FACE

ウルトラセルQ+

RECOMMENDこのような方におすすめです

  • 顔全体のたるみが気になる
  • たるみを改善して小顔になりたい
  • ダウンタイムのある手術はしたくない
  • 縦穴のたるみ毛穴が目立つ

ウルトラセルQ+とは

ウルトラセルHIFUは、これまでフェイスリフトなどの外科手術でしか治療できなかった皮膚の一番深いSMAS層からリフトアップできる、たるみ専用のレーザー治療です。
HIFU(高密度焦点式超音波)という特殊な超音波テクノロジーを照射するので、術後の赤みや腫れもほとんどなく、気になるたるみを強力にリフトアップすることが可能です。
お顔のハリはなくなってきたという軽い初期たるみにはもちろん、深刻な顔全体のたるみの改善にも効果大です。
また従来のウルトラセルよりも、施術時間が1/3と早く済むため、お忙しい方にも最適です。

引き上げレベルは2段階と3段階の
2種類があります。

スタンダード
(2ステップ照射)
一番深いSMAS層と、真皮層への照射を行います。

真皮→たるみの改善
表情筋層→より効果的な引き締め効果
トータル
レイヤード
セラピー
(3ステップ照射)
一番深いSMAS層と、真皮層と、浅い表皮層への照射を行います。

表皮→小じわや毛穴に効果的
真皮→たるみの改善
表情筋層→より効果的な引き締め効果

照射するスピードがアップしました!

今までのウルトラセルに比べ、照射スピードが速くなったのが特徴です。
従来の1/3の時間で終了することができます。
他の機器と比べてもショットスピードが非常に短くなりました。
これはウルトラセルQ+の最も特化した機能で、気になる痛みも同時に軽減されます。

麻酔は不要!最小限の痛みで
治療が楽になりました。

従来のたるみ治療マシンは、施術時の痛みが強いのが特徴で、継続が難しいケースがありました。
ウルトラセルQ+は、そのデメリットを改善し、痛みを大幅に改善することができました。
痛みの感じ方には個人差がございますが、熱感を感じる事がありますが、麻酔は不要です。

施術時間40分ほどで終了します。
麻酔麻酔は行いません。麻酔クリームやテープは表皮麻酔のため、皮膚の深い所をターゲットにしているウルトラセルには適していません。我慢できないほどの痛みはありませんが、部分によっては熱さを感じる事がございます。
腫れ・傷跡腫れや傷跡はありません。直後はレーザー特有のほてりが出ますがすぐに引いていきます。
通院ペース3~4ヶ月あけて頂くと次回の照射が可能です。
お薬なし。
洗顔・シャワー・
入浴・スキンケア
当日より可能。
備考レーザー照射後は乾燥するので、しっかりと保湿をしてください。

エラーズハイフ(ウルトラセルQ+リニア)

RECOMMENDこのような方におすすめです

  • 二重あごを改善したい
  • フェイスラインのたるみやもたつきを解消したい
  • 脂肪吸引や注入治療以外であご下の脂肪を減らしたい
  • フェイスリフト手術後のアフターケアとして、さらにあご下を改善したい

エラーズハイフ
(ウルトラセルQ+リニア)とは

エラーズハイフ(ウルトラセルQ+リニア)は、ウルトラセルQ+からの新治療で、新型リニア(線状照射)ヘッドが導入され、「脂肪溶解」を目的として二重あごやフェイスラインのもたつきなどに効果が期待できます。
エラーズハイフ(ウルトラセルQ+リニア)は、短時間の施術で即効性に優れています。
施術直後から小顔効果が実感できる画期的な治療法です。
痛みも少なく、施術直後から洗顔やスキンケアが可能で、ダウンタイムが非常に少ないのも特徴です。

施術時間10~15分ほどで終了します。
麻酔麻酔は基本的には行いません。麻酔クリームやテープは表皮麻酔のため、皮膚の深い所をターゲットにしているウルトラセルには適していません。我慢できないほどの痛みはありませんが、部分によっては熱さを感じる事がございます。
腫れ・傷跡腫れや傷跡はありません。直後はレーザー特有のほてりが出ますがすぐに引いていきます。
通院ペースまずは3回の照射をおすすめします。2週間期間をあけて頂くと次回の照射が可能です。
お薬なし。
洗顔・シャワー・
入浴・スキンケア
当日より可能。
備考レーザー照射後は乾燥するので、しっかりと保湿をしてください。