COLUMN

コラム

  • HOME
  • ED治療コラム

「妻だけED」とは?妻にだけ勃起しない原因や改善する方法について徹底解説!

「オナニーでは勃起するのに、なぜか妻との性行為では勃起しない」と悩んでいる男性の方もいるのではないでしょうか。このような「妻だけED」には夫婦仲を悪化させる危険性があります。

この記事では、妻にだけ勃起しない原因と妻だけEDを改善する方法について徹底解説します。離婚問題など大ごとになる前に、この記事を確認しておきましょう。

勃起力の低下が気になるならWクリニックオムのED治療がおすすめ

「ED薬を使用しているがいまだに効果を感じられていない」「薬に頼らずに根本的にED治療をしたい」と悩んでいてAGA治療に興味がある方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがWクリニックオムのMORENOVA(モアノヴァ)です。モアノヴァは、衝撃波を与えて勃起障害を改善するED治療専用装置です。そんなモアノヴァの特徴は以下のとおりです。

  • 非侵襲性で痛みがない
  • ダウンタイムがない
  • 治療時間約15分
  • 副作用が出ない

モアノヴァは副作用が出ないため、ED治療薬の副作用が心配でED治療を始められていない方におすすめです。また、持病(心疾患・脳疾患など)でED薬が飲めない方でもモアノヴァであれば治療可能です。

モアノヴァは痛みがないため、麻酔をせずに治療を受けられます。治療で難しい操作はなく、セルフで治療を受けることができるので、プライバシー面が気になる方でも気軽に治療を受けられます。

併用禁忌がなく、内服薬と併用して治療を受けることもできます。Wクリニックオムでは、シアリス、レトビラジェネリック、バイアグラの3種類のED内服薬を用意しており、治療を併用して早く効果を感じたいという方に最適です。Wクリニックオムで取り揃えているED内服薬の特徴は以下のとおりです。

 

 

シアリス

レトビラジェネリック

バイアグラ

シアリス

効果が長くマイルドに続く

即効性があり効果が強い

効果が強くすぐに効果が出る

効果の特徴

自然な硬さの勃起が続く

強い

強い

副作用

少ない(出にくい)

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり など

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり など

 

適切にED治療を受けて勃起改善をすることで、パートナーとの関係性が良くなり、自信を持てるようになるでしょう。人生をさらに楽しくし、謳歌したいという方は、ぜひWクリニックオムのED治療をお試しください。

大阪心斎橋のWメンズクリニックのED治療の詳細はこちら

妻にだけ勃起しない「妻だけED」とは?

まずED(勃起不全)とは、性行為で十分な勃起ができない、もしくは勃起した状態を維持できない症状を指します。

その中でも「妻だけED」とは、妻にだけ勃起しない症状のことです。AVや浮気相手との性行為では正常な勃起が可能ですが、妻との性行為では体が反応しなくなっています。

妻だけEDは基本的に「心因性ED」に分類される

妻だけEDは基本的に「心因性ED」に分類されるといわれています。妻以外の相手やAVなどのポルノコンテンツに対しては勃起することから、勃起機能自体には問題がないと推測できるためです。

心因性EDの原因は、心理的・精神的な要因で性的興奮を感じられなくなっていることです。たとえば、妻との性行為がマンネリ化して興奮しずらくなっていることが考えられます。この状態では、勃起機能が正常でも妻と性行為ができなくなってしまいます。

妻だけEDではなく「器質性ED」「薬剤性ED」の可能性もある

ただし、妻に対して勃起しない悩みがすべて心因性EDによるものであるとは限りません。妻だけEDではなく「器質性ED」「薬剤性ED」の可能性もあります。

器質性EDは神経・血管系に問題があるなど、身体的な要因で発症するタイプのEDです。また、薬剤性EDは薬の副作用により発症します。

妻とだけしか性行為をしない場合、これらのEDを妻だけEDであると誤認してしまうケースが考えられます。EDの種類によって必要な対処が異なるため、本当に心因性EDなのか注意が必要です。

