COLUMN

コラム

  • HOME
  • エクソソームコラム

【必見】ED治療にかかる費用の相場は?基本的に保険は適用外って本当?

EDは男性の勃起機能の低下を意味しており、完全に勃起しない状態だけでなく、勃起を維持できない状態や勃起しても硬さが不十分な状態もEDの症状に含まれます。

EDとは満足のいく性行為ができない状態のことを指しますが、その原因はさまざまです。そして、EDを治すためには、原因を特定して原因ごとに適した治療をする必要があります。

しかし、中にはED治療にかかる費用の相場がわからない方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、ED治療の平均費用や費用を安く抑える方法について解説していきます。

ED治療の費用相場

早速ですが、ED治療の種類ごとに費用相場を紹介します。ここで紹介する内容は、以下のとおりです。

  • 内服治療の平均費用
  • 衝撃波治療の平均費用
  • 陰茎海綿体注射の平均費用
  • 陰圧式勃起補助具の平均費用
  • 陰茎プロステーシス移植手術の平均費用

それぞれ詳しくみていきましょう。

内服治療の平均費用

EDの治療は自由診療となるため、治療薬代は受診するクリニックや病院によって異なります。ただし、おおよその相場は決まっており、治療薬ごとの平均費用は以下のとおりです。

治療薬 平均費用(1錠・1枚)
バイアグラ

・25mg:1,200~1,300円
・50mg:1,400~1,600円

バイアグラジェネリック

・25mg:300~600円
・50mg:700~900円

バイアグラODフィルム

・25mg:800円
・50mg:1,000円

シアリス

・10mg:1,500円
・20mg:1,600円

シアリスジェネリック

・10mg:700~1,300円
・20mg:1,200~1,400円

レビトラ メーカー都合で生産中止
レビトラジェネリック

 ・10mg:900~1,500円
・20mg:1,200~1,600円

治療薬ごとに金額が異なるのは、治療薬の種類によって持続期間や即効性、食事による影響の受けやすさなどが異なるためです。ちなみに、容量の大きい治療薬の方がより効果が強い傾向にあります。

衝撃波治療の平均費用

衝撃波治療は、特殊な衝撃波を与えることで血管に働きかけ、血管を新生させる治療です。これにより、血流の改善や血管の機能向上が起こり、EDの改善につながります。

一時的に勃起を促す内服薬によるED治療とは異なり、EDの根本的な治癒が可能です。

衝撃波治療の1回あたりの平均費用は、30,000~50,000円ほどです。完治までに4~6回施術を受ける必要があるため、合計すると120,000~300,000円ほどかかると考えておきましょう。

陰茎海綿体注射の平均費用

陰茎海綿体注射は、血管拡張作用のあるプロスタグランジンE1を男性器に注射し、勃起を促す治療です。

国内では認可が下りていないため、医師による判断と患者の自己責任のもとで施術を行います。

ED治療薬などの他の治療法では効果が見込めない、もしくは体質的に施術を受けられない方が主な対象です。

1回あたりの平均費用は、8,000~11,000円ほどです。

陰圧式勃起補助具の平均費用

陰圧式勃起補助具は、EDの根本治療を自宅でできる器具です。厚生労働省から管理医療機器として認可を受けています。

購入に必要な平均費用は60,000~90,000円ほどで、器具の状態の応じてパーツを定期的に交換する必要があります。

シリンダーの中を陰圧にすることで男性器の海綿体に血液を流入させ、ゴムハンドで男性器の根元を締め付けて血液が男性器から戻るのを防止し、勃起状態の維持を助ける仕組みです。

陰茎プロステーシス移植手術の平均費用

陰茎プロステーシス移植手術は、ED治療薬や陰茎海綿体注射、陰圧式勃起補助具などの治療が難しい場合に行われます。

この手術は、正常に勃起する場合に血液が充満する男性器の海綿体に器具を移植するものです。実施している医療機関はごく一部であり、ED治療の最終手段として実施されます。

平均費用は800,000~1,000,000円ほどであり、その内訳は以下のとおりです。

  • 日帰り手術(500,000~600,000円ほど)
  • 材料費(200,000~300,000円ほど)
  • 麻酔代
  • 手術前の検査代

ED治療の診察料(初診料・再診料)

