全カクテル(各1,000億個+500種類以上成長因子含有):1回 ¥330,000

まとめ

この記事では、エクソソーム治療はどこで受けられるの課について解説しました。エクソソームは、再生医療や美容医療などの各分野でさまざまな効果が期待されている成分です。

美容や健康面で何かしらの悩みを抱えている方は、エクソソーム治療を検討してみても良いかもしれません。エクソソーム治療を受けるなら、Wクリニックがおすすめです。WEBやLINEから初診予約が可能なので、気になる方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!