妻だけEDは離婚問題にもつながる

妻だけEDになると、夫婦間で性行為をすることがなくなり、レスに陥ってしまう可能性があります。EDの発症は性的興奮・性欲・満足度の低下につながることが判明しており、パートナーとの性生活において重大な影響が生じます。

「性生活」と「夫婦関係の満足度」は大きく関連しており、これは夫婦間のコミュニケーションが減少し、関係が悪化することが原因の1つです。夫婦仲を保つためにレスは無視できない要素であり、妻だけEDは離婚問題にもつながりかねない点に注意する必要があります。

妻だけEDの割合

妻だけEDにあてはまる男性の割合はどのくらいなのでしょうか。

既婚男性250名を対象とした調査によると、全体の76.8%が結婚した後に勃起力の衰えを感じているようです。年代別の割合については、以下の表を参考にしてみてください。

年代 勃起力の衰えを感じている割合
20代 53.3%
30代 72.9%
40代 79.2%
50代 80.7%

以上の表からわかるとおり、妻だけEDは既婚者男性にとって他人事ではありません。特に30代以降は注意しましょう。

参照元:ユナイテッドクリニック「結婚してから勃起力は衰えた?~既婚男性250名にアンケート調査~」

妻にだけ勃起しない原因

妻にだけ勃起しない原因として、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 性行為がマンネリ化している
  • 妊活などで性行為が義務になっている
  • 妻に対して性的興奮を感じなくなっている
  • 精神的に負担を感じる
  • 過去の失敗がプレッシャーになっている
  • 妻に性行為を拒絶されている
  • 性的趣向が合っていない

それぞれについて詳しく解説します。

性行為がマンネリ化している

妻だけEDの大きな原因として、性行為のマンネリ化が挙げられます。結婚してから時間が経つと、マンネリ化で勃起しづらくなる男性の数が増えます。なぜなら、性行為で得られる性的刺激・性的興奮が少なくなってしまうためです。

よくあるのが「性行為の流れがパターン化することで、パートナーの反応や次の行動が読めるようになってしまい、性的興奮を感じにくくなる」ケースです。ときには流れ作業のように性行為を済ませてしまうこともあるでしょう。ある程度仕方のない側面もありますが、新鮮さを保つための工夫は必要です。

妊活などで性行為が義務になっている

これは妊活中の夫婦において多くみられます。

妊娠の確率を少しでも上げるために、性行為のタイミングをあらかじめ決めておく夫婦も多いです。このように性行為が義務になっていると、ストレスを感じる男性もいます。

また、勃起・射精を要求されるのをプレッシャーに感じる男性も少なくありません。男性の勃起には、リラックス状態で働く副交感神経が関係しています。

しかし、義務化によりストレスやプレッシャーを感じると交感神経が優位に働くため、勃起しづらくなってしまいます。男性の勃起は非常にデリケートな生理現象です。

妻に対して性的興奮を感じなくなっている

妻に対して性的興奮を感じなくなっていることも妻だけEDの原因です。出産などによる妻の体形変化を機に、妻に対して性的興奮を感じにくくなる男性も多くいます。

男性が妻の体形変化を受け入れるべきなのはもちろんですが、性的趣向を自分の意思でコントロールするのは難しい側面があります。

ただし、妻に対して性的興奮を感じなくなったからといって、愛情が無くなったというわけではありません。妻への性欲と愛情は別物であることを理解しましょう。

精神的に負担を感じる

性生活は円滑な夫婦関係を維持するために必要な営みではあるものの、妻との性行為が精神的な負担になっている場合は、勃起しづらくなってしまいます。これは、交感神経が優位に働くことで血管が収縮し、血流が悪化するためです。

以下のような状況では、妻だけEDに陥りやすいです。

  • 互いの愛情が薄くなっている
  • 妻との関係性が悪化している
  • 男性として意識されていないと感じる

過去の失敗がプレッシャーになっている

過去の失敗がプレッシャーになることで妻だけEDになることもあります。たとえば、過去に「下手」「しっかりして」といわれたり、仕事のストレスで勃起しなかったりした経験などが該当します。