診察料は、診察自体にかかる費用のことを指します。初診料とは1回目の診察にかかる費用、再診料とは2回目以降の診察にかかる費用のことをいいます。

ED治療を実施しているクリニックでは、初診料・再診料は無料な場合が多いです。診察料が有料の場合に関しては、初診料が3,000円ほど、再診料が1,000~2,000円ほどかかります。

クリニックのホームページに正確な診察料が記載されているため、事前に確認しておくようにしましょう。

また、通院して治療を受ける場合、家からクリニックまでの交通費がかかることを頭に入れておきましょう。

ED治療の費用は基本的に保険適用外

ED治療の費用は基本的に保険適用外で、自由診療となります。ED治療が保険適用外なのは、EDが命の危険につながるものではないためです。

2022年4月から不妊治療の場合のみED治療薬(バイアグラ・シアリス)に保険が適用されるようになりました。

ただし、ED治療に保険が適用されるための条件が複数設けられており、7つの要件を全て満たすことが必要です。

条件としては、EDガイドラインに基づき起不全と診断された患者への処方、泌尿器科で5年以上の経験を持つ医師による処方などが挙げられます。

ED治療の費用を安く抑えるには?

ED治療の費用を安く抑えるには、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  • 診察料が無料のクリニックを選ぶ
  • ジェネリック医薬品を選ぶ(内服治療の場合)
  • クリニックが遠方にしかない場合はオンライン診療を活用する

これらを意識することで、治療の安全性を担保したまま費用を安く抑えられます。

どのような症状があればED治療を受けるべき?

完全に勃起しない状態だけがEDではありません。むしろそのような状態は重度のEDにあてはまり、そのような方は少ないです。

たまに勃起しないなどの中等症にあてはまるEDの患者が最も多いといわれています。以下のような症状がある場合、ED治療を受けるべきでしょう。

  • 勃起を維持できない
  • 勃起しても硬さが十分でない
  • 性欲はあるのに興奮しても勃起しない
  • 昔よりも勃起しにくくなった

まとめ

この記事では、ED治療の費用相場について詳しく解説しました。

EDというのは男性ならだれでもなりうるもので、意外と身近に潜んでいるものです。完全に勃起しない状態だけでなく、たまに勃起しないなどの状態も中等症のEDにあてはまるのでED治療を検討してみても良いかもしれません。

その際、この記事で紹介した費用相場を参考にして、自分に適した治療法を選択してみてください。Wクリニックでは、モアノヴァ(MORENOVA)という衝撃波を用いたEDの根本治療を提供しています。

施術料金は35,200円(税込)となっており、相場よりも安い価格で受けられます。LINE・WEBからの無料相談にも対応しているので、ED治療を検討している方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

記事監修

足立 真由美

医療法人 涼葵会 理事長
足立 真由美
Adachi Mayumi

経歴

2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
2010年 某美容クリニック院長に就任
2014年 大阪心斎橋に、今までにない新たなコンセプトの美容クリニック「W CLINIC」を立ち上げる。
2017年 医療法人涼葵会 理事長に就任
2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院

プロフィール

美容医療の豊富な経験から美容医療の枠を超え、東洋医学・アーユルベーダ等のホリスティック医療を展開。「美は健康な身体から」をテーマに、美容クリニックとは思えない多彩なアプローチで、最新の美を提供する大阪で注目されるクリニック。

中木 義浩

管理医師 アレルギー外来医師
中木 義浩
Yoshihiro Nakaki

経歴

1986年大阪市立大学附属病院 耳鼻咽喉科・形成外科 勤務
1990年社会医療法人景岳会 南大阪病院 耳鼻咽喉科 勤務
1991年医療法人宝生会 PL病院 耳鼻咽喉科・形成外科 医長
1994年大阪市立北市民病院 耳鼻咽喉科 医長
1998年なかき耳鼻咽喉科 院長

資格

・日本耳鼻咽喉科学会専門医
・補聴器相談医

CONTACT

まずはお気軽にご相談ください!