性行為が始まっても「また失敗したらどうしよう」などと考えてしまい、交感神経が優位に働き、勃起しづらくなってしまうのです。ここで焦ってしまうと、さらに事態が悪化する可能性もあります。

妻に性行為を拒絶されている

妻に性行為を拒絶されている場合も妻だけEDの原因になります。男性としてのプライドが傷付き、自信を喪失してしまうためです。

また、再び性行為を誘う際に「今回も断られたらどうしよう」と不安が頭をよぎるのも原因です。とはいえ、性行為をしたくないという妻に無理強いするのは良くありません。

もし何度か性行為を拒絶されても、深く考え込まないようにしましょう。妻側も夫を傷付けないような工夫をするのがベストです。

性的趣向が合っていない

夫が特殊な性的趣向を持っている場合も妻だけEDになる可能性があります。夫婦で性的趣向が合っていないと、性行為で十分な性的な満足感を感じられないためです。

最悪の場合、妻を性的対象として見れなくなることも考えられます。中には、夫が望む特殊プレイを妻が受け入れられないケースなどが存在します。夫婦でしっかりとコミュニケーションを取り、お互いの妥協点を模索することが大切です。

妻だけEDを改善する方法

妻だけEDを放置していると、夫婦関係にひびが入る恐れもあります。ここでは、妻だけEDを改善する方法について解説します。妻だけEDを改善する方法は以下のとおりです。

  • 夫婦間で十分にコミュニケーションを取る
  • 性行為の環境を変えてみる
  • イメチェンをする
  • 外でデートをする
  • カウンセリングを受ける
  • ED治療薬を服用する

それぞれ詳しくみていきましょう。

夫婦間で十分にコミュニケーションを取る

妻だけEDの自覚があるのであれば、それを妻に伝え、夫婦間で十分にコミュニケーションを取るようにしましょう。

悩みを共有してお互いに理解を深めるだけでも、問題が解決することもあります。これは、妻が妻だけEDであることを受け止めてくれ、気持ちが軽くなって勃起しやすくなることが考えられるためです。

また、夫婦で妻だけEDについて話し合うことで、具体的な解決策を考えられるようになります。以下で紹介する方法を参考にしつつ、夫婦間で十分にコミュニケーションを取ってみてください。

性行為の環境を変えてみる

性行為の環境を変えてみるのも1つの手です。普段とは異なる環境で性行為に及ぶことで、性的興奮を感じやすくなります。

具体的にはホテルの利用が挙げられます。いつもとは違う雰囲気を感じることができ、性行為の満足度が向上するでしょう。

ホテルの利用が難しい場合は、寝室以外の部屋で性行為をすると非日常感を味わえます。また、「毎回夜に性行為をする」とルーティン化するのではなく、たまには性行為をする時間帯を変えてみるのもおすすめです。

イメチェンをする

妻に性的興奮を感じなくなったときは、イメチェンしてもらうのも良いでしょう。男性は性行為において視覚情報を重視しがちであるため、妻のルックスが変化すると性的興奮を感じられるようになることがあります。

具体的には以下のようなイメチェンが挙げられます。夫婦の両方が楽しめる方法でイメチェンに挑戦してみましょう。

  • メイクをする
  • 髪型を変える
  • コスプレをする

外でデートをする

インディアナ大学が実施した研究では、外でデートをした後に性行為をすると、レス改善に効果がみられることがわかっています。

おしゃれな格好で食事や散歩を楽しむことで、以前恋人だったときのことを思い出せるでしょう。素敵な時間を共にして、ロマンチックな雰囲気の中で性行為に及べます。

外でデートをする際のポイントは、できるだけ家族の話を避けることです。お互いのことだけを意識し、恋人気分になれるよう努めるようにしましょう。

カウンセリングを受ける

夫婦でカウンセリングを受けるのも1つの手です。夫婦で受けるカウンセリングでは、夫婦間の問題にアプローチします。

具体的には、夫婦関係やレスなどの性の問題などについて相談可能です。専門家によるカウンセリングのもと、第3者からの意見を参考に落ち着いて問題について話し合えます。

夫婦で妻だけEDの問題を共有していない場合は、片方だけがカウンセリングを受けることも可能です。

ED治療薬を服用する

ED治療薬は正常な勃起状態をサポートしてくれる薬です。ED治療薬には血流を促進する作用があり、性的興奮を感じた際に十分な血液が男性器に流れ込むのを補助してくれます。

ただし、性的興奮を感じていなければ勃起することはないため、ED治療薬だけで心因性EDである妻だけEDを解消するのは難しいです。そのため、夫婦で一丸となってここまで紹介した方法を試しつつ、その補助としてED治療薬を取り入れるのが良いでしょう。

なお、日本で認可されているED治療薬は以下の3種類のみで、それぞれ以下のような違いがあります。

 

バイアグラ

レビトラジェネリック

シアリス

勃起力・硬さ(効果の強さ)

強い

最も強い

控え目(自然な硬さの勃起)

持続時間

長い(4~5時間)

やや長い(5~8時間)

非常に長い(24~36時間)

即効性

高い(30~60分)

最も高い(15~30分)

やや低い(1~3時間)

副作用の少なさ

ほてり・頭痛・鼻づまりなど

ほてり・頭痛・鼻づまりなど

少ない

食事による影響の少なさ

受けやすい

やや受けにくい

受けにくい

以下の記事では、ED治療薬3種類(バイアグラ・レビトラジェネリック・シアリス)の効果を徹底比較しています。ED治療薬の服用を考えている方は、併せて参考にしてみてください。

ED治療薬3種類を徹底比較!効き目・副作用・即効性・持続期間は?

まとめ

妻だけEDは心理的・精神的な要因が大きい心因性EDに分類されます。そのため、夫婦間で十分にコミュニケーションを取り、解決策を模索していくことが大切です。

妻だけEDは離婚問題に発展しかねない重要な問題であるため、悪化する前にできるだけ早く改善するようにしましょう。

勃起力の低下が気になるならWクリニックオムのED治療がおすすめ

「ED薬を使用しているがいまだに効果を感じられていない」「薬に頼らずに根本的にED治療をしたい」と悩んでいてAGA治療に興味がある方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがWクリニックオムのMORENOVA(モアノヴァ)です。モアノヴァは、衝撃波を与えて勃起障害を改善するED治療専用装置です。そんなモアノヴァの特徴は以下のとおりです。

 

  • 非侵襲性で痛みがない
  • ダウンタイムがない
  • 治療時間約15分
  • 副作用が出ない

 

モアノヴァは副作用が出ないため、ED治療薬の副作用が心配でED治療を始められていない方におすすめです。また、持病(心疾患・脳疾患など)でED薬が飲めない方でもモアノヴァであれば治療可能です。

モアノヴァは痛みがないため、麻酔をせずに治療を受けられます。治療で難しい操作はなく、セルフで治療を受けることができるので、プライバシー面が気になる方でも気軽に治療を受けられます。

併用禁忌がなく、内服薬と併用して治療を受けることもできます。Wクリニックオムでは、シアリス、レトビラジェネリック、バイアグラの3種類のED内服薬を用意しており、治療を併用して早く効果を感じたいという方に最適です。Wクリニックオムで取り揃えているED内服薬の特徴は以下のとおりです。

 

 

シアリス

レトビラジェネリック

バイアグラ

シアリス

効果が長くマイルドに続く

即効性があり効果が強い

効果が強くすぐに効果が出る

効果の特徴

自然な硬さの勃起が続く

強い

強い

副作用

少ない(出にくい)

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり など

・ほてり
・頭痛
・鼻詰まり など

 

適切にED治療を受けて勃起改善をすることで、パートナーとの関係性が良くなり、自信を持てるようになるでしょう。人生をさらに楽しくし、謳歌したいという方は、ぜひWクリニックオムのED治療をお試しください。